ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

山口組

やまぐちぐみ

六代目山口組(ろくだいめ やまぐちぐみ)は、兵庫県神戸市灘区篠原本町に本拠を置く日本の指定暴力団。
目次 [非表示]

概要

大正4年(1915年)、山口春吉が、兵庫県神戸市兵庫区西出町で港湾労働者50人を集めて、港湾荷役人夫供給業「山口組」を結成したのが起源である。

二代目の頃までは小規模な地方組織に過ぎなかったが、三代目の時代に本格的に他府県に進出し(終戦直後には組が潰れかけていたり、港湾労働の機械化やコンテナの普及などにより、本業である港湾荷役人夫供給業が立ち行かなくなった為)、瞬く間に「日本最大の暴力団」となる。

ちなみに「戦争などで組員が三十数名までに減った弱小組織」(三代目組長就任時点)が「数百の暴力団を傘下におさめた、末端や企業舎弟やフロント企業の従業員まで含めると一万人以上の人員を擁する日本最大の暴力団」になるまで、わずか二十数年、無茶苦茶にも程が有る


初代の頃から芸能興業にも関わり、暴力団と芸能界がズブズブだった頃には、神戸芸能社という芸能プロダクションを運営し、芸能界やプロ・スポーツにも大きな影響力を持っていた。

例えば、三代目組長・田岡一雄がある昭和の有名歌手パトロンであった事は両者が生きていた頃から広く知られており、昭和の一時期に頻発した「海外旅行に行った芸能人やプロスポーツ選手が拳銃密輸の容疑で逮捕される」という事件は山口組が関係していると見られている。


組織構成

組員は2022年末時点で組長(親分)、舎弟(弟分)4人、若中(子分)50人の計55人である。 組長を除き、これら54人の舎弟・若中は直参(直系組長)と呼ばれ、それぞれが多くの構成員を抱える組織のトップである。

その構成員数は約3,800人、準構成員数は約4,300人の合計約8,100人であり、その人数は全暴力団構成員・準構成員数約22,400人のうちの36.2%を占めている。


なお、他の暴力団にも言える事だが「山口組」という名称は、狭義では山口組本家(民間企業で喩えるなら持株会社)の意味で、広義では山口組傘下の暴力団全て(民間企業で喩えるならn次子会社までの全ての系列企業)の意味で使われるので注意が必要。(上記の山口組の組員に関する記述は狭義の山口組、つまり山口組本家についての記述)

山口組も含めて、ある程度以上の規模の暴力団では、いわゆる「本家」の「組員」は、基本的には2次団体(いわゆる直参 / 直系)の組長のみである(本家の雑用その他は傘下の団体の組員が行なっている)。


傘下組事務所は広島沖縄山形の3県を除いた44都道府県に置かれているとされる


「山口」の2文字を菱形にデザインした「山菱」と呼ばれる代紋を用いている。

なお、「本家」組員に与えられる「山菱」のバッジはプラチナ製と言われており、山口組内や他の暴力団の関係者の間では「山口組本家の組員」の意味で「プラチナ」という隠語が使われている。


  • 設立年:1915年
  • 設立場所:兵庫県神戸市
  • 設立者:山口春吉
  • 本部:〒657-0067 兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1
  • 現首領司忍
  • 活動期間:1915年~現在
  • 活動範囲:1都1道2府41県
  • 構成民族日本人在日朝鮮人
  • 構成員総数:約8,100人(2022年末時点)
  • 構成員数:約3,800人
  • 準構成員数:約4,300人
  • 主な活動:みかじめ料、恐喝麻薬取引、売春賭博、高利貸し、総会屋、ほか合法商売
  • 友好組織:稲川会、松葉会、双愛会、共政会、会津小鉄会など
  • 敵対組織:神戸山口組、絆會、池田組など

綱領と組指針

三代目時代に制定された5条からなる「綱領」が、定例会など行事の際には唱和される。また、年ごとの「組指針」も定められている。


六代目発足以降「警察官と接触しない」「警察機関に人、物を出さない」「警察官を組事務所に入れさせない」の三点を定め警察との距離をおいている。


歴代組長

  • 初代(1915年~1925年):山口春吉
  • 2代目(1925年~1942年):山口 登(春吉の長男)
  • 3代目(1946年~1981年):田岡一雄
  • 4代目(1984年~1985年):竹中正久(竹中組組長)
  • 5代目(1989年~2005年):渡辺芳則(二代目山健組組長)
  • 6代目(2005年~):司忍(弘田組組長、二代目弘道会総裁)

