ピクシブ百科事典

王位戦

おういせん

王位戦は、ブロック紙3社連合(北海道新聞社、中日新聞社、西日本新聞社)と神戸新聞社、徳島新聞社主催の将棋棋戦で、八大タイトル戦のひとつ。
目次[非表示]

概要

将棋界の八大タイトル(名人戦、竜王戦叡王戦王位戦王座戦王将戦棋王戦棋聖戦)のひとつである。前期王位と挑戦者が七番勝負を戦い、勝者が新王位となる。

1954年に産経新聞社主催の一般棋戦「産経杯」が準タイトル戦「早指し王位決定戦」に発展的解消されて始まった。1960年には、ブロック紙3社連合(北海道新聞社、中日新聞社、西日本新聞社)が主催に加わり、正式にタイトル戦に昇格した。1962年に産経新聞が主催から離脱。その後1973年には神戸新聞社が、1984年には徳島新聞社が主催に加入した。

第61期(2020年度)時点での王位在位者は藤井聡太である。

システムについて

予選・挑戦者決定リーグ・挑戦者決定戦によって挑戦者を決定する。

王位戦挑戦手合七番勝負
王位と挑戦者が七番勝負を戦い、先に4勝したほうが新たな王位となる。七番勝負は全国各地(おもに主催各紙の掲載エリア)の旅館や料亭などで行われる。

挑戦者決定戦・挑戦者決定リーグ

将棋王位戦 挑戦者決定戦&挑戦者決定リーグ表


シード各組2名の計4名(前期王位戦の敗退者、前期挑戦者決定戦進出者、挑戦者決定戦リーグ残留者)と、当期予選を勝ち抜いた各組4名の計8名が、紅組・白組の2リーグに分かれ、総当たり戦を行う。

前期七番勝負の敗者は紅組、前期挑戦者決定戦の敗者は白組に入る。
前期2位でシード権を得たリーグ残留者について、前期挑戦者決定戦敗者の組にいた者は紅組、前期挑戦者決定戦勝者の組にいた者は白組に入る。
紅組・白組それぞれのリーグ1位が挑戦者決定戦に進む。各組の1位・2位はリーグ残留となり、次期の挑戦者決定リーグへのシード権を得る。各組3位~6位はリーグ陥落となり、来期予選からの登場となる。
リーグ各組内で、トップの成績が複数名となった場合、以下の規定によって上位2名を決定する。

〈プレーオフ・残留決定規定〉※第56期より

4勝1敗で並んだ場合該当者数に関わらずプレーオフを行う。3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる。
3勝2敗で並んだ場合該当する直接対決の成績>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決定する。それでも差のつかなかった場合には決定戦を行う。

予選
王位在位者を除く全棋士、女流棋士2名(女流王位在位者・女流王位戦挑戦者)が参加するトーナメント戦である。
トーナメント表は8つの組に分かれ、それぞれの組を勝ち抜いた計8名が挑戦者決定リーグに進出する。前期挑戦者決定リーグ陥落者8名と前期予選決勝敗退者8名は別の組に振り分けられる。

他の棋戦では、タイトルホルダーやA級棋士は下位予選が免除される場合が多いが、王位戦ではこのような上位棋士シードが一切無く、前年度からのシード4名(および王位在位者)以外のすべての棋士が、予選2回戦までには登場する。そのため、予選段階での番狂わせが他棋戦より起こり易いという特徴がある。

永世王位
王位を通算10期または連続5期以上獲得した棋士には、永世称号である「永世王位」が与えられる。2020年4月1日現在の永世王位は大山康晴十五世名人および中原誠十六世名人、永世王位資格保持者は羽生善治九段である。

余談

  • 2019年度、第60期王位戦では挑戦者となった木村一九段が豊島将之王位から奪取。46歳3ヶ月での初タイトル獲得は、有吉道夫九段が持っていた記録(37歳6ヵ月、棋聖位)を8歳以上更新する初タイトル獲得の最年長記録となった。
  • 2020年度の第60期王位戦では、6月23日に行われた挑戦者決定戦において藤井聡太七段が永瀬拓矢二冠を破り、棋聖戦に続く17歳11か月での王位挑戦を決めた。これは(当然だが)王位戦における最年少挑戦記録である。木村王位との七番勝負をストレートで制し、史上最年少で王位獲得・二冠達成・八段昇段を達成した。

第62期(2021年度)王位戦

王位/挑戦者第1局第2局第3局第4局第5局第6局第7局結果
藤井聡太王位
豊島竜王羽生九段

挑戦者決定戦

棋士名勝敗
紅組豊島将之竜王
白組羽生善治九段
挑戦者決定リーグ
※対局結果は2021年5月7日確定
紅組(挑決進出=1名,陥落=4名)
順位氏名勝敗対局結果結果
1木村一基九段3勝2敗○豊島 ○片上 ●澤田 ○佐藤 ●斎藤陥落▼
2豊島将之竜王4勝1敗●木村 ○斎藤 ○佐藤 ○澤田 ○片上挑決◎
3斎藤慎太郎八段3勝2敗●澤田 ●豊島 ○佐藤 ○片上 ○木村陥落▼
3佐藤天彦九段2勝3敗○片上 ●豊島 ●木村 ●斎藤 ○澤田陥落▼
3澤田真吾七段3勝2敗○斎藤 ○木村 ○片上 ●豊島 ●佐藤残留△
白組(挑決進出=1名,陥落=4名)
順位氏名勝敗対局結果結果
1永瀬拓矢王座3勝2敗○池永 ○長谷部 ○羽生 ●佐々木 ●近藤陥落▼
2羽生善治九段4勝1敗○長谷部 ○池永 ○近藤 ●永瀬 ○佐々木挑決◎
3佐々木大地五段3勝2敗○近藤 ○長谷部 ●池永 ○永瀬 ●羽生残留△
3長谷部浩平四段0勝5敗●羽生 ●佐々木 ●永瀬 ●近藤 ●池永陥落▼
3池永天志四段2勝3敗●永瀬 ●羽生 ●近藤 ○佐々木 ○長谷部陥落▼
3近藤誠也七段3勝2敗●佐々木 ●羽生 ○池永 ○長谷部 ○永瀬陥落▼

関連タグ

将棋 将棋タイトルホルダー一覧
羽生善治 大山康晴 中原誠 ・・・永世王位(資格保持者含む) 
藤井聡太 ・・・第61期王位

関連リンク

王位戦|日本将棋連盟
王位戦中継サイト❘新聞三社連合

関連記事

親記事

将棋 しょうぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「王位戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 575

コメント