ピクシブ百科事典

ICPO

いんたーぽーる

国際刑事警察機構
目次[非表示]

概要

国際的な犯罪防止のために世界各国の警察により結成された国際組織である。正式名称は、和文で言えば国際刑事警察機構、英文で言えば International Criminal Police Organization、頭文字を取ればICPOである。インターポール(Interpol、テレタイプの宛先略号より)とも呼ばれる。加盟国は190か国(地域)を数え、国際連合に次ぐ。フランス・リヨンに本部がある。

活動

犯罪捜査や犯人逮捕に携わる各国の警察の連携を図り、各国間の情報の伝達ルートの役割を果たす。主な活動は、国外逃亡被疑者や行方不明者、盗難美術品などの発見、身元不明死体の身元確認などに努める「国際手配制度」や、国際犯罪および国際犯罪者に関する情報のデータベース化とフィードバックなど。

中でももっとも重要な任務は逃亡犯罪人の国際手配。この手配は手配書によって行われる場合が多いが、緊急時には専用無線網を使う事がある。だが、逮捕するか否かは発見国の裁量に任せられている。

あくまでもICPOの役割は各国捜査機関の連携の窓口であるため、本格的な捜査機関を持たず、ICPOの職員自体には逮捕権がない。職員も(日本における)警察庁の職員のような俗に言う「役人」で刑事はほとんどいない。

歴史

『朝日新聞GLOBE』によると、前身はオーストリアが主導して7ヶ国が参加して設立(1923年)された国際刑事警察委員会。各国警察組織間の情報交換の場として機能したが、総裁はウィーン警視総監が兼任し予算もオーストリアが出資していた。1938年にナチスドイツがオーストリアを併合すると、ナチスの支配下に置かれてユダヤ人の情報収集に用いられるなど、事実上機能停止した。

ドイツ敗戦後はフランスの主導で本部をフランス・パリに設置して再建。予算はフランスが負担し事務総長も代々フランスから出した。1956年に政治的な中立性を謳う憲章を定めて国際刑事警察機構へと名称を変更、1970年代に国連と協定を結んで非政府組織から公式の国際機関へと発展する。

1980年代には麻薬捜査等についての国際協力への関心を強めた米国の後援で英国人の事務総長が就任するなどフランス色を薄め、リヨンに本部を移して現在に至っている(以上、「インターポールとは何者か」『朝日新聞GLOBE』)。

架空の国際刑事警察機構(もしくはそれに準ずる組織)の人物

創作作品の中ではただの連絡役ではなく平然と各国で捜査を遂行していることも多いが、気にしてはいけない。
銭形警部以外の『ルパン三世』に登場するインターポール関係者は、ICPO(ルパン三世)に記載。
荒井誠以外のの東映特撮作品に登場するインターポール関係者は、インターポール(東映特撮)に記載。
上記のうち佐久間ケン以外の『仮面ライダーシリーズ』に登場するインターポール関係者は、インターポール(仮面ライダーシリーズ)に記載。


関連タグ

警察 国連 国際連合 フランス

pixivに投稿された作品 pixivで「ICPO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 693

コメント