ピクシブ百科事典

玉璽

ぎょくじ

皇帝専用の印章。一般的には古代中国で使用された『伝国璽』を指す。
目次[非表示]

概説

古代国家における皇帝専用の印鑑
主に国書への印判を成すために用いる、いわば「国家の意思決定」の表れとしての印である。
璽にも格付けが存在し、「玉璽」はその最上に当たり、以下「金璽」「銀璽」「銅璽」と続く。

日本の皇族が代々継承しているものは、別個に「御璽(ぎょじ)」と呼んでいる。
そのため主に「玉璽」と呼ばれるのは、古代中国王朝で用いられた「伝国璽(でんごくじ)」である。

伝国璽

王朝の始皇帝が、伝国璽の最初の持ち主とされる。
それまで、中華統一王朝の象徴は九鼎(きゅうてい)」と呼ばれるであったが、始皇帝が周を滅ぼした際、その混乱の中で泗水(̪泗河)に回収した九鼎を落として喪失してしまう。
その後、霊鳥の巣が見つかり、そこに宝玉があった。
始皇帝はこれを瑞兆(天のお告げ・祝福)と捉え、宰相の李斯に命じて璽へと作り変えさせ、自身専用のものとした。
同時に、それまで【璽】は判子全般を指す漢字だったが、始皇帝は「皇帝専用の印判のみに使用する」と定め、皇帝の用いる印鑑のみを「璽」と呼ぶようになった。

印の持ち手に龍の彫刻が為されている。
伝承では、前漢代末期に権力簒奪を目論んだ王莽の使者が、元帝の皇后・王政君に保管された伝国璽の譲渡を迫った際、怒りのあまり「王莽の恩知らずめ!」と罵って使者に伝国璽を投げつけ、龍の片角を折ってしまったと伝わっている。
折れた角は金で補修され、以後は伝国璽が本物である証左として、欠けた角を金で補修していることが挙げられるようになった。

以降、九鼎に代わって伝国璽が権力の象徴となり、王朝、三国時代と受け継がれ、権力の象徴として受け継がれていった。
三国志』でも重要な宝物として登場。
西洋における「レガリア」、日本での「三種の神器」と同類のものでもある。

最終的に、五代十国時代後晋の出帝がの太宗に捕らえられた際に紛失。
以降、伝国璽は歴史から姿を消し、後進の歴代王朝では伝国璽を模した玉璽を作り、それを用いている。


関連タグ

はんこ
中国 日本
三国志

三國志コーエーの制作したゲームシリーズ。玉璽=伝国璽が登場し、プレーヤーがこれを持っていると皇帝を自称するイベントが起こせたりする。

関連記事

親記事

はんこ はんこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「玉璽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34

コメント