2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドラゴンクエストⅩに登場するボスモンスターの一体。
ハイエンドバトルコンテンツ「聖守護者の闘戦記」の第二弾として、Ver.4時代に実装されたボスモンスター。
羅刹王バラシュナの配下を率いる、古代魔族の将軍。
翠将鬼の名の通り全身がエメラルド色だが、赤いマフラーのようなものを巻いている。

分かりにくいがCGモデルは魔人王ドミネウスの流用。プレイヤーからの愛称(?)は「ジェル」や「ハゲ」など。
元々は愚鈍なテンツクであった。このテンツクに魔祖ザークが外法を施して生み出した魔祖の血族がジェルザークである。しかし、テンツクは虫系なのに対してジェルザークは怪人系。

Ver.5.5後期では製作者の魔祖ザークが、「起源将ジェルザーク」として登場する。使用特技は翠将鬼とほぼ変わらないが、アスバルがリミットボルケーノを止めてくれる。

戦闘

実装当時はつよさが1~3のみであり、日毎に強さがループしていた。
現在はつよさを自由に選べるようになり、報酬の羽根の数も増加。
バトルフィールドは「聖護の結界・翠」であり、報酬は「翠水晶の羽根」。

戦闘開始時から、オトモとしてジェルソルジャーを二匹連れている。ソルジャーの名の通りジェルザーク配下の兵士のようで、数が減っても「徴兵の号令or大号令」で頻繁に補充される。
このジェルソルジャーがジェルザーク戦の最大の敵と言っても過言ではない。ソルジャーが定期的に使用してくる「リミットマグマ」という特技を、大ダメージを与えて阻止しなければ、フィールド全体がマグマ地帯で埋め尽くされてしまうためである。
したがってプレイヤー側にはマグマを止められるだけのしっかりとした火力が求められる。
また、混乱・マヒ・眠り・封印・呪い・転び・踊りなど多彩な状態異常攻撃を繰り出すため、装備には気を付けたい。

実装当時は魔法戦士が壁をしつつ魔法使いメラゾーマを撃ちまくる戦法が主流であったが、現在は火力が大幅にアップしたムチまもの使いが殴りまくる戦法が主流。
サポート仲間もしっかりマグマを止める動きをしてくれるため、聖守護者の闘戦記の中ではサポート攻略が比較的容易な方である。
報酬の羽根で交換できるウィング系アイテムが可愛らしいこともあって、ライトプレイヤーでも挑む人は少なくない。

つよさ3を撃破すると「翠将撃破の勇士」の称号が得られる。

関連タグ

ドラゴンクエストX  テンツク ボクっ子
魔祖の血族の仲間:冥骸魔レギルラッゾ 獣魔ローガスト 紅殻魔スコルパイド 剛獣鬼ガルドドン 邪蒼鎧デルメゼ 羅刹王バラシュナ
呪幻師シャルマナ、デモンズゲイト:同じくテンツクが変化した魔物。

関連記事

親記事

魔祖の血族 まそのけつぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「翠将鬼ジェルザーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました