2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ロイ・ハラデイ

ろいはらでい

Roy Halladay(ロイ・ハラデイ)は、アメリカ合衆国出身の元メジャーリーガー。ニックネームは「Doc」。
目次[非表示]

概要

フルネームHarry Leroy "Roy" Halladay III (ハリー・リロイ・ハラデイ3世)
国籍アメリカ合衆国
出身コロラドデンバー
生年月日1977年5月14日
死亡年月日2017年11月7日
身長・体重198cm、104kg
投球・打撃右投・右打
守備位置投手
プロ入り1995年MLBドラフト1巡目・全体17番目
メジャーデビュー1998年9月20日


所属チーム


経歴

高校時代は野球バスケをしていた。投手として高校通算22勝1敗の成績を残し、1995年のMLBドラフトの1巡目でトロント・ブルージェイズから指名を受けてプロ入り。
1998年9月20日にブルージェイズ史上3位の年少記録でメジャーデビュー。2度目の先発登板になった9月27日にはノーヒットノーランまであと1人のところでヒットされて惜しくも快挙を逃したが被安打1の完封でメジャー初勝利を挙げた。
2000年は13先発(総登板数19)で防御率10.64と云う惨憺たる成績で、翌2001年の開幕は1A降格という屈辱を味わったものの7月にはメジャーに復帰し、以降はローテーションの柱となり、2003年シーズンはリーグ最多の22勝、同3位の204奪三振、5位の防御率3.25の成績で自身初(球団史上3人目)となるサイ・ヤング賞を受賞している。しかしブルージェイズに在籍している間、ハラデイは148勝を挙げたもののチームはポストシーズンと無縁だった。
2009年オフにトレードによりフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。翌2010年はエースとしてフィリーズを牽引し、5月29日のフロリダ・マーリンズ戦でMLB史上20人目の完全試合を達成。さらにポストシーズン(ディヴィジョンシリーズ)のシンシナティ・レッズ戦でもノーヒットノーランを達成。この年はリーグ最多のシーズン21勝をおさめ2度目のサイ・ヤング賞を受賞している。
その後は怪我の影響で2013年は4勝しか挙げられず、この年限りで現役を引退した。

引退後、飛行機教習所に通って操縦免許を取得したが、自ら操縦する飛行機事故2017年11月7日逝去した。
彼の死を受けてブルージェイズは「32」、フィリーズは「34」の彼がつけていた背番号をそれぞれ永久欠番としている。
2019年にブルージェイズはドラフト32巡目(ハラデイの背番号に因む)でハラデイの長男、ブレイデンを指名した(が、ブレイデンは契約せず進学している)。

日本のネット上での彼の扱い

フィリーズの大エース


5chなんJ界隈では、スレを立てた人物が画像・URLを貼らなかった場合に「画像ハラデイ」という書き込み・表現が使われている。また「ハラデイ貼らんでいい」という語感の良さからか、逆に貼られた画像・URLが明らかに不要な場合は「ハランデイイ」という書き込み・表現も使われる。

関連タグ

メジャーリーガー ピッチャー 投手
ドク・ホリデイ (ニックネームの由来となった人物)

関連記事

親記事

メジャーリーガー めじゃーりーがー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました