ピクシブ百科事典

部落

ぶらく

村、集落、を構成する最小単位で、二十世紀後半の日本では同和関係の特殊な集落を指すようになった。

栄えていない集落、また20世紀後半からの日本において同和人々が構成する集落を指す。

 本来は、向こう3軒両隣7軒くらい(1軒のデフォルトはじじいとばばあと両親とがきが3人位の7人)を指した用語で、村落を構成する(部落が7つくらいで「村」ができている)ものであった。

 その為「普通の部落」が一山と、「特殊な職能を持つ人々の部落」があったのだが、マス・メディアの謎のプロパガンダによって、「大人だったら言っちゃいけない言葉」になった。

 なお部落の構成民は、47~48人で、AKB48赤穂浪士の構成と似る。なんか「この数だと安心」ならしいのね。

pixivに投稿された作品 pixivで「部落」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17365

コメント