ピクシブ百科事典

カマエル

かまえる

ユダヤ教・キリスト教の天使の一人。チャミュエル。七大天使に数えられることもある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ユダヤ教・キリスト教の天使の一人。
  2. ゲーム『女神転生』シリーズに登場する悪魔
  3. オンラインゲーム『リネージュ2』に登場する有翼の種族
  4. ゲーム『ドラゴンクエストⅨ』に登場するしゃべる錬金釜
  5. ゲーム『モンスターストライク』に登場するキャラクター。→カマエル(モンスト)


概要

カマエル(Chamael、Chamuel、Camael、Kamael)とは、ユダヤ教・キリスト教における天使の一人。"チャミュエル"とも呼ばれる。名は「神を見る者」を意味する。七大天使に数えられることもあるが、聖書に名前は登場しない。火星に関連付けられ、またセフィロトではゲブラー(峻厳)を守護するとされる。

赤い鎧またはガウンを着衣して、長剣を携えた姿で描かれることが多く、"14万4千もの能天使の指揮官"または、"1万2千もの「破壊の天使」を率いている"ともされる。
その性質は神の力の象徴であり、神の正義の執行者として敵対者に対して容赦のない攻撃をする苛烈な天使として伝わっている。その反面、傷ついた味方の治癒のため、病魔ごと切り取ったとされることから別名"天界(天空)の外科医"とも呼ばれる。
またその苛烈な性格ゆえ一部の教義では堕天使(悪魔)扱いされることや堕天使・サリエルと同一視されることもある。

女神転生シリーズ

カマエルかっこいいよカマエル


初出は『真・女神転生Ⅱ』(1994年)で、種族は大天使
華奢でひらひらした服を着たデザインが多い大天使には珍しく、赤黒い鎧兜を着込んだ筋肉質の姿で登場する。これはドット絵が地霊ティターンとのコンパチであったためと思われる。
その後『魔神転生II』(1995年)に四枚の翼を持つデザインで登場するも、『RONDE』(1997年)を最後に長いこと出番がなかった。

しかし『アバドン王』(2008年)で11年ぶりにメガテンシリーズに姿を見せた。しかも同作ではボスを張っている。
上の画像はこの時のデザインで、真IIに比べるとかなりスマートになっている。

リネージュ2

ドゥーム ブリンガー



ドラゴンクエストⅨ

ただいまリッカ
ガ〇ダムサイズでございます!


セントシュタイン城下町にあるリッカの宿屋に置いてある錬金術の釜。錬金術師が宿賃として置いていったのだが、飾りにしようとしたところ喋り出して主人公を「御主人さま」と慕って仕えることになる(女の子を選んだ場合はお嬢様)。

名前通り、釜に天使の羽と渦巻き模様の目が付いたデザインで、口に素材を入れて呑みこんで錬金してから吐き出す事で製品を作る。慇懃で礼儀正しく、時折涙もろい性格。カマエルを用いた錬金は、冒険を大いに助ける事となる。



関連タグ

天使 熾天使 能天使 七大天使
カミーユ…フランス語圏の人名。カマエルを語源としている。

関連記事

親記事

天使の一覧 てんしのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カマエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442504

コメント