ピクシブ百科事典

波導

はどう

「波導」とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスター、ルカリオが持つ力「はどう」を漢字表記にしたもの。「波動」でも構わないが、主にこちらの方が使われる。
目次[非表示]

概要

初出は2005年に公開された映画ミュウと波導の勇者ルカリオから。
同作品にてルカリオの主人であるアーロン「波導の勇者」と呼ばれたことや、「波導は我にあり!」等の台詞、その他ルカリオが持つ様々な能力から、「ルカリオ=波導の持ち主」という考え方が定着した。
これらがゲーム本編にも持ち込まれ、現在では主に図鑑説明から「相手の姿や心情をキャッチする能力」として描かれる。またそれを弾にして撃ち出す(「はどうだん」)ことができる。

……のだが、
第5世代以降の図鑑説明では「波」の表記になっており、混乱が生じている。
それまでの「はどう」も「波動」だったというのだろうか?

とはいえ「ルカリオ=波」のイメージは現在でも変わらず、この言葉はスマブラでも用いられている。
スマブラ開発者桜井政博氏曰く「『ポケモン』本編では”波動”という表記になっていますが、『スマブラ』と映画では”波導”という表記で合意が取れています」 とのこと(2014年2月3日、Miiverse上スマブラシリーズコミュニティ「ディレクターズルーム」にて)。
要は「映画では波導、ゲーム本編では波動」ということらしい。

このように、表記自体は現在では波導と波動のどちらでもよいということになっているが、映画やスマブラでのルカリオを題材にする際はこちらに固定されているのて注意されたい。

余談だが、英語では「波導」は「aura」オーラ)という語で統一されている。上記「はどうだん」も「Aura Sphere」である。
その他通常の「はどう」(「りゅうのはどう」など)は「Pulse」波動)であり、完全に区別されている。
どうしてこうしなかった

スマブラでのシステムとして

スマブラでは、波導は「自分の蓄積ダメージが高いほど相手に与えるダメージや技の性能が上昇する性質」として組み込まれている。
0%では平均以下の火力しかないが、作品にもよるが大体100%を超えたあたりから重量級クラスの火力に変貌する。他にも通常必殺技「はどうだん」や横必殺技「はっけい」は技そのものが巨大化し、上必殺技「しんそく」は移動距離が大幅に伸びる。
ただし「波導の力が強くなっている=当然自分も吹っ飛ばされやすい」ということでもあるので立ち回りには細心の注意を払うこと。
また、『X』『SP』では波導の力を一気に放出する最後の切りふだはどうのあらしを、『for』では波導を最大化させるメガシンカを駆使する。

また同ゲームのうち『X』における「亜空の使者」では、ルカリオが波導を使い段ボールの中に隠れていたスネークの存在を見抜きプレイヤーの笑いを誘った。

関連タグ

ルカリオ
はどうだん
波動 ×波動_○波導
スマブラ はどうのあらし

関連記事

親記事

ルカリオ るかりお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「波導」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13320

コメント