ピクシブ百科事典

ダークライ(ポケダン)

だーくらい

ここではポケモン不思議のダンジョンシリーズに登場するダークライについて解説する

「ですので くうかんのゆがみを おおきくしているのは…… ダークライの しわざです。」(真実を説明しているクレセリアの発言)
「あんこくの せかいは すばらしいよ。(主人公)……。」(主人公を引き込む為に見せたパートナーの幻)
「フフッ なんとでもいえ。 オマエたちを ここでしまつし…… わたしは あんこくせかいの……おうと なるのだ。 みなのもの! かかれィッ!!」(手下を差し向けた時の発言)
「うわ…うわあああああっ! ギャアアァァーーーッ!!」(すんでのところで現れたパルキアの攻撃を受けての断末魔)

本編やアニメなど、他メディアのダークライとは根本的に別物である。今作の全ての元凶であり、ポケモンにおける「それも私だ」枠と言っていいレベルで色々している。悪行は本当に多岐にわたり、じげんのとうの倒壊による「ほしのていし」のきっかけを作り、それを防ぐために未来から訪れた主人公とジュプトルを襲撃し(本命の抹消には失敗したが、時空移動中に攻撃されたことにより主人公は記憶を喪失。また、その直前のジュプトルへの想いによってポケモン化したらしい)、消し損ねた主人公達を追い詰めるために夢でクレセリアに化けてパルキアなどを騙し、これを信じさせるために無関係のルリリに悪夢を見せると、主人公達にとっての障害のほぼ全てはこいつによって配置されたものである。その目的は、自らの悪夢の力を増大させる為に、世界を歪ませて暗黒に飲み込み支配すること。 最後はやみのかこうで主人公達と本物のクレセリアを待ち構え、恐らく夢で操っているのであろう6体の手下とともに襲いかかった。それにも敗北したダークライは自分でじくうホールを生み出し、別の時代に移動しての暗黒化を図った。この際ホールを開いた後にも関わらず自分の目的を主人公達の前でベラベラ話すという舐めプをかました結果、そこに真実を知らされたパルキアが出現。慌てて逃げ出し、小者っぷりを露呈させてホールに飛び込んだ直後にパルキアの攻撃を受け、粛清された。以上の行いの後でも、主人公・パートナーともにダークライを完全には拒絶しきれていない発言をしている。 この後は消滅こそしていないが記憶を失っている。最初の主人公と同様になったあたり、ツケが来たと言っていいだろう。こいつ自身はそれを覚えていないのだが……。徘徊している時に仲間にすることも可能。仲間台詞は専用のもので、やはり覚えていないようだ。迎えるかどうかは好みではあるが普通に戦力として優秀であり、マイナーチェンジ「空」ではさらに強化された。 これによって一種類の既存ポケモンにヘイトが向くことを懸念したのか、以後のシリーズにおける黒幕は「概念の集合体が異形化したもの」になっている。

関連タグ

ポケモン不思議のダンジョン 吐き気を催す邪悪

関連記事

親記事

ポケモン不思議のダンジョン ぽけもんふしぎのだんじょん

兄弟記事

コメント