ピクシブ百科事典

二重の極み

ふたえのきわみ

二重の極みとは相楽左之助と悠久山安慈が使用した技。
目次[非表示]

漫画・アニメ「るろうに剣心」の登場人物、相楽左之助悠久山安慈より伝授された必殺技の名。使いようによっては作中の世界でも最強クラスのポテンシャルを秘め、武器無しという意味でもまさにの化身ともいうべき破壊力を秘める。

アニメ海外版でも同名で使用された。

概要

明王の安慈


「全ての物質には抵抗が存在するため、その衝撃は完全には伝わり切らない。
そこに無駄な衝撃が出来てしまう。

まず拳を立てて第一撃を加える。
そしてその第一撃目の衝撃が物質の抵抗とぶつかった瞬間、
拳を折って第二撃を入れる。
すると第二撃目の衝撃は抵抗を受ける事なく完全に伝わり切る。

衝撃というのはとてつもなく早い。(75分の1秒
その瞬間に第二撃を撃ち込む。」




つまり…どういうことだってばよ?

バリエーション

三重の極みや簡易版(両手・足などを併用する)が有名だが、もっとヤバいのもある。なんと、生身の人体で遠距離攻撃すら可能としてしまうのだ(前例いくつかあるのが恐ろしいのだが…)。

…どういうことだってばよ!?


その他

よい子のみんな、絶対にマネしちゃだめだぞ♪
あの頃の少年たちは、たぶんみんな一度はやってるから

関連タグ

フタエノキワミ、アッー!

pixivに投稿された作品 pixivで「二重の極み」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249378

コメント