ピクシブ百科事典

35歳の高校生

さんじゅうごさいのこうこうせい

35歳の高校生は日本テレビで放送されていたドラマ。
目次[非表示]

とある公立高校を舞台に、突然編入してきた35歳の「女子高校生」が校内に蔓延る問題を解決していく社会派学園ドラマ。作品では近年注目されているスクールカーストがテーマの一つになっている。主演は米倉涼子

菅田将暉野村周平新川優愛山崎賢人といった今をときめく若手俳優によるキャスティングも見物。

イントロダクション

全日制の川浜市立国木田高校。新学期の始業式のある日、一台の高級車が学校にやってきて、中から現れたのは派手に着飾った一人の女性。校内が騒然とするなか、彼女は「編入生ですけど、何か?」と一蹴する。彼女の名は馬場亜矢子。年齢はなんと35歳。彼女は、クラス内で「群れること」も「媚びること」も「空気を読む」こともしない。彼女はなぜ35歳で高校生をやり直すことになったのか?彼女の目的は何か?孤高を貫く亜矢子の前に現代の学校に渦巻く「闇」が立ちはだかる。

主要登場人物

馬場亜矢子(ばば あやこ)演:米倉涼子
突然国木田高校に編入してきた女性。名前と年齢が35歳であること以外は謎に包まれている。高級車で通学し、休み時間には喫煙し、放課後にはバーで酒を飲むなど成人としての行動を取る。現代の高校生が抱える闇を意味不明と一蹴し、滅茶苦茶な方法で生徒たちの闇にぶつかっていく。

教師達

小泉純一(こいずみ じゅんいち)演:溝端淳平
3年A組担任で国語担当。有名進学校から赴任した若手教師で、亜希子の担任でもある。その学校の生徒の人気を得ることが教師の生命線であることを知っているため、生徒たちを二枚舌で飼いならそうとしている。毎回問題行動を取る亜矢子に翻弄されている。
前任校で女子生徒に告白され断ったところ、彼女が投身自殺を図ろうとしたため彼女を引き留めて謝罪したが、実は生徒たちが純一を嵌めるために行った自作自演で、この一件が他の教職員に知られ国木田高校に飛ばされてしまう。純一はこの処分に納得せず、いつかは前任校に復帰してやると思っている。
長峰あかり(ながみねー)演:片瀬那奈
スクールカウンセラーであるが、生徒が相談に来ないので暇。職員室内でも浮いた存在になっている。亜矢子に興味を持っている。教育委員会の依頼を受け、他の教師に内緒で学校で起きたことを阿佐田に報告していた。
蜷川真樹夫(にながわ まきお)演:升毅
生活指導担当。利己主義でヒステリック気味。純一の心の声を見透かし、ヒヤッとさせている。
猿渡崇(さるわたり たかし)演:東根作寿英
地歴公民担当。かつては生徒たちから慕われる教師だったが、他の教師から雑務を押し付けられていくうちに、授業の準備や生徒たちと向き合うことが出来なくなり、結果彼の担当する授業は崩壊状態になり、生徒たちが騒いでも注意せず授業を続けていた。
帰宅途中のバスの車内で女子高生に痴漢をしたと冤罪をかけられ、翌日生徒や教師にばれて責められるうちに、教師を続けていく自信を無くし、3年A組のベランダから飛び降り自殺を図る。その後の記者会見で、崇が女子高生の証言通りに痴漢することができないこと、彼に雑務を押し付けていた教師や学校側に責任があると亜矢子が告発。生徒・教師から不遇な扱いを受けていても、教師としての信念は捨ててなかったことが明かされ、以後、再び教壇に戻ることを決意する。
北島龍一郎(きたじま りゅういちろう)演:相葉祐樹
数学担当。女子駅伝部顧問。旅館を営む父親が倒れたため、教師を辞め旅館を継ごうと考えていた矢先、部員の生徒が部内で暴力事件を起こし、廃部になるのを阻止するために自分がやったと偽り、結果体罰教師として、懲戒免職になったが後に疑いが晴れ、再び教師と顧問に復帰した。
野田芳男(のだ よしお)演:榎木孝明
国木田高校校長。責任は他人に押し付けるものと考える事なかれ主義の小心者。自分の評価が下がることを敏感に気にしている。阿佐田には頭が上がらない。
黛有紀(まゆずみ ゆき)演:横山めぐみ
副校長。ヒステリックな性格。猿渡をいじめていた主犯格で、記者会見では自己保身に走り、彼の自殺を学級崩壊と痴漢の冤罪が原因と強調。暴力事件では北島が懇願していた女子駅伝部の存続を一蹴し一時廃部にし、彼を一方的に懲戒免職にした。
阿佐田幸信(あさだ ゆきのぶ)演:渡哲也
川浜市教育長。無能な校長を容赦なく切り捨てることから、関係者の間で「カイザー」と呼ばれ恐れられている。亜矢子の高校時代の恩師で、彼女を国木田高校への編入を取り計らった張本人。

pixivに投稿された作品 pixivで「35歳の高校生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104130

コメント