ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要(基本プロフィール)

生年月日1989年5月24日(31歳)
出身地大阪府東大阪市
入段(プロ入り)2002年度
所属日本棋院関西総本部
師匠石井邦生九段
段位九段
保持タイトル棋聖本因坊※本因坊文裕・名人阿含桐山杯NHK杯
名誉称号名誉棋聖二十六世本因坊名誉天元名誉碁聖

稀代の天才棋士。2016年には囲碁界史上初の七冠独占を達成し(将棋は羽生善治永世七冠が達成)、2017年には2度目の七冠独占を囲碁・将棋界通して初めて達成した。これらが評価され、2018年には永世七冠を達成した羽生竜王(当時)とともに国民栄誉賞を受賞した。

主要棋歴

年度主な成績
2005年度第12期阿含・桐山杯で小林覚九段を破り棋戦初優勝し、規定により七段昇段。16歳での優勝は史上最年少記録である。
2007年度第32期新人王戦で望月研一六段を破り同棋戦初優勝。
2008年度第33期名人戦でタイトル初挑戦、規定により八段昇段(張栩名人との番勝負は3勝4敗のフルセットの末敗退)。
2009年度第34期名人戦で2期連続のタイトル挑戦。張名人との番勝負を4勝1敗で制し、タイトル奪取、規定により九段に昇段した。20歳4ヶ月でのタイトル獲得・九段昇段は当時の最年少記録(2019年に芝野虎丸九段がともに更新)。第18期竜星戦で張名人を破り、同棋戦初優勝。
2010年度第35期名人戦で高尾紳路九段を4連勝で破りタイトル初防衛。第6回大和証券杯ネットオープン戦で同棋戦初優勝。
2011年度第35期棋聖戦でタイトル挑戦(張棋聖との番勝負は2勝4敗で敗退)。第49期十段戦で張十段を3勝2敗で破り、タイトル奪取。第37期天元戦では結城聡天元を3連勝で破り、タイトル奪取。自身初の三冠となった。第20期竜星戦で結城天元を破り、棋戦優勝。第18期阿含・桐山杯で山下敬吾桐山杯を破り、2度目の優勝。
2012年度第50期十段戦で張棋聖を3勝1敗で破りタイトル防衛。第67期本因坊戦で山下本因坊を4勝3敗で破りタイトル奪取、三冠復帰。第37期碁聖戦で羽根直樹碁聖を3連勝で破りタイトル奪取、四冠王に。第60期王座戦で張王座を3連勝で破りタイトル奪取、五冠王に。第38期天元戦で河野臨九段を3連勝で破りタイトル防衛。
2013年度第37期棋聖戦で張棋聖を4勝2敗で破りタイトル奪取、史上初の六冠王となる。第68期本因坊戦で高尾九段を4勝3敗で破りタイトル防衛。第38期碁聖戦で河野臨九段を3勝2敗で破りタイトル防衛。第38期名人戦で山下名人を4勝1敗で破りタイトル奪取、六冠復帰。第39期天元戦で秋山次郎九段を3連勝で破りタイトル防衛。第61期王座戦で張九段を3勝1敗で破りタイトル防衛。
2014年度第38期棋聖戦で山下九段を4勝2敗で破りタイトル防衛。69期本因坊戦で伊田篤史八段を4勝1敗で破りタイトル防衛。第39期碁聖戦で河野九段を3勝2敗で破りタイトル防衛。第39期名人戦で河野九段を4勝2敗で破りタイトル防衛。第21期阿含桐山杯で3度目の優勝。
2015年度第39期棋聖戦で山下九段を4勝3敗で破りタイトル防衛。第70期本因坊戦で山下九段を4勝1敗で破りタイトル防衛。第40期碁聖戦で山下九段を3勝1敗で破りタイトル防衛。第40期名人戦で高尾九段を4連勝で破りタイトル防衛。第63期王座戦で村川大介王座を3連勝で破りタイトル奪取、五冠王復帰。第41期天元戦で高尾天元を3連勝で破りタイトル奪取、2度目の六冠王に。第22期阿含桐山杯で2連覇かつ4度目の優勝。
2016年度第40期棋聖戦で山下九段を4連勝で破りタイトル防衛。第54期十段戦で伊田十段を3勝1敗で破りタイトル奪取、囲碁界初の七冠独占を達成する。第71期本因坊戦で高尾九段を4勝1敗で破りタイトル防衛。第41期碁聖戦で村川八段を3連勝で破りタイトル防衛。第41期名人戦で高尾九段に4勝3敗のフルセットの末で破れタイトル失冠、六冠後退。第64期王座戦で余正麒七段を3連勝で破りタイトル防衛第42期天元戦で一力遼七段を3勝1敗で破りタイトル防衛。第64回NHK杯で一力七段を破り、同棋戦初優勝。
2017年度第41期棋聖戦で河野九段を4勝2敗で破りタイトル防衛。第55期十段戦で余七段を3勝1敗で破りタイトル防衛。第72期本因坊戦で本木克弥八段を4連勝で破りタイトル防衛。第42期碁聖戦で山下九段を3連勝で破りタイトル防衛第42期名人戦で高尾名人を4勝1敗で破りタイトル奪取、史上初の2度目の七冠独占を達成する。第65期王座戦で一力八段を3連勝で破りタイトル防衛。第43期天元戦で一力八段を3連勝で破りタイトル防衛。第65回NHK杯で志田達哉七段を破り、2連覇かつ2度目の優勝。
2018年度第42期棋聖戦で一力八段を4連勝で破りタイトル防衛。第56期十段戦で村川八段を3連勝で破りタイトル防衛。第73期本因坊戦で山下九段を4勝1敗で破りタイトル防衛。第66期王座戦で一力八段を3勝2敗で破りタイトル防衛。第44期天元戦で山下九段を3勝2敗で破りタイトル防衛。
2019年度第43期棋聖戦で山下九段を4勝3敗で破りタイトル防衛。第74期本因坊戦で河野九段を4勝2敗で破りタイトル防衛。第45期天元戦で許家元八段を3勝2敗で破りタイトル防衛。第67回NHK杯で一力八段に勝ち、3度目の優勝。
2020年度第44期棋聖戦で河野九段を4勝2敗で破りタイトル防衛。第75期本因坊戦で芝野虎丸三冠を4勝1敗で破りタイトル防衛。第45期名人戦で芝野名人を4勝1敗で破り、タイトル奪取。大三冠かつ四冠復帰。第27期阿含・桐山杯で山下九段を破り、5度目の優勝。
2021年度第45期棋聖戦では河野九段に2年連続の挑戦を受ける。第76期本因坊戦にて2年連続の挑戦となった芝野王座を4勝3敗で破り10連覇を達成。

