2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

バインド

ばいんど

バインドとは、「拘束する」「関連する」等の意味を持つ単語。ここでは主にポケットモンスターシリーズの状態変化について記述する。
目次[非表示]

もしかして:バインド!

概要

英語では「bind」。拘束や束縛を意味する。

ポケモンの状態変化として

ポケモンにおける状態変化の一つ。効果については世代ごとに若干異なっている。

  • 1~4ターンの間、この状態のポケモンはターンごとに最大HPの1/16のダメージを受け、技が使えなくなる(コマンドによる交代は可能)。(第1世代)
  • 一定ターンの間、この状態のポケモンはターンごとに定数ダメージを受け、コマンドによる交代ができなくなる(技を使うことは可能)。(第2世代以降)
    • 持続ターン数は2~5ターン、定数ダメージは最大HPの1/16(第2~4世代)
    • 持続ターン数は4~5ターン、定数ダメージは最大HPの1/16(第5世代)
    • 持続ターン数は4~5ターン、定数ダメージは最大HPの1/8(第6世代以降)

この状態変化に関する持ち物がいくつか存在する。
  • 「ねばりのかぎづめ」を持ったポケモンにバインドされると、持続ターン数が7で固定になる。
  • 「しめつけバンド」を持ったポケモンにバインドされると、定数ダメージが増加する(最大HPの1/8(第5世代まで)・1/6(第6世代以降))
  • 「きれいなぬけがら」を持ったポケモンがバインドされると、コマンドによる交代ができなくなる効果を無効化して交代できる。

バインド状態のポケモンが技「こうそくスピン」を使うと即座に回復するほか、特性「マジックガード」のポケモンは定数ダメージを受けない。
また「とんぼがえり」などの技や「レッドカード」などの持ち物による交代はバインド状態でも行える。
第6世代からゴーストタイプはバインド状態でも交代ができるようになった(ダメージは受ける)。

交代を防ぎつつダメージを与えるだけでも厄介だが、やけどどくといった他の状態異常が合わさると更に強力。
ただしバインドしてきたポケモンが倒されると効果が切れるので、サマヨールなど耐久力が高いポケモンが使うと効果的。

なお、「くろいまなざし」など「交代不能効果」だけを与えるわざはバインドとは呼ばず、あくまで複数ターンの継続ダメージが主である。

その他のゲームでの用法

他のゲームでは「行動不能状態」のことを指す場合が多い(パズドラなどが代表的)。
また、FFシリーズでは「移動不能状態」をバインドと呼ぶ。

関連タグ

拘束 縛り
ダブルバインド

ポケモンのバインド技一覧
しめつける まきつく
ほのおのうず マグマストーム
うずしお(ポケモン) からではさむ くらいつく
すなじごく
まとわりつく
サンダープリズン

関連記事

親記事

ポケモン状態異常・状態変化 ぽけもんじょうたいいじょうおよびじょうたいいじょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バインド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バインド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52364

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました