ピクシブ百科事典

波導

はどう

「波導」とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスター、ルカリオが持つ力「はどう」を漢字表記にしたもの。「波動」でも構わないが、主にこちらの方が使われる。

概要

初出は2005年に公開された映画ミュウと波導の勇者ルカリオから。
同作品にてルカリオの主人であるアーロン「波導の勇者」と呼ばれたことや、「波導は我にあり!」等の台詞、その他ルカリオが持つ様々な能力から、「ルカリオ=波導の持ち主」という考え方が定着した。
これらがゲーム本編にも持ち込まれ、現在では主に図鑑説明から「相手の姿や心情をキャッチする能力」として描かれる。またそれを弾にして撃ち出す(「はどうだん」)ことができる。

……のだが、
第5世代以降の図鑑説明では「波」の表記になっており、混乱が生じている。
それまでの「はどう」も「波動」だったというのだろうか?

とはいえ「ルカリオ=波」のイメージは現在でも変わらず、この言葉はスマブラでも用いられている。
スマブラ開発者桜井政博氏曰く「『ポケモン』本編では”波動”という表記になっていますが、『スマブラ』と映画では”波導”という表記で合意が取れています」 とのこと(2014年2月3日、Miiverse上スマブラシリーズコミュニティ「ディレクターズルーム」にて)。
要は「映画では波導、ゲーム本編では波動」ということらしい。

当のスマブラでは、波導は「自分の蓄積ダメージが高いほど相手に与えるダメージが上昇する能力」になっている。
また、『X』では波導の力を一気に放出する最後の切り札「はどうのあらし」、『for』では波導を最大化させるメガシンカを駆使する。

このように、表記自体は現在では波導と波動のどちらでもよいということになっているが、映画やスマブラでのルカリオを題材にする際はこちらに固定されているのて注意されたい。

余談だが、英語では「波導」は「aura」オーラ)という語で統一されている。上記「はどうだん」も「Aura Sphere」である。
その他通常の「はどう」(「りゅうのはどう」など)は「Pulse」波動)であり、完全に区別されている。

関連タグ

ルカリオ
はどうだん
×波動_○波導

pixivに投稿された作品 pixivで「波導」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5117

コメント