ピクシブ百科事典

順位戦(将棋)

じゅんいせん

順位戦(じゅんいせん)とは、将棋の棋戦のひとつで、名人戦への挑戦権を争う棋戦である。 棋士にとっては重要な棋戦である。
目次[非表示]

概要

  • 棋士が5つのクラス(A級・B級1組・B級2組・C級1組・C級2組)に分かれ、1年間かけてリーグ戦を戦う。但し名人とフリークラス(後述)の棋士は参加しない。最上位クラスであるA級順位戦の優勝者が名人と七番勝負を行なう。
  • 所属クラスによって給与や対局料、他棋戦のシード権などに大きく影響するため、棋士にとって重要な棋戦である。また、順位戦の昇級による昇段規定が存在する。
  • 年間を通して行われるリーグ対局(9局~12局)の成績により所属クラスと順位が決定する。新人棋士はC級2組に所属する。
  • 1年に1度しか昇級できないため、棋士になってから名人になるまでに最短でも5年かかる。4年でA級昇級は中原誠十六世名人、加藤一二三九段の2名。5年で名人になった棋士は存在しない。最年少A級は加藤一二三九段の18歳、最年少名人は谷川浩司九段の21歳である。

方式

A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5クラスと、順位戦不参加のフリークラスからなる。

各クラスの昇降級規定

※2020年度以降の基本規定。細部は後述する

クラス定員リーグ方式昇級人数降級人数持ち時間備考
A級原則10名総当たり全9局(優勝者が名人挑戦権獲得)2名6時間ストップウォッチ方式昇級で八段
B級1組原則13名総当たり全12局2名3名6時間ストップウォッチ方式昇級で七段
B級2組定員なし全10局3名若干名(仕組みについては後述)6時間チェスクロック方式昇級で六段
C級1組定員なし全10局3名若干名(仕組みについては後述)6時間チェスクロック方式昇級で五段
C級2組定員なし全10局3名若干名(仕組みについては後述)6時間チェスクロック方式新人棋士・フリークラスからの復帰棋士は原則ここから
フリークラス定員なし(仕組みについては後述)

  • A級での優勝者が名人戦への挑戦権を得る。勝数が並んだ場合はパラマス方式によるプレーオフが行なわれる。名人挑戦権以外では、勝数が並んだ場合は各棋士の順位(=前年度の成績)によって順位付けされ、それを元に昇級・降級・降級点が決定される。この順位の差で昇級・降級に差がつくことは“頭ハネ”と呼ばれる。
  • A級、B級1組には定員が定められているが、フリークラス宣言、物故、休場などの例外措置などによって、定員を超過したり定員に達しない場合がある。その場合は降級者数の調整が行われる。例えば、B級1組が14人になった場合は降級者は3人となり、逆に12人となった場合は降級者は1人となる。
  • 毎年4月に全クラスの抽選が行なわれ、対局者と先手・後手が決まる。このため、事前に相手を研究しやすいという特徴がある。特に、森内俊之九段は順位戦との相性がよく、初参加の47期(1988年度)以来、69期(2010年度)までに参加した順位戦18期(うち、A級11期)すべてで勝ち越していた。
  • 持ち時間は双方6時間(タイトル戦を除くと最長で、一部のタイトル戦よりも長い)。この持ち時間で1日制のため、対局が深夜まで及ぶこともよくある。2004年に行われた第63期B級1組順位戦2回戦・行方尚史七段対中川大輔七段戦(段位は対局当時)では翌日の9時15分まで対局が行なわれた(持将棋1回、千日手1回、指し直しまでの休憩30分×2回含む)。2014年まではストップウォッチ採時だったが、2015年からはB級2組以下はチェスクロック採時に変わり、持将棋・千日手等になったりよほどの長手数にならない限り、日付をまたぐことはまれになった。

降級点システム(B級2組以下の降級規定)

  • B級2組以下のクラスでは成績不振で即降級、とはならず降級点というシステムが採用されている。各クラス成績下位22.5-25%(例えば20名在籍の場合で25%の場合、成績下位者5名)に降級点が付く。2019年からはこの降級点付与人数に調整が入るようになった。
  • 降級点はB級2組とC級1組では2つ累積、C級2組では3つ累積で降級となる。C級2組からの降級先はフリークラスである。
  • 但し、「勝ち越し」or「2期連続で指し分け」の成績を収めると、降級点を1つ消すことができる。但し、C級2組では1つ目の降級点を消すことはできない。

クラス内における順位

次期の各クラスのリーグ表では、以下の順で上から並べられる。

  1. 上位クラスからの降級者(A級は名人戦敗退者)
  2. (A級以外)休場者のうち降級対象者
  3. 残留者(B級1組は全ての残留者、A級は名人挑戦者を除く全ての残留者)
  4. (C級2組以外)下位クラスからの昇級者
  5. (B級2組以下)残留者のうち降級点を取った者
  6. (C級2組のみ)規定の成績を収めたフリークラス編入者(当年4/1~9/31)
  7. (C級2組のみ)当年度前期三段リーグ優勝者・準優勝者
  8. (C級2組のみ)規定の成績を収めたフリークラス編入者(当年10/1~3/31)
  9. (C級2組のみ)当年度後期三段リーグ優勝者・準優勝者
  10. 休場者のうち降級対象とならなかった者(「張出」として扱われる)

