ピクシブ百科事典

3D彼女

りあるがーる

『デザート』にて連載されていた『那波マオ』作の少女漫画。アニメ化・実写映画化も行われている。
目次[非表示]

概要

講談社の漫画雑誌『デザート』にて、2011年から2016年まで連載されていた少女漫画。原作は那波マオ氏。同氏の代表作品である。
原作コミック(単行本全12巻)が電子含め累計130万部を突破し、2018年にはアニメ化と実写映画化が決定。両方とも「3D彼女リアルガール」のタイトルでアニメの放送と実写映画の公開がなされることになった。アニメは2018年春アニメ(1期)・2019年冬アニメ(2期)に分割され1クールずつの放送(※関東地区では日本テレビの「AnichU」枠で放送)、また実写映画は2018年9月14日に公開される。

あらすじ冒頭

主人公である高校3年生の筒井光は、同級生の女子にからかわれてしまうほどのオタクな青年。ゲームやアニメに登場する二次元の女子さえいれば1人で生きていけると思っていた。
ところがある日、美少女の五十嵐色葉から「あたしとつきあって」と突然の告白を受け、お付き合いをすることになった。筒井光は三次元の女子が苦手。果たして筒井光の運命はいかに・・・?

主要登場人物

(アニメCV:上西哲平、実写キャスト:佐野勇斗)
本作の主人公で、高校3年生。眼鏡を掛けたオタク男子。
色葉や中学校時代の知人からは「つっつん」と呼ばれている。
ゲーム、アニメが好きな「おたく」で、家族やオタク仲間の伊東以外との交流を避けていた。
そのため、クラスメートからの印象はあまりよくない。
遅刻の罰当番として、色葉と一緒に作業したことがきっかけで、彼女と交際するようになる。
料理が好きで、作中では色葉や石野たちにスイーツや手料理を振る舞うシーンが出てくる。

(アニメCV:芹澤優、実写キャスト:中条あやみ)
本作のヒロインで。高校3年生。
彼氏が次々とできるほどの美少女だが、派手で男グセが悪いとの噂がいつも校内に流れている。
そのため、校内に同性の友人はいない。
遅刻の罰当番として、筒井と一緒に作業したことなどがきっかけで、彼に興味を持つ。
その後半年後に転校を控えていることを筒井に告げ、それまでの期間限定として交際を開始。
当初は軽い気持ちで付き合っていたが、不器用だがまっすぐな筒井の姿を知り、本気で彼のことを好きになっていく。
(アニメCV:蒼井翔太、実写キャスト:ゆうたろう)
筒井のクラスメートで、校内におけるたった一人の友人。筒井のオタク仲間で、猫耳に命を燃やしている。リアルでバーチャルYouTuberとして動画を投稿している。
筒井と色葉の交際をサポートするが、自身は恋愛に興味がなかった。しかし綾戸と知り合ってからは彼女に好意を抱き、のちに彼女と交際するようになる。
(アニメCV:上田麗奈、実写キャスト:上白石萌歌)
筒井たちと同じ高校に通う生徒。1年生で、園芸部に所属。アニメ好きの腐女子。
穏やかな性格だが、無意識に相手の気分を害する行動や言動が多く、クラスメートからの評判は今ひとつ。
筒井が落としたアニメ雑誌を拾ったことがきっかけで、彼とは共通の趣味を持つ先輩後輩として、交流を持つようになる。
筒井との関係が深まるにつれ、彼に好意を持つようになるが、筒井の色葉に対する思いを知り、彼に対する思いを断ち切る。
伊東とは当初「よき先輩」としか思っておらず、伊東が最初に告白した時は、彼の思いを受け止められず、一度は彼の告白を断る。しかし石野の後押しを受けて彼と付き合うようになってからは、肉食系女子の一面をのぞかせるようになる。
(アニメCV:津田美波、実写キャスト:恒松祐里)
筒井、伊東のクラスメート。
がさつで物言いがきつい反面、さっぱりした気性の持ち主で、伊東や筒井の恋愛を、積極的にサポートする、面倒見のいい一面がある。
自身は恋愛体質で、これまで数多くの男子生徒と付き合ってきたが、うまくいかないことが多かった。
高梨と知り合ってからは、彼に積極的にアプローチを繰り返し、彼との交際をスタートさせる。
(アニメCV:寺島拓篤、実写キャスト:清水尋也)
筒井、伊東のクラスメート。プライドが高く、高圧的な言動や行動が多い。
母子家庭育ちで苦労することも多く、妹を溺愛している。
色葉に好意を持っていたため、彼女と付き合っている筒井に敵意を抱く。
妹を利用して、筒井を罠に嵌めるが、その企みが色葉にばれて失敗。その後は、なし崩しに筒井たちと交流を持つ機会が増える。
石野の求愛を疎ましく思っていたが、友人が石野とデートしている現場をみて、彼女に恋愛感情を持っていることに気がつき、彼女と交際するようになる。
(アニメCV、実写キャスト:神田沙也加)
筒井光が好きなテレビアニメ「魔法少女 えぞみち」のヒロイン。なぜか筒井光の妄想の中でも登場する。

筒井たちの周囲の登場人物

  • 筒井薫(つつい かおる)

アニメCV:青木志貴、実写キャスト:荒木飛羽
筒井の弟。小学生だが、かなりの毒舌家であり、兄に容赦ないツッコミを入れることも多い。
あんずと付き合っており、高梨に「あんずちゃんと付き合っています」と宣言する。
7年後も、あんずと付き合っている。

  • 高梨あんず(たかなし あんず)
アニメCV:小岩井ことり
高梨の妹で、薫の恋人。
兄に言われるままに、公園で姿を見た筒井に向かって声を上げ、彼のロリコン疑惑を作ってしまう。
その相手が薫の兄だったことを知って後悔し、筒井の高校に足を運んだところを、色葉に出くわす。
7年後も、薫と付き合っている。
  • 筒井紀恵(つつい きえ)
アニメCV:橘U子、実写キャスト:濱田マリ
筒井兄弟の母親。明朗でオープンな性格の持ち主。
現在こそ、典型的な「おばさん体型」だが、若い頃は美人で、恋愛経験も豊富。
充の一途さを気に入って結婚し、光と薫を産む。
離婚騒動の時は、子どもたちのどちらかを連れて実家に帰ると息巻き、光を困惑させた。
  • 筒井充(つつい みつる)
アニメCV:堀内賢雄、実写キャスト:竹内力
筒井兄弟の乳親。接着剤の研究をしている。
部下の女性と食事を共にしたことが原因で「浮気騒動」に発展してしまう。
誤解を解くこともできずオタオタするばかりで、光から「しっかりしろ」と呆れられた。
  • 五十嵐千夏(いがらし ちか)
アニメCV:小林裕介
血縁関係がない、色葉の弟。5歳から色葉と暮らすうちに、彼女に思いを寄せるようになる。
そのため筒井のことをよく思っておらず、彼に暴行をはたらくこともあった。
7年後の筒井と色葉の結婚式を、心から祝福している。

関連動画





外部リンク


関連タグ

漫画少女漫画 アニメテレビアニメ 那波マオ
2018年春アニメ 2019年冬アニメ

関連記事

親記事

少女漫画 しょうじょまんが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「3D彼女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11540

コメント