ピクシブ百科事典

神部界

しんぶかい

神部界はメディアミックス作品『魔神英雄伝ワタル』シリーズに於ける舞台。

概要

 ワタルが住まう現生界とは異なる神々の世界の総称。神だけでなく、神獣や意思あるロボット、怪獣、妖怪の類も生息する。広義的且つぶっちゃけて言うならヒミコシバラクを含め劇中世界でワタルが出会った人々は皆普段着を身につけた女神である。

 遥か遠き神話の時代に、強き魔神の力によって破られた外側の世界で、魔物を恐れ魔神に頼りきった人間を嘆き、神々はそこへ移住したと云う(例えるなら、現生界が卵の黄身で、神部界は殻より抜けた外界に相当)。人間の力(科学力など)では自由に往来出来ない程その距離は近くて遠く、劵属が有する特殊能力や神力でしか方法は無い(シリーズで該当するのは神部七龍神渡部クラマ青輝龍)。辿り着こうにも、人間の夢の残滓や、2次元と3次元の間に迷い混みやすい。

 初めてワタルが降臨した際は「過去か未来に飛ばされた」とすら考えていた。始まりは創界山のみと言明されたが、星界山(宇宙界星天界)、水界山浮遊界(温泉界、心星界すら)もカテゴリーに入る。大半は王家が存在し統治されるも、距離的に見ても交流や、世界間の情報すら乏しいレベル位に離れているが、近場であれば推力を有する聖船や巨大ロケット花火(瞬間転移が可能な神力の能力者なら自力)で来られる。

 生活水準や言語学は現代社会に準えられるものの、物理的に見ても現生界での宇宙の法則や、常識すらギャップが有りすぎる位に皆無(非常識)である。

 神々の寿命に関しては299歳のバーさんから3000年生きて若さを保つ自称老婆女神とピンからキリまであるも、普段着の神々は人間より平均三倍の長さ。それでも、突然の事故や大病を患い、短命で終わる者も少なからず存在する。

 時間軸すら、神部界で百日の昼夜を過ごしても、現生界に帰れば一瞬の出来事に過ぎない。此は(ASUKA版コミカライズ『』では)時間の女神からのご加護と影響により、本来人間に定められたウラシマ効果を打ち消しているに過ぎず、力の源と言える時の柱から時の石が失えば、現生界へ戻れば100倍の速度で肉体は一気に老化する。双方の往来によるタイムラグは約10日程度。

 よく『しんぶ』を『しんべ』と言い聞き間違えられるも、前述は物や場所を指し、後述は人の名を示す。『神部の笛(しんべのふえ)』は『神々の笛』の意味。


関連タグ

魔神英雄伝ワタル
魔神英雄伝ワタル2
魔神英雄伝ワタル3

超魔神英雄伝ワタル

関連記事

親記事

魔神英雄伝ワタル ましんえいゆうでんわたる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「神部界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント