ピクシブ百科事典

竜王戦

りゅうおうせん

竜王戦とは将棋の8大タイトル戦のひとつ。将棋界では名人戦と共に、将棋界最高峰のタイトルとされている。
目次[非表示]

概要

例年10月から12月にかけて行われ、将棋界における8大タイトルのなかでも名人戦とならんで最高格とされている。主催は読売新聞社で、1987年までは十段戦として開催されていた。

優勝賞金は将棋棋戦最高の4,320万円(準優勝でも賞金1620万円)。独自のランキング戦と本戦によって挑戦者(決勝トーナメント優勝者)を決定し、挑戦者が前期竜王と七番勝負を行う。

組が上位であるほど、また1組、2組では組の中での成績順位が上位であるほど、竜王在位者への挑戦権を得やすいシステムとなっている。

羽生善治九段・藤井猛九段・渡辺明名人・糸谷哲郎八段などは3組以下から竜王位を獲得しており、かつ全員初タイトルであるため、勢いのある若手が獲得しやすいことから『竜王戦ドリーム』と呼ばれる。

第33期竜王は豊島将之( 竜王(叡王)。

システムについて

決勝トーナメント(本戦)

将棋竜王戦 決勝トーナメント表(第19期以降)
将棋竜王戦 決勝トーナメント表(第2期~第18期)



いわゆるパラマストーナメント方式。
ランキング戦の組と順位により、上図のように位置があらかじめ定められたトーナメントを行う。本戦シードは(第1期以外)一切存在せず、他のタイトルホルダーであろうが前期の番勝負敗者であろうが、ランキング戦を勝ち抜かなければ本戦に出場できない。

最初の制度では組ごとに挑戦者決定戦進出に必要な勝ち数が決まっており、1組と2組からは順位に関係なく2勝、3組と4組からは3勝、5組と6組からは4勝が必要だった。

現行の制度では同じ組でも順位が高いほど、また、同じ順位でも上の組ほど挑戦者決定戦進出に必要な勝数が少なくなる。1組の優勝者は1勝すれば挑戦者決定戦へ進出できるが、同じ1組でも2位~4位では2勝、5位では3勝しなければ挑戦者決定戦に進出できない。また、2組2位は挑戦者決定戦に3勝必要で、2組優勝・1組2位より1回多い。

また、6組以外の優勝者の挑戦者決定戦進出に必要な勝数は組番号と同じであり、5組と6組の優勝者は5勝しなければ挑戦者決定戦に進出できない。

現在、左ブロックでは第33期(2020年度)で5組優勝の梶浦宏孝六段の4人抜きが最多である(高野五段、石井六段、木村九段、佐藤康九段を破り準決勝進出、準決勝で羽生九段に敗れた)。

挑戦者決定戦(本戦決勝)のみ三番勝負で行い、先に2勝したものが挑戦者となる。持ち時間は各5時間。なお、前述の通り、挑戦者となった者は3組以下であっても1組に昇級する。

現行の制度では1組の2位と3位は1組優勝者とは挑戦者決定戦まで当たらないようになっているが、4位と5位は1組優勝者に勝たないと挑戦者決定戦に進出できない。

これは、1組竜王ランキング戦は早く負けるほど本戦出場者決定戦で当たる相手が弱くなり有利になる側面があるため、わざと早く負けて低位通過を狙う棋士が出てくるのを防ぐためである。

1組優勝者と挑戦者決定戦まで当たらない3位以上で通過するためには準決勝まで進出しなければならないが、その準決勝で勝てば2位以上が確定するため、わざと負けるのは意味がないことになる。

ランキング戦
竜王戦の予選は、1組から6組までに分かれたトーナメント戦で始まり、これを「竜王ランキング戦」と呼ぶ。1組からは上位5名、2組からは上位2名、3組から6組からは優勝者各1名の計11名が本戦に出場する。

第18期までの本戦出場は、1組から上位4名(ベスト4)、3組から2名であったが、第19期から前述のような人数に変更された。同時に、各組の昇級枠・降級枠の人数も変更された(例:1組からの降級者と2組からの昇級枠は各々3名であった)。

各組において、準決勝までに敗れた棋士は、敗者復活の昇級者決定戦(1組は本戦出場者決定戦)に回り、その中で3位の昇級者(1組は本戦出場する3位-5位)や降級者が決まる。

昇級は1つ上の組に上がり、降級は1つ下の組に下がるのが原則である。ただし、3組以下から挑戦者が出た場合、挑戦者は、たとえ七番勝負で敗れても一気に1組へ昇級する。
この場合、次期の1組は17名、挑戦者が本来昇級して属するはずだった組は本来の定員マイナス1名で戦われ、1組からの降級者は5名に増える。

竜王ランキング戦

  • 1組・2組の決勝進出者各組2名は本戦に出場する。2組の決勝進出者2名は昇級もする。決勝戦の勝者が各組の優勝、敗者が2位となる。
  • 3組以下の優勝者各組1名は本戦に出場し、昇級もする。決勝戦敗者は本戦には出場しないが、昇級はする。
  • 1組の準決勝までに敗れた棋士達は、本戦出場者決定戦に回る。
  • 2組以下の準決勝までに敗れた棋士達は、昇級者決定戦に回る。

本戦出場者決定戦(1組のみ)
  • 1組の3位決定戦は、ランキング戦準決勝の敗者2名で行い、勝者が1組3位となる。
  • 1組の4位決定戦は、ランキング戦2回戦敗者4名によるトーナメントで、勝ち抜いた1名が1組4位となる。
  • 1組の5位決定戦は、ランキング戦1回戦敗者8名によるトーナメントで、勝ち抜いた1名が1組5位となる。
  • 5位決定戦1回戦敗退者4名は、2組へ降級する。

昇級者決定戦(2組以下)
  • 昇級者決定戦を勝ち抜いた各組2名は、昇級する。なお、昇級者決定戦はランキング戦でより上位で敗退した棋士ほど有利なトーナメントとなっており、1回戦を戦うのはランキング戦1回戦で敗れた棋士のみであり、準決勝で敗れた各組2名は1勝するだけで昇級が決定する。
  • 2組・3組の昇級者決定戦の1回戦で敗れた各組4名は、降級する。
  • 4組・5組の昇級者決定戦の1回戦で敗れた各組8名は、残留決定戦に回る。

残留決定戦(4組・5組)
  • 1対1の形で行われ、その敗者各組4名が降級する。
  • すでにフリークラスの年限を満了しての引退が確定している棋士(結果がどうであれ次期の竜王戦には出場しない)であっても、昇級者決定戦・残留決定戦まで出場が可能である。故・大内延介九段や淡路仁茂九段のように、現役最終局となった残留決定戦を白星で飾って引退する例もある。
  • また桐山清澄九段や藤倉勇樹五段のように、ランキング戦5組での残留を決めて1年間竜王戦のみの出場権を得る例もある(5組において残留を決めた場合は、翌期のみ竜王戦に出場できるため)。

各クラスの規定
クラス定員決勝T進出者昇級人数降級人数賞金(万円)備考
1組16名5名-4名優勝:460、準優勝:1151組以外から竜王が出た場合、17名
2組16名2名4名4名優勝:360、準優勝:93
3組16名1名4名4名優勝:360、準優勝:62
4組32名1名4名4名優勝:260、準優勝:52
5組32名1名4名4名優勝:155、準優勝:41
6組定員なし1名4名-優勝:93、準優勝:20女流棋士4名、奨励会三段1名、アマチュア5名

