ピクシブ百科事典

シュワル・ビネガー

しゅわるびねがー

シュワル・ビネガーはメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル』登場人物のひとり。
目次[非表示]

CV:笹岡繁蔵

概要

 ドアクダー七人衆のひとりクルージング・トムの部下。魔神バトルゴリラ1号の操縦者。
創界山周辺の辺境最前線を制圧するのが任務であるが、モンジャ村に降臨していたワタルを当初はあしらう程度と高を括っていたが、龍神丸の登龍剣に倒される。愛機の弾丸補充に「之が無ければ~無敵なんだがなぁ…」と愚痴を零している。

 敗北後はボスに報告後、自動装填型の同型機バトルゴリラ2号を与えられ、創界山 第一界層双ッ龍岩でリベンジを果たそうとする。シバラクの公衆電話を尋ねる奇行を「変なオヤジ」と呟く。

 神部七龍神の力を宿したへんたまの威力をその身で味わいながら応戦するも、戦闘前に弾薬を機体へ充填するのを忘れ再び敗れる。

 奇巌城での最後の対決ではサンダー・ブルージョン・タンクーガーらと最後の白兵戦に挑むが、ヒミコを追い掛け続けるも、幻神丸の幻武手裏剣で阻まれた。

 ワタルが奏でる神部の笛により第一界層が元に戻ると本来の姿を取り戻し正気に返る。元々は現場監督が本業であった。

 シュワル・シスターという女子高生の妹がいる。


 ノベライズ『七魂』で再登場を果たし、再び『バトルゴリラ100』でワタルに襲い掛かるが、ヒミコの食べ物忍法で足止めされて敗れる。彼もまた、ドバスダーが発する黒い闇に囚われ暴走していたに過ぎなかった。

余談

 名前からも察せる通りアーノルド・シュワルツェネッガーパロディキャラ。『スーパーロボット大戦X』で登場の際は亡き笹岡氏の代演を大友龍三郎氏が引き継ぐが、同氏はシュワルツェネッガーの日本語吹き替え経験者であり代役でより元ネタに忠実という奇妙な事態が発生した(玄田さん?このアニメだと龍神丸でしょ?)。

関連タグ

魔神英雄伝ワタル

関連記事

親記事

クルージング・トム くるーじんぐとむ

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました