ピクシブ百科事典

森下卓

もりしたたく

日本の将棋棋士九段。将棋界での異名は「無冠の帝王」。
目次[非表示]

概要(基本プロフィール)

棋士番号161
生年月日1966年7月10日(54歳)
出身地福岡県北九州市
師匠故・花村元司九段
段位九段
保持タイトル-
竜王戦4組(1組-17期)
順位戦C級1組33位(A級-11期)

弟子に増田康宏六段がいる。また、矢倉戦法の一つである森下システムを考案した。

棋歴

年度主な実績
1978年度花村九段門下として6級・12歳で奨励会に入会。
1983年度同年9月、17歳で四段昇段(プロ入り)。
1985年度第24期王位戦で挑戦者決定リーグ入り。中原名人を破るなど善戦するが、3勝2敗で陥落。
1988年度第47期C級2組順位戦で9連勝でC級1組へ昇級を決める(同期昇級には佐藤康光四段もいた)。
1990年度第21期新人王戦で大野八一雄五段を2勝0敗で破り、棋戦初優勝。同年、第6期天王戦で阿部隆五段を破り、全棋士参加棋戦初優勝。
1991年度第9回全日本プロ将棋トーナメントで桐山清澄九段を3勝1敗で破り、棋戦優勝。
1993年度第52期B級1組順位戦で8勝3敗の成績でA級昇級と八段昇段を決める。
2007年度第28回将棋日本シリーズ森内俊之名人を破り、棋戦優勝。
2008年度第29回将棋日本シリーズで深浦康市王位を破り、2連覇を達成。
2017年度第76期B級2組順位戦で3勝7敗の成績となり、C級1組への降級が決定した。

余談

  • 矢倉戦法の一つである森下システムを考案した。これにより、のちに2005年度将棋大賞の升田幸三賞特別賞を受賞。
  • 花村元司九段門下となった経緯は地元・北九州のアマ時代の先生の尽力。面識がないなか、「頼んでみよう」と花村に手紙を送ってくれたという。試験将棋を経て入門を認められ奨励会試験を受けることになった。当時は森下本人も周囲も全く受かると思っておらず、思い出受験の気持ちもあったと語っている。
  • 羽生善治九段が七冠を達成した際、周囲からは賞賛する声が多い中で、森下は「棋士全員にとって屈辱です。」と発言し、一人気概を見せていた。なお、羽生が七冠となる過程の名人戦と棋王戦は森下自身が挑戦し奪取に失敗したものであった。
  • 一人息子の森下大地は俳優で、2014年にデビューを果たし、NHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演するなどしている。
  • 2014年、第3回将棋電王戦第4局に副将として出場。対局相手となった将棋プログラムの「ツツカナ」を相手に得意戦法の一つである矢倉囲いで立ち向かうも、135手で敗退した。同年12月31日には、秒読み10分、継盤使用という森下の提案による特殊ルールでツツカナとリベンジマッチを行なった。勝勢を築くが、対局開始から20時間以上経過しても決着がつかず、翌2015年1月1日5時に指し掛けとなった。


棋戦優勝履歴

八大タイトル戦(登場予定も含む)
☆は永世称号資格保持

棋戦名獲得数(年度)登場回数(年度)備考
竜王-1回(1991年度)
名人-1回(2021年)
叡王--
王位--
王座-2回(2018年度~2019年度)
棋王--
王将--
棋聖-1回(2017年度)
 登場6回

一般棋戦
棋戦名優勝回数
全日本プロトーナメント1回 (1991年度)
天王戦1回 (1990年度)
将棋日本シリーズ2回 (2007年度・2008年度)
オールスター勝ち抜き戦3回 (1989年度・1990年度・1996年度)
新人王戦1回 (1990年度)
 計8回

関連リンク

将棋 棋士 無冠の帝王 羽生善治

外部リンク

森下卓|棋士データベース|日本将棋連盟

関連記事

親記事

棋士 きし

兄弟記事

コメント