ピクシブ百科事典

龍魔神

りゅうましん

龍魔神はメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』に登場する魔神群の総称。
目次[非表示]

概要

 『七魂』より登場する神部七龍神の力と、龍神丸の首に飾られた勾玉の欠片を宿す分身体の総称。悪意の塊『ドバズダー』との戦いで自爆し、バラバラになった龍神丸に飾られた勾玉の一部と、僅かに残った魂から生まれ、何故か腕脚の四肢がワタル一行が操縦する魔神や、龍神丸の派生形態を思わせる意匠と、七龍神に似たボディカラーを持ち合わせながら、その力を宿した特殊能力を併用する。

 剣を翳しての召喚や、龍導口への搭乗方法は同じだが、虹龍球へ移動する際は煌龍丸以外は異界での装束から神部界の装束へと戻り、必殺剣を繰り出す際、『七魂の剣』はその龍魔神に装備された武器と同じ形状へ変化する。頭部に備わった角の本数や、龍印肩の龍神の口に宝玉を咥えており、虹龍黄金像の色、龍爪の位置、武装が異なる。

 『無想界山』を巡り、各世界に存在する龍神丸の欠片を得ることで召喚が可能となるが、戦闘時前後の質疑応答は皆無で、封じられた場所へと赴き、何らかの方法で封印を解かねば呼び出せられず、『七魂の剣』に飾られた勾玉の輝きを取り戻しても、時間軸が全く異なる他世界では別形態を呼べない3つのデメリットがある(ビジュアルストーリー参照)。

 だが、最後の世界に於いてドバズダーの闇に飲まれ、更なる力とワタルを渇望し暴走する龍神丸-黒闇-を止める為、七龍神全てが集結。正気に戻さんと旅仲間の思いと共に次々と召喚しながら攻撃を加え、本来の姿に戻り、最終決戦で七龍神が望む夢の先にある姿へと変わる。

一覧

龍蒼丸…蒼き龍魔神。創界山型龍神丸と青龍の力を宿す。1本角。
龍戦丸…赤き龍魔神。戦神丸と赤龍の力を宿す。2本角。
龍激丸…橙色の龍魔神。新星龍神丸とファイヤードラゴン(激龍)の力を宿す。4本角。
幻龍丸…緑の龍魔神。幻神丸と緑龍の力を宿す。3本角。
聖龍丸…紫の可変龍魔神。龍星丸紫龍の力を宿す。
龍虎丸…白き可変龍魔神。邪虎丸白龍の力を宿す。6本角。
煌龍丸…金色の可変龍魔神。七龍神が夢見る未来の姿。龍王丸の力を宿す。


関連タグ

魔神英雄伝ワタル_七魂の龍神丸
龍神丸
戦部ワタル

関連記事

親記事

魔神英雄伝ワタル_七魂の龍神丸 ましんえいゆうでんわたるしちこんのりゅうじんまる

子記事

兄弟記事

コメント