ピクシブ百科事典

てまねきリング

てまねきりんぐ

てまねきリングとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト10』。地中に潜む手の姿をした黄緑色のモンスターで、
中指にはオレンジ色の指輪がはめられている。「ディバインスペル」を使ってきたり、
うごくせきぞうを呼んできたりしてくる。また、相手を逃走不能にする呪いをかける攻撃を
仕掛けてくるがてまねきリング系のモンスター全員が使ってくる。
ちなみに、マドハンドと比べて爪がある。

てまねきリング系のモンスター

マッドフィンガー
地中から現れた手のモンスター。紅玉の指輪をはめたその手は死んだ魔女のものらしい。
「眠り攻撃」や「呪い攻撃」といったダメージを与えながら状態異常にしてくる攻撃をしてくる。
また、マドハンドを呼んでくることもある。ちなみにゾンビ系。

クリスタルハンド
水晶にも例えられている水色の手のモンスター。水晶のように透きとおったその腕は妖しくも美しい。
「呪い攻撃」に加えて、コープスフライを呼びだしてくることがある。
てまねきリング系の中で、このモンスターとウィッチネイルは腕輪も装着されている。

ウィッチネイル
地中に潜む紫色をした高飛車な魔女の手のモンスター。てまねきリング系にしては指にはめている指輪が
3つもある。ちなみに、マニキュアも塗っているのか爪の色は赤色である。
相手を逃走不能にする呪いをかける攻撃をしてきたり、ベホイミを唱えてきたりしてくる。
また、しりょうのきしを呼ぶこともある。ステータスはクリスタルハンドと同じ。
ちなみに、このモンスターもマッドフィンガー同様ゾンビ系である。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ 指輪 マドハンド

コメント