歴代若頭

山口組若頭とは、暴力団山口組の役職の中では組長に次ぐナンバー2である。


二代目時代

  • 大長一雄
  • 澄田実(-1942年)

三代目時代

  • 山田久一(1946年-)
  • 安原政雄(-1955年)→辞任
  • 地道行雄(1955年-1968年)※一時期、若頭の役を降りていた期間がある →解任
  • 梶原清晴(1968年-1971年)→事故死
  • 山本健一(1971年-1982年)→病死
  • 竹中正久(1982年-1984年)※三代目代行時代 →四代目山口組組長へ昇格

四代目時代

  • 中山勝正(1984年-1985年)→一和会により暗殺
  • 渡辺芳則(1985年-1989年)※四代目代行時代 →五代目山口組組長へ昇格

五代目時代

  • 宅見勝(1989年-1997年)→中野会により暗殺
  • 司忍(2005年-2005年)→六代目山口組組長へ昇格

六代目時代

  • 高山清司(2005年-現在)

六代目山口組

最高幹部

役職氏名二次団体本部
組長司忍(本名:篠田建市)
若頭(執行部)髙山清司(高山清司)三代目弘道会総裁愛知県名古屋市中村区
舎弟頭(執行部 青山千尋二代目伊豆組組長福岡県福岡市中央区
本部長(執行部)森尾卯太男大同会会長鳥取県米子市
若頭補佐・関東ブロック長(執行部)藤井英治(本名:丸橋芳夫)五代目國粹会会長東京都台東区
若頭補佐・中部ブロック長(執行部)竹内照明三代目弘道会会長愛知県名古屋市
若頭補佐・阪神中四国ブロック長(執行部)安東美樹二代目竹中組組長兵庫県姫路市
若頭補佐・大阪南ブロック長(執行部)津田力四代目倉本組組長和歌山県和歌山市
若頭補佐・東海ブロック長(執行部)薄葉政嘉(本名:薄葉暢洋)十一代目代目平井一家総裁愛知県豊橋市
若頭補佐・大阪北ブロック長(執行部)秋良東力(本名:金東力)秋良連合会会長大阪府大阪市
若頭補佐・九州ブロック長(執行部)生野靖道四代目石井一家総長大分県大分市

舎弟

役職氏名二次団体本部
舎弟青野哲也七代目一力一家総長静岡県浜松市南区
舎弟高木康男六代目清水一家総長静岡県静岡市清水区
舎弟野村孝三代目一会会長大阪府大阪市北区

幹部

役職氏名二次団体本部
幹部茶谷政雄茶谷政一家総長北海道札幌市白石区
幹部・組織委員加藤徹次(本名:加藤徹司)六代目豪友会会長高知県高知市
幹部・若頭付山下昇(本名:森尾昇)極粋会会長大阪府東大阪市
幹部・組織委員長代理吉村俊平四代目吉川組組長大阪府大阪市中央区
幹部・事務局長篠原重則二代目若林組組長香川県高松市
幹部佐藤光男落合金町連合会長東京都台東区
幹部中田浩司五代目山健組組長兵庫県神戸市中央区

大阪若中

役職氏名二次団体本部
若中能塚恵三代目一心会会長大阪府大阪市中央区
若中髙野永次(高野永次)三代目織田組組長大阪府大阪市中央区
若中・組織委員布川皓二二代目中西組組長大阪府大阪市中央区
若中・慶弔委員里照仁二代目中島組組長大阪府大阪市淀川区
若中・慶弔委員鈴川驗二六代目早野会会長大阪府大阪市平野区
若中・組織委員新井錠士二代目章友会会長大阪府大阪市北区
若中・慶弔委員金田芳次二代目大原組組長大阪府大阪市東成区
若中植野雄仁二代目兼一会会長大阪府大阪市中央区