竜王戦挑戦手合七番勝負
  • 決勝トーナメントを勝ち抜いた棋士(挑戦者)が前期竜王と七番勝負を戦う。先に4勝したほうが新たな竜王となる。七番勝負は全国各地の旅館やホテルなどで開催される。
  • ちなみに1990年代はほぼ毎年、以降は数年に一度のペースで、海外で七番勝負の初戦を戦うことがあり、白鳥士郎のライトノベル「りゅうおうのおしごと!」でも九頭竜八一名人の初戦をハワイで開催する描写がある(実際に第26期竜王戦【森内俊之竜王-糸谷哲郎七段】第1局はハワイで開催されている)。2017年の第30期からはセルリアンタワー地下の能楽堂で一部が公開される形で対局が実施されている。
  • このようなシステム上、若手棋士が奪取する可能性が高く竜王が初タイトルとなった棋士が少なくない。また全員がA級経験者である。

竜王戦による昇段規定
竜王戦は将棋界最高峰のタイトル戦であるためか、ランキング戦昇級・優勝などによる昇段規定が存在する。
規定可能段位→昇段段位
連続2期昇級or通算3回優勝四段→五段、五段→六段、六段→七段
ランキング戦1組へ昇級六段→七段
ランキング戦2組へ昇級五段以下→六段
竜王挑戦六段以下→七段
竜王獲得七段→八段
竜王通算2期獲得八段→九段

永世竜王
竜王位を連続5期もしくは通算7期以上保持した棋士は永世竜王の永世称号を与えられる。2019年12月現在、永世竜王の資格を持つ棋士は、渡辺明名人(2008年)と羽生善治九段(2017年)の2名である。

歴代竜王

獲得順に記載。カッコ内数字は獲得数。※は永世竜王資格保持者。

棋士竜王戦における活躍(段位は2020年8月現在)
島朗(1)読みは「しま あきら」。初代竜王。ただしその一期のみで、以後は絡めなくなった。C級1組九段。
羽生善治(7)※将棋界のスーパースター。2017年に渡辺明から竜王位を奪取。竜王獲得通算7期によって、永世竜王永世七冠を達成した。A級九段。
谷川浩司(4)十七世名人資格保持者。中原以降羽生以前の最強棋士。B級2組九段。
佐藤康光(1)現日本将棋連盟会長。1994年に羽生から竜王を奪取するが、翌年、羽生に取り返される。A級九段。
藤井猛(3)藤井システムと呼ばれる独特の振り飛車戦法の開拓者。特に実戦投入当初の竜王戦では猛威をふるい、藤井猛の三連覇の原動力となった。しかし4連覇はならず、羽生に取り返された。B級2組九段。
森内俊之(2)十八世名人資格保持者。2003年に羽生から奪取したが、翌年に渡辺に奪われる。以後9連覇と無双されるも、2014年に取り返す。しかし2015年に糸谷哲郎七段に奪われた。フリークラス(宣言)九段。
渡辺明(11)※竜王の最多獲得者(11期)。永世二冠(竜王・棋王)資格保持者。かつては羽生を竜王戦で3連敗からの4連勝で下すなどの無類の強さを誇っていたが、2017年にスランプ期と重なってしまったこともあり、羽生に竜王を奪われるが、2019年より徐々に復調しはじめ、現在名人を含む三冠(王将・棋王)を保持する。九段。
糸谷哲郎(1)通称ダニー(先生)。将棋界では極めて珍しい修士号もちの棋士。2015年に1期だけ竜王位に就いていたが、渡辺に取り返される。A級八段。
広瀬章人(1)2015年の王位戦で羽生王位に挑戦し魂を抜かれた人という都市伝説で有名であったが、2018年にその羽生から竜王を奪取し、そのネタを自らの手でふっとばした。ちなみに初タイトルが竜王または名人でない、初の竜王就位者である(2010年度王位獲得)。A級八段。
豊島将之(2)長く「無冠の帝王」と言われタイトルに縁がなかったが、2018年、羽生から棋聖、菅井竜也から王位を奪取、翌年佐藤天彦から名人のタイトルも奪取した。しかし、2019年に渡辺に棋聖を、木村一基九段に王位を奪取されたなか、渡辺を破り挑戦権を獲得。番勝負では4勝1敗で広瀬を破り、羽生・谷川・森内に次ぐ史上4人目の竜王・名人となった。A級九段。

