ピクシブ百科事典

画竜点睛

がりょうてんせい

物事を完成するために最後に加える大切な仕上げのたとえ。
目次[非表示]

画竜点睛とは、故事成語の一つである。

由来

昔、梁という国に張僧繇(チョウソウリョウ)という優れた画家がいた。
あるとき張は金陵(きんりょう)の安楽寺という寺から、壁画として四体のを描くように頼まれる。
引き受けた張はこれを見事に仕上げてみせるが、何故か張は四体の龍に睛(め)を入れることを渋った。
住職が「何故目を入れないのか」と尋ねると、張は「目を入れると龍が逃げてしまう」と言ったため、周囲はそれを冗談と思って笑い飛ばした。
なら入れてみよと囃したてられ、渋々応じて張は一匹の龍に目を入れてみせた。
……すると、の中にいた龍はその目に力を宿し、描かれた壁を突き破って稲妻を伴わせながら天へと飛び立ってしまった。

以来、安楽寺の壁には三体の目のない龍が壁画として残されている。

意味

物事のもっとも重要な点。肝心要。
俗に「画竜点睛を欠く」という言葉にもされ、
肝心の部分が抜け落ちていることを指すようにもなった。

捕捉

よく間違われるが「がりうてんせい」である。「がりうてんせい」ではない。
あと、「画竜点」でもない。

創作での扱い

その字面と響きのカッコ良さから、必殺技の名前にもよく起用される。
クラウド・ストライフ


関連タグ

故事成語 四字熟語

ガリョウテンセイ

pixivに投稿された作品 pixivで「画竜点睛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76590

コメント