ピクシブ百科事典

ヘルコンダクター

へるこんだくたー

ヘルコンダクターとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅩ』。地獄の音楽を奏でたせいで魂が汚れてしまった指揮者型のモンスター。キラーストーカーと同様に何故かあごが長い。マヌーサマホトーンラリホーといった状態異常の呪文を使ってくるほかに、「あやつる」で相手を魅了状態にしてくる。しかも、「あやつる」は100%で成功する。ドロップアイテムは音楽家と由縁があるからか、「さえずりのみつ」を落とすことがある。

ちなみに、彼が奏でた地獄の音楽というのは、耳にした者が3日以内に必ず命を落とすという恐ろしい曲らしい。

ヘルコンダクター系のモンスター

デスマエストロ
世間から才能が認められないままこの世を去るが、執念でモンスター化した音楽家。ヘルコンダクターの下位種。主な特技は「あやつる」のみ。不遇な人生の反動で死後はデスメタルに転向したらしい。
『ドラゴンクエスト イルとルカの不思議なふしぎな鍵』にもCランクのゾンビ系として登場。

アモデウス
血と音楽をこよなく愛する芸術家きどりの大悪魔。ヘルコンダクターの上位種。「あやつる」だけでなく、マホカンタメラゾーマいてつくはどう・魔力覚醒と使用する呪文や特技はバランスが良い。

まかいしつじ
アモデウスの転生モンスター。魔界に存在する執事のモンスター。「あやつる」のほかにも、ザキザオラルといった生と死の呪文を使う。たおすと、「魔神家令ハンター」という称号がもらえる。

メギドローム
クエスト「リュナンの正体」で戦う事になるモンスター。ミラクルゾーンを覚えるためリュナンを誘拐した強大にして残忍な魔術師。メラゾーマ・イオナズン・マホトーンといった呪文を使い、あやつる・いてつくはどう・魔力覚醒といった特技も使う。強くなることに貪欲で、その悪のカリスマにより多くの部下を抱えている。しかし、本人は使えない部下ばかりだと思っている。

関連タグ

ドラクエ ドラゴンクエスト 指揮者

コメント