ピクシブ百科事典

ドバズダー

どばずだー

ドバズダーはメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』登場人物のひとり。

CV:辻井健吾

概要

 唐突に創界山の麓に現れ、近くに居る人間を誰彼構わず次々と黒い霧で覆い、怒りや憎しみ等の『負の感情』を誘発させる。感染と暴走を防ぐにはラー湖の聖水を飲むしかない。

 容姿から魔界の者だと容易に推測出来るが、従来のラスボス達とは異なり根底にある『究極の使命』を忘れ、言葉も「ドバ…」「ズダー…」としか発せず、目的そのものが存在しない。龍神丸は実体の無い悪意の塊とも揶揄している。

 その正体は、生粋の魔物などではなく、神々の心の隙間から発生した恐怖や負の感情が合わさった残微の集合体に過ぎない。魔神を生み出すのも悪事を働くのは決まって魔人が利用しているからであり、その被害を被った記憶から引き出された影響である。

 影に近い為に物理攻撃が殆ど通用せず、黒い霧から以前にワタル一行に倒された魔神を発生させるが、ポテンシャルが戦った当時よりも異様に高い(但し、ボディ全体が黒く染める)。初戦の邂逅でガッタイダーや、邪戦角を生み出したのはワタルや龍神丸の記憶から抽出されたものと思われる。

 龍神丸を体内へと取り込もうとするも、捨て身の自爆を受けるがダメージを与えられず、象徴する六つの勾玉を奪おうと手を出す直前、駆けつけた翔龍子が手にした王者の剣の一撃で姿を消す。

 だが、『無想界山』最後の世界で、龍神丸に憑依したのか、暗黒に染め上げた『龍神丸-黒闇-』へと変貌。更なる力と護るべきワタルを渇望させ暴走状態にするも、神部七龍神と旅仲間の思いを宿した龍魔神達の攻撃で戻される。それでも龍神丸を求め続け再び闇の魔神軍団を無数に呼び出すが、煌龍丸のチートスペックによる攻撃で蹂躙された挙げ句、七龍剣で魔神軍団ごと一掃され、消滅する。ある意味、ゴクアクダードッコイドッコイな最期を迎えたと云える。


関連タグ

魔神英雄伝ワタル_七魂の龍神丸

魔界の者

関連記事

親記事

魔界の者 まかいのもの

pixivに投稿された作品 pixivで「ドバズダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95

コメント