  • 上記のそれぞれの中で当期の勝敗順を第1優先とし、勝敗同点同士では、当期のリーグ表における順位を第2優先として順位付けをする。ただし、上記6.及び8.のフリークラス編入者については、規定の成績への到達が確定した順に上位に位置づけられる。
  • A級で勝敗数最上位者が複数の場合には名人挑戦者決定戦(プレーオフ)を行われるが、次期A級の2位以下の順位決定には、プレーオフの結果にかかわらず、リーグ戦での成績と今年度の順位のみで決定される。次期A級の1位については「名人戦で敗れた者が翌年度の順位が1位となる」規定が優先される。

フリークラス

  • c級2組の下位にある順位戦不参加クラス。規定の成績を満たさない限り、フリークラス棋士が順位戦に参加することはない。但し、その他の棋戦には参加できる。
  • フリ―クラス棋士には年齢又は在籍可能年数に基づく定年・引退の規定がある。その制度によって将棋界で成績不振が続くと最短13年で強制引退になる可能性がある(C級2組:3年+フリークラス:10年)。引退が自分の意志のみである囲碁界とは異なる。


フリークラス棋士の種類

フリークラス棋士には「編入」と「宣言」の2種類があり、制度上大きく異なる。

  • フリークラス「編入」
次の条件に該当した棋士は、フリークラスへ「編入」される。
  1. C級2組からフリークラスへの陥落
  2. 奨励会三段リーグで次点2回によるプロ入り
  3. プロ編入試験によるプロ入り
ここに所属する棋士は10年以内または60歳までに下記の成績を挙げると次期の順位戦にC級2組から出場できる。規定の成績を挙げられなければ強制的に引退となる。
  1. 年間対局で「参加棋戦数+8勝」かつ勝率6割
  2. 良い所取りで30局以上の勝率が6割5分
  3. 年間対局数が「(参加棋戦+1)×3」局以上
  4. 全棋士参加棋戦優勝、またはタイトル挑戦

  • フリークラス「宣言」
次の条件に該当した棋士は、フリークラスへ「宣言」をする権利がある。
  1. 翌期のB級1組以下の棋士(但し順位戦終了後に限る)
ここに所属する棋士は順位戦への出場権を失うが、下記年数までの現役を保証される。
  1. 順位戦在籍可能最短年数(宣言した時点でのクラスから、降級・降級点を毎年取り続けた時の順位戦に在籍できる年数。最大で8年。)
  2. 順位戦在籍可能最短年数に達した時点で50歳~64歳であれば65歳まで
  3. 49歳以下であれば+15年

順位戦におけるエピソード(記録・悲劇)

※適宜追加願います。

  • 4名によるプレーオフ(A級順位戦)
A級順位戦では同率1位が複数人発生した場合はパラマス方式によるプレーオフが行われるが、4名で行われたことが3回ある。
参加者は以下の通り(挑戦者になった棋士は太字、タイトル・段位は対局当時)
・第37期 森雞二八段(1位)、米長邦雄八段(3位)大山康晴十五世名人(4位)、二上達也九段(5位)
・第50期 谷川浩司竜王(2位)、南芳一九段(4位)、高橋道雄九段(6位)大山康晴十五世名人(7位)
・第73期 行方尚史八段(2位)渡辺明棋王(3位)、久保利明九段(7位)、広瀬章人八段(9位)
深浦九段は王位3期の実績がある一流棋士なのだが、こと順位戦においては恐ろしいほどの不運に見舞われているのである。
・第53期C級2組順位戦では、9勝1敗の4位で昇級枠の3人に入れなかった。(通常であれば9勝1敗は1位昇級でもおかしくない成績である)
・1999年度B級2組順位戦では深浦を含む3人が9勝1敗で並び、3人の中で順位下位の深浦は昇級を逃した。(通常であれば(ry
・ようやく昇級した第63期A級順位戦では、深浦を含む5名が4勝5敗で終えたが、深浦は新加入の為順位下位のためあえなくB級1組に降級。(通常であれば4勝5敗は余裕で残留する成績である)
・降級した翌年、B級1組で圧倒的な成績を収めA級へ復帰。そして迎えた第65期A級順位戦では、深浦を含む6名が4勝5敗で並び、前々期と同様に順位下位のため降級した。(通常であれば(ry
  • タイトル二冠王の降級
第70期A級順位戦では、久保利明二冠がA級からB級1組へ降級となった。タイトル二冠の降級は史上初。(この直後、久保は王将・棋王のタイトルを立て続けに失冠。この1か月で二冠王A級→九段B級1組となってしまった
  • 6名によるプレーオフ(A級順位戦)
第76期A級順位戦は三浦弘行九段の地位保全の影響で通常より1名多い11名で行われた。結果史上初の6社プレーオフが行われる運びとなった。
参加者は以下の通り(挑戦者になった棋士は太字、タイトル・段位は対局当時)
稲葉陽八段(1位)、羽生善治竜王(2位)、広瀬章人八段(4位)、佐藤康光九段(8位)、久保利明九段(9位)、豊島将之八段(10位)
屋敷九段は史上最年少で棋聖のタイトルを獲得するなど一流棋士だったのだが、第49期(1990年度)~第62期(2003年度)までの14年間C級1組から昇級できない状態が続いた。この間に屋敷は棋聖を3期獲得しており、次点4回も経験するなど好成績を収めていたにも関わらず昇級できなかったため「将棋