歴代番勝負結果(第27期~第33期)

(注)太字は新竜王・※は三浦九段の疑惑事件による繰り上げ挑戦

竜王位 勝敗(竜王より)挑戦者 1組優勝2組優勝3組優勝4組優勝5組優勝6組優勝
33豊島将之○●○○○羽生善治羽生善治佐々木勇気藤井聡太石井健太郎梶浦宏孝高野智史
32広瀬章人●●●○●豊島将之渡辺明佐藤天彦鈴木大介藤井聡太近藤誠也梶浦宏孝
31羽生善治○○●●○●●広瀬章人広瀬章人三浦弘行千葉幸生増田康宏藤井聡太都成竜馬
30渡辺明●●○●●羽生善治3松尾歩稲葉陽村山慈明佐々木勇気増田康宏藤井聡太
29渡辺明○●●○○●○丸山忠久※丸山忠久郷田真隆永瀬拓矢中座真黒沢怜生青嶋未来
28糸谷哲郎○●●●●渡辺明羽生善治稲葉陽真田圭一3永瀬拓矢斎藤慎太郎千田翔太
27森内俊之●●○●●糸谷哲郎3羽生善治行方尚史糸谷哲郎中村太地高見泰地藤森哲也

第33期竜王戦【第32期竜王:豊島将之】

挑戦手合七番勝負

対局者第1局第2局第3局第4局第5局第6局第7局結果
豊島将之竜王防衛
羽生善治九段

挑戦者決定戦三番勝負
対局者第1局第2局第3局結果
羽生善治九段【1組優勝】挑戦権獲得
丸山忠久九段【2組2位】

決勝トーナメント

第33期竜王戦 決勝トーナメント【挑戦者決定時点(9/20)】



ランキング戦(1組)
※は決勝トーナメント進出者(◎は挑戦者)

優勝2位3位4位5位降級者
1組羽生善治九段◎佐藤和俊七段※久保利明九段※佐藤康光九段※木村一基九段※渡辺明名人、屋敷伸之九段、広瀬章人八段、橋本崇載八段

ランキング戦(2組~6組)
優勝2位3位3位降級者
2組佐々木勇気七段※丸山忠久九段※糸谷哲郎八段澤田慎吾七段鈴木大介九段、中村太地七段、三枚堂達也七段、西川和宏六段
3組藤井聡太杉本昌隆八段千田翔太七段菅井竜也八段畠山鎮八段、北浜健介八段、佐藤紳哉七段、村山慈明七段
4組石井健太郎六段※船江恒平六段都成竜馬六段近藤誠也七段島朗九段、塚田泰明九段、畠山成幸八段、阪口悟六段
5組梶浦宏孝六段※阿部光瑠六段金井恒太六段村田顕弘六段佐藤秀司八段、中村亮介六段、牧野光則五段、井出隼平四段
6組高野智史五段※星野良生四段本田奎五段池永天志四段(なし)

関連イラスト

竜王戦最終局、羽生善治


第31期竜王戦記念イラスト


りゅうおうのおしごと


※それ違う世界の「りゅうおう」や。

関連タグ

将棋 棋士 将棋タイトルホルダー一覧 将棋タイトル戦の進行状況
羽生善治(2017年度) 渡辺明(2008年度)…永世竜王資格保持者。 
豊島将之…第33期(現)竜王。

りゅうおうのおしごと!…主人公が竜王位である。
九頭竜八一…プロ1年目、16歳でタイトルを獲得した棋士と設定されている。
名人(りゅうおうのしごと!)…永世竜王の称号獲得にあと1期必要と設定されている。

関連リンク

竜王戦|日本将棋連盟
竜王戦中継-日本将棋連盟
竜王戦中継plus

関連記事

親記事

将棋 しょうぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「竜王戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4007

コメント