ピクシブ百科事典

闇乃武

やみのぶ

『るろうに剣心』追憶編に登場する暗殺・諜報組織。
目次[非表示]

概要

 幕末に「東の隠密御庭番衆、西の闇乃武」と称された、江戸幕府直属のスパイ組織。
 所属するメンバー全員が黒っぽい忍者服を着用しており、様々な戦闘・暗殺技術を身に着けている。

 作中では維新志士方最高戦力である「陸黒船」こと緋村抜刀斎の討伐に向かい、雪代姉弟スパイに使うことで抜刀斎を死の樹海におびき寄せ、抹殺しようとした。一人一人が人結界になることも厭わぬ「五感剥奪」により抜刀斎を追い詰めるも、最後は雪代巴の死を覚悟した造反により全滅に追い込まれる。
 だがその死は巴の弟・雪代縁の人生を狂わせる最後の引き金となり、闇乃武関係者たちを集めた「六人の同志」による「人誅」を作り出すこととなる。

構成員

辰巳

CV:内田稔
 闇乃武頭領。メイン画像右上のマッチョじいさん。
 「無敵流」という頭の悪い名前のマーシャルアーツっぽい格闘術の使い手。若い頃からの鍛錬で築いた鋼の肉体と、長年の熟練による老獪さで抜刀斎を追い詰めるも、巴に討たれる。
 弟子は六人の同志が一人戌亥番神であるが、「負けたヤツを今更師匠などと呼びたくない」と一喝されている。

連鎖刀の村上

俺とお前で

(もちろん左)
 最初に登場した闇乃武。ちょんまげ頭にマスクのイカしたおじさん。
 その二つ名に恥じず、大小二本の柄を鎖鎌のように繋いだ連鎖刀を武器に使い、近距離の相手には二刀流で、遠距離の相手には投擲で攻撃する。口癖は「邪魔だ 去ね」
 夜分遅く自らの姿を見たチンピラ浪人2人を瞬殺し、抜刀斎を連鎖刀で縛り上げとどめを刺そうとするも、上から襲いかかったがために刀に突っ込まされ三枚おろしにされた。(OVA版では物凄い量の血が飛び散っており非常にグロい)

中条

 ボブカットの軽薄な男(メイン画像右下)。
 六人の同志が一人乙和瓢湖の親友で、彼の作った暗器の試供を兼ねて暗殺を繰り返していた。
 抜刀斎に両腕を切り落され、予め仕込まれていた爆薬を起爆し結界となる。抜刀斎の聴覚を奪った。

角田

 ちょんまげ頭の巨漢(メイン画像左上)。巨大なで障害物ごと敵を打ち砕く。
 無名異とのコンビで抜刀斎を翻弄したが脚を切られ、最後は仕込まれていた閃光弾を起爆し結界となった。

八ツ目無名異

 後の六人の同士でこの頃はまだ10代の若造。
 角田の投げた木々に潜み抜刀斎を襲うも、右手を刺し貫かれ姿を見られてしまう。最後は右腕を引き裂いて逃走し、復讐を誓う。

派生作品

 OVAにおいても悪役として登場するが、少年誌的な盛り上がりを考慮していないため極めて口数が少ない「影の軍団」として描写されており、原作に比べると格段に地味である。
 『キネマ版』では武田観柳に雇われた二番手~五番手として登場(無名異は未登場)。一番手の相楽左之助敗北を知り、総員で剣心を討とうとするものの、鵜堂刃衛に不用意に話しかけたばっかりに4人まとめて皆殺しにされた挙句、首を打たれ串団子にされる。

関連項目

るろうに剣心 暗殺者 殺し屋

pixivに投稿された作品 pixivで「闇乃武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 678

コメント