ピクシブ百科事典

なげきムーン

なげきむーん

「なげきムーン」とは、『ドラゴンクエスト10』に登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅩ』。月から落ちてきたとウワサされる大きな満月のようなモンスター。名前の通り、嘆いているような顔が特徴的である。「メラガイアー」「ボミオス」「ズッシード」といった呪文を使い、「おしつぶし」は周囲に攻撃し、当たるとダメージを受けるだけでなく吹き飛ばされて行動不能になる。

なげきムーン系のモンスター

通常モンスター級

ダークプラネット
夜の闇に蠢く正体不明の暗黒の星。何故か一部の勝負師たちにはゲン担ぎに崇められている。「おしつぶし」や「ドルマドン」のほかに、ビックリした顔をしてテンションを2~3段階上げ、怒った顔をして攻撃力を2段階上げる。

マーズフェイス
夜空からこぼれ落ちた燃える隕石に意思が宿ったモンスター。押しつぶしてきたり、怒った顔になったり、ビックリした顔をしたりしてくる。また、「メラガイアー」を唱えてくることもある。

デスマーキュリー
Ver.3.2で追加されたモンスター。異界の空から降ってきた凍てつく隕石に意思が宿ったもの。このモンスターを見ると見た者は遠からず死ぬというウワサがあるらしい。「怒った顔」や「びっくりした顔」、「おしつぶし」のほか、「イオグランデ」や「マダンテ」を使ってくる。

ゴールデンディスコ
Ver.3.2後期で追記された、なげきムーンの転生モンスターで、球体の体がミラーボールになっている。「おしつぶし」「ビックリした顔」「怒った顔」「ズッシード」を使ってくる。倒すと「黄金鏡球ハンター」という称号が手に入る。

ボスモンスター級

炎業の妖星
配信クエスト「失われた時を探して」の第2話に登場するボスモンスターで、偽りの赤き炎業の塔にいた正体不明の惑星魔人。第6話でも、魔人リンジャーラに召喚される形で再登場している。寝起きの機嫌はとことん悪いらしい。「ビックリした顔」をしてテンションを3段階上げて、「おしつぶし」「メラガイアー」「イオグランデ」といった攻撃を仕掛けてくる。また、「怒った顔」をして攻撃力を上げてくることもあり、それによる通常攻撃はひとたまりもない。ちなみに、身にまとった黒雲は5000年間眠り続けても快適な夢見を約束するふんわりふかふかの特注品らしい。

ザ・ホール
不思議なツボの中にしまわれた呪いや魔瘴の集合体。物だけでなく魔力さえも吸い込む驚異的な吸引力を持つ。なげきムーンの亜種だが、顔やクレーターはなく、ブラックホールを思わせる姿になっている。ドルマドンやマホトラといった呪文を使い、「おしつぶし」や「グレイブホール」で攻めてくる。謳い文句は「吸引力の落ちないただひとつの魔物」らしい。尤も、何と比べたかは不明だが。

黄泉の邪妖星
『王家の迷宮』の冥府エリア(砂漠)に登場するボス。「怒った顔」、「びっくりした顔」、「おしつぶし」といった特殊攻撃を使ってくるが、1回行動しかしないので問題はない。しかし、HPが減ってくるとまれにマダンテを使い、当たったら2997ダメージを受けてしまい即死は免れない。

関連タグ

ドラゴンクエスト DQ10 モンスター ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 DQモンスター ダークプラネット マーズフェイス

pixivに投稿された作品 pixivで「なげきムーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 611

コメント