ピクシブ百科事典

ドバズダー

どばずだー

ドバズダーはメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』登場人物のひとり。

CV:辻井健吾

概要

 唐突に創界山の麓に現れ、近くに居る人間を誰彼構わず次々と黒い霧で覆い、負の感情を誘発させる。感染を防ぐにはラー湖の聖水を飲むしかない。

 容姿から魔界の者だと容易に推測出来るが、従来のラスボス達とは異なり究極の使命を忘れ、言葉も「ドバ…」「ズダー」としか発せず、目的そのものが存在しない。龍神丸は実体の無い悪意の塊とも揶揄している。

 影に近い為に物理攻撃が殆ど通用せず、黒い霧から以前にワタル一行に倒された魔神を発生させる(但し、ボディ全体が黒く染められた)。

 龍神丸を体内へと取り込もうとするも、捨て身の自爆を受けるがダメージを与えられず、象徴する六つの勾玉を奪おうと手を出す直前、ワタルの王者の剣で断とうとした翔龍子の一撃で姿を消す。


関連タグ

魔神英雄伝ワタル_七魂の龍神丸

魔界の者

関連記事

親記事

魔界の者 まかいのもの

コメント