余談

  • 従来の型・定石に囚われず、「打ちたい所に打つ」を信条にした独創的なスタイル。 構想力に優れ、予想外の一手から大胆な変化を選び解説者を驚かせることもしばしば見られる。形勢の良し悪しにかかわらず、常に「最強手」を模索しており、優勢の局面でも安全で手堅い手よりも険しく厳しい手を選ぶ事が多い。
  • 大の長考派として知られ、勝負所と踏めば序盤から持ち時間を惜しげもなく使っていた。(ただし30歳を過ぎた2019年頃からは以前よりも後半に時間を残す打ち方も見られるようになっている)
  • 低段者時代は地に辛く攻めの強い碁を打っていたが、タイトル戦で争うようになってからは手厚い碁も打つようになった。
  • 2012年に将棋女流棋士の室田伊緒と結婚したが、2015年に離婚。その後、2019年7月に25歳の一般女性との再婚を発表した。

関連タグ

囲碁 棋士 天才
羽生善治…将棋界で七冠独占、永世七冠(囲碁界での名誉七冠に相当)を達成した棋士。2018年には井山とともに国民栄誉賞を受賞する。 

関連リンク

井山裕太|棋士|囲碁の日本棋院

関連記事

親記事

囲碁タイトルホルダー一覧 いごたいとるほるだーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「井山裕太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「井山裕太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666

コメント