ピクシブ百科事典

十段戦

じゅうだんせん

囲碁・将棋のタイトル戦の一つ。※将棋界では終了棋戦
目次[非表示]

将棋の「十段戦」について

概要

読売新聞が主催する将棋の七大タイトル戦の1つだった。
1987年の第26期までおこなわれたが、1988年、「竜王戦へと発展的解消する形で終了した。
※詳しい内容説明は「竜王戦」を参照。なお、2015年より将棋界では「叡王戦」が新たに加わり、八大タイトル戦となっている。

仕組み

予選
第1期~第15期までの間は「一次予選」「二次予選」「三次予選」の3段階に分けられ、予選が行われていた。
第16期以降は、十段戦リーグ(挑戦者決定リーグ)在籍者を除いた棋士が2つのブロックに分かれてトーナメントが行われた。また、予選勝ち抜き者には優勝賞金が用意され、1局勝ち上がることに賞金が獲得できるシステムとなった(2人抜き=3万円、3人抜き=7万円、4人抜き=15万円、5人抜き=30万円、6人抜き(優勝者)=50万円)。その為、最下層の棋士が勝ち上がるのはほぼ不可能とされていたが、開始1年目にいきなり土佐浩司四段が勝ち上がり、賞金50万円を獲得した。前述のとおり予選からの入れ替えは2枠しかないため、リーグ入りはA級昇級以上の難易度を誇る。

十段戦リーグ(挑戦者決定リーグ)
前期番勝負敗退者と前期リーグ残留者(2位~4位)の4名と予選勝抜者2名の計6名で行われる。
他のリーグ戦と異なる点は総当たりで先後入れ替えて2局ずつ、計12局行われる。

勝敗が同じ場合は基本順位上位者が挑戦し、プレーオフは行われなかった。その為、前期番勝負敗退者(1位)が再度挑戦するケースが約半数を占めている。これは残留者決定に関しても同様である。順位・勝敗が同じ場合のみ、挑戦者決定戦・残留者決定戦が行われた。

過去のリーグ在籍者のほとんどがタイトル保持者・A級棋士である。その影響からか大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、谷川浩司九段ら屈指の強豪棋士もリーグ陥落の憂き目を見ており、一度も陥落しなかったのは米長邦雄永世棋聖のみである。

永世十段

十段位(特例で九段位(タイトル戦))を通算10期獲得した棋士は、永世十段の権利が与えられる(現在の永世竜王に相当)。永世十段は大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人の2名のみである。

囲碁の「十段戦」について

概要

1961年に産経新聞が創設、2011年より森ビルが共催に加わる囲碁の七大タイトル戦の一つ。
第49期までは七大タイトル戦で唯一敗者復活戦方式がとられた(この方式は将棋タイトル戦の棋王戦でも採用されている)。16名からなるトーナメント戦で一度敗退した者は敗退組トーナメントを行い、その優勝者と本線トーナメント優勝者と挑戦者決定戦を行った。

持ち時間3時間(1日制)
番勝負五番勝負
主催産経新聞サンケイスポーツ
共催森ビル
十段位芝野虎丸(第58期)

仕組み

予選A
日本棋院(東京総本部)と日本棋院(中部総本部)・関西棋院と所属ごとに分かれて行う。

東京予選予選B・C勝ち上がり26名、シード棋士らによるトーナメント。
関西・中部予選予選B・C勝ち上り10名、シード棋士によるトーナメント。

最終予選
東京都関西・中部の予選Aの勝ち上がり18名(東京13名、関西・中部5名)、シード棋士14名によるトーナメントで本選出場者8名を決める。

本戦予選トーナメント
最終予選勝ち上がり8名、前期ベスト4、敗者復活戦2回戦勝者4名の計16名による2敗失格制トーナメント。優勝者が十段位と五番勝負を行う。

名誉十段

十段位を連続5期若しくは通算10期獲得した棋士には、「名誉十段」の資格を得る。引退後または60歳以降に名乗る権利を得る。2020年現在、称号故障者・資格保持者は存在しない。(最高記録は加藤正夫の4連覇通算7期・王立誠の4連覇であり、将棋界の永世称号含め称号保持者がいないのは十段戦だけである。)

挑戦手合五番勝負結果(第56期~)

第56期十段戦(2017年度)

対局者第1局第2局第3局第4局第5局
井山裕太十段防衛
村川大介八段

第57期十段戦(2018年度)
対局者第1局第2局第3局第4局第5局
井山裕太十段
村川大介八段奪取

第58期十段戦(2019年度)
対局者第1局第2局第3局第4局第5局
村川大介十段
芝野虎丸二冠奪取

第59期十段戦(2020年度)
対局者第1局第2局第3局第4局第5局
芝野虎丸十段
未定


関連タグ

囲碁 将棋 棋士 囲碁タイトルホルダー一覧
芝野虎丸 ・・・現十段(囲碁)

関連リンク

九段戦(全日本選手権)・十段戦|日本将棋連盟
十段戦|日本棋院
十段戦(将棋)-Wikipedia
十段戦(囲碁)-Wikipedia

関連記事

親記事

囲碁 いご

兄弟記事

コメント