ピクシブ百科事典

綾戸純恵

あやどすみえ

3D彼女(リアルガール)および「3D彼女リアルガール」(アニメ、映画)の登場人物
目次[非表示]

先輩の大事にするっていうのが、あたしに触れないって意味なら…
あたしはとても寂しいです。
あたしはもっと知ってほしいです。
もっともっと、あたしのことを先輩に知ってもらいたいんです。

上田麗奈(アニメ版)
上白石萌歌(映画版)

人物

本作の主人公筒井とその同級生が通う高校の生徒で、学年は1年生。
園芸部に所属し、学校内の花壇の整備をしている。
遅刻したくないばかりに、走って登校している時に筒井と衝突、その時筒井が落としたアニメ雑誌を、筒井に直で届けたことがきっかけで、筒井と交流を持つ。
校内ではトマトやジャガイモを栽培しており、それを筒井にプレゼントしたり、共通の趣味であるアニメの話題を通じて、彼との距離を縮めていく。
そして筒井との交流を通じて、伊東や色葉なども仲良くなる。
秋葉原のメイドカフェでアルバイト中、ナンパ師に絡まれているところを筒井に助けられたことで、彼に恋心を抱き彼に積極的にアプローチしていたある日、石野たちに誘われて、彼女の別荘でキャンプをすることに。
しかし彼女はそこで石野に突き飛ばされて川に転落した上発熱し、それが原因で熱湯の入ったやかんを落としてやけどをしたあげく、筒井との関係を誤解した色葉が、別荘を飛び出す騒動の原因を作ってしまう。
そんな彼女の気持ちを察し、慰めてくれたのは、筒井のクラスメートである伊東だった。
伊東のことはしばらくの間「いい先輩」としか思えなかったらしく、彼の最初の告白をうまく受け止められず、彼のことを振ってしまう。
伊東からは「もう、僕に話し掛けなくていいよ。友達で居られなくて、ゴメンなさい。さよなら」といわれるが、そのことを知った石野に頬を張られ、さらに「周りにある幸せ全部拾い集めろ! いい子ちゃんぶってんじゃないよバカ!」といわれたことで、伊東に真剣に向き合うことを決意。
最寄り駅のバス停で伊東を押し倒し、その際自分が中学時代、初恋の人がマンガの登場キャラクターだと友達と話したことが原因で、周囲から変人呼ばわりされて孤立し、それがトラウマとなって腐女子になったことを伊東に打ち明け、
「先輩、私怖かったんです…恋愛が痛くて、苦しくて…恥ずかしいものだって知ってしまったから。またその領域に足を踏み入れるのが怖かった…でも!伊東先輩が離れていくのはもっと怖かったです!
先輩…たくさん傷付けたのにごめんなさい。私…今からとても都合のいいことを言います…先輩の傍に居てもいいですか!?
と、伊東に対する恋心を告白、晴れて伊東と恋人関係になる。
しばらくの間は、当人が言うところの「健全な関係」を続けていたが、秋の連休で伊東を自宅に招待した時、自室で延々4時間もゲームをし続ける彼に激怒。
それでも次のステップに進むことを躊躇う伊東に、冒頭のセリフを投げつける。
彼女の本気と覚悟を知った伊東は、彼女と熱烈なキスを交わし、ついに二人は結ばれる。
ところが事後の伊東の態度に違和感を覚え、その時彼女は以下のセリフを伊東にかける。

「あ、あの…先輩。何故泣いているのですか?
こういうとき普通泣くのは女子の方だと思うのですが…
い、いやでしたか?」

綾戸純恵さん


伊東と愛を交わした後、伊東の態度に違和感を覚える綾戸

伊東は幸せだったと返事をし、これを受けて彼女も
「あたしも幸せでした」
といいながら、彼の手をしっかりと握りしめる。

この場面から、二人はこのまま結婚へと突き進むのだろう。
そう思っていた読者・視聴者も多かったのだが……
予想しなかった事態が、読者・視聴者を待ち受けていた……。

7年後

(ここから先は、重大なネタバレを含んでいます。原作未読者・アニメ未視聴者はそれをご承知の上お読みください)













石野と高梨の会話から、彼女に招待状を送ったが、2人の結婚式に彼女が来なかったこと、彼女が結婚したことが判明。
さらにその1年後、筒井と色葉の結婚式に現れた彼女は、バツイチになったことを告白、高梨夫妻と伊東を仰天させた。
伊東とアニメの話で会話をした後、彼から食事に誘われて、ちょっと驚いた表情を浮かべる……












破局の真相(更なるネタバレ)

(ここから先は、重大なネタバレを含んでいます。原作未読者・アニメ未視聴者はそれをご承知の上お読みください)











高校時代は、順調に愛を育んでいた2人だが、伊東の就職をきっかけに、2人の恋に暗い影が差し始める。
アニメ業界は激務で、徹夜勤務が当たり前。
必然的に2人が一緒に過ごせる時間は少なくなり、2人が会える日は月に2日あればいい方、という状態になってしまった。
大学生になった彼女は、彼に会えない寂しさを必死に耐えていたが、彼との価値観の相違は次第に大きくなり、それは修復不可能なレベルになってしまう。
そして彼女が放った何気ない一言がきっかけになり、2人の恋はあっけなく終わりを告げる。

清楚な雰囲気を持ち、プロポーションがいい(俗に言う「隠れ巨乳」。ついでにいえば、こちらの画像では、伊東よりも背が高そうだ)彼女だが、伊東との時がそうだったように、恋愛面ではかなりの「肉食系女子」という面を持つ。
伊東と交際中にも、所属サークルからお誘いがひっきりなしにあったようで、彼と別れた後は、その反動でかなり弾けまくっていたようだ。
大学卒業後に結婚するが、その結婚はあっけなく破綻した。

別れた後も伊東とは連絡を取っていたらしく、彼女が筒井の結婚式に姿を見せたのは、伊東から誘われことが、電子版に収録されたエピソードの中で触れられている。
筒井の結婚式後に参加した後、伊東と食事をした時、綾戸は伊東から、自分は彼女を幸せにできないから、幸せになるのを見守っていると告げられた彼女は、これまでの姿勢を反省し、変わるよう努力するところで、この物語は幕を下ろす。


関連タグ

3D彼女3D彼女リアルガール

関連記事

親記事

3D彼女 りあるがーる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「綾戸純恵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128

コメント