他都道府県若中

役職氏名二次団体本部
若中清田健二十代目瀬戸一家総裁愛知県瀬戸市
若中北島虎二代目杉組組長愛知県名古屋市中村区
若中貝本健貝本会会長愛知県名古屋市中村区
若中田中三次三代目稲葉一家総長熊本県熊本市
若中田堀寛二代目名神会会長愛知県名古屋市中区
若中塚本修正藤友会会長静岡県富士宮市
若中一ノ宮敏彰一道会会長福岡県福岡市中央区
若中髙山誠賢(高山誠賢、本名:高山義友希)淡海一家総長滋賀県大津市
若中山嵜昌之四代目益田組総裁神奈川県横浜市
若中・慶弔委員浜田重正二代目浜尾組組長神奈川県横浜市中区
若中波入信一七代目奥州会津角定一家総長福島県会津若松市
若中中山和廣四代目矢嶋組総裁愛媛県今治市
若中・組織委員井上茂樹二代目大石組組長岡山県岡山市北区
若中渡部隆四代目誠友会会長北海道札幌市中央区
若中平松大睦二代目源清田会会長新潟県新潟市西蒲区
若中小林良法三代目心腹会会長徳島県徳島市
若中森健司三代目司興業組長愛知県名古屋市中区
若中・慶弔委員杉山志津雄三代目愛桜会会長三重県四日市市
若中・組織委員野元信孝三代目岸本組組長兵庫県神戸市灘区
若中小牧利之三代目小西一家総長静岡県静岡市葵区
若中竹嶋利王二代目良知組組長東京都新宿区
若中戸塚幸裕二代目國領屋一家総長静岡県浜松市中区
若中山田一三代目杉本組組長岡山県津山市
若中川合彰典二代目旭導会会長北海道旭川市
若中水島秀章四代目益田組組長神奈川県横浜市中区
若中武智浩三四代目矢嶋組組長愛媛県今治市

親戚・友好団体

  • 三代目浅野組:組長・串田芳明は司忍の代紋違いの舎弟。
  • 松葉会:団体同士の親戚縁組。
  • 双愛会:会長・塩島正則を司忍が後見。
  • 五代目共政会:会長・守屋輯を司忍が後見。
  • 三代目福博会:会長・長岡寅夫を司忍が後見。
  • 東亜会:会長・金海芳雄を司 忍が後見。
  • 三代目侠道会:会長・池澤望と六代目山口組若頭補佐・寺岡修が五分兄弟分。
  • 二代目親和会:会長・吉良博文と六代目山口組幹部・光安克明が五分兄弟分。
  • 六代目会津小鉄会:会長・馬場美次を六代目山口組若頭・髙山清司が後見。
  • 七代目合田一家:総長・温井完治を髙山清司が後見。
  • 八代目酒梅組:組長・南 喜雅を髙山清司が後見。
  • 稲川会:稲川会三代目山川一家総長・内堀和也と六代目山口組二代目弘道会二代目髙山組組長・竹内照明が五分兄弟分。

日本社会との関わり

山口組の収入源は賭博・麻薬などによるものであるが、それらの収入金額・売上高・資本金はトヨタ自動車を凌ぐ日本トップの企業であるという指摘がある。元公安調査官の評論家・菅沼光弘によれば、同和・部落・在日朝鮮人出身者が大半であり、兵庫県神戸市の税収を担い、中部国際空港の建設に関わったとされ、日本社会の中に深く根ざし、影響力を行使するものであるという指摘がなされた。


また、元山口組顧問弁護士の山之内幸夫は『文藝春秋』昭和59年11月号に寄せた「山口組顧問弁護士の手記」において「ヤクザには在日朝鮮人や同和地区出身者が多いのも事実である」「約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、山口組は部落差別や在日朝鮮人差別の問題をなしにしては語れない」と述べた。


カナダジャーナリスト・古歩道ベンジャミンによると「山口組には以前サハリンで命を狙われたことがあり、ABCテレビの『おはようコールABC』収録後再び弘道会に命を狙われた」という。


分裂騒動

2015年8月に、傘下の大手組織のうち篠田現組長の出身母体にあたる名古屋の弘道会と関西地方の山健組が対立、本格的に分裂した。

弘道会系が本部を名古屋に移そうとしたことがその一因とも言われており、山健組とそれに同調するものたちは「神戸山口組」と名乗るようになった。


さらに2017年、神戸派の一部がさらに分裂して「任侠山口組」を名乗っており、大きく3分裂したことになる。


なお、分裂騒動の当事者(山口組の組長・主要幹部や、山口組から離反した組織の組長)は、いずれも高齢であり、「分裂騒動が終息するとしたら、当事者が齢のせいで死んだ時」などという冗談も有る。


関連タグ

ヤクザ 内ゲバ 暴力団 反社会的勢力 司忍

関連記事

親記事

暴力団 ぼうりょくだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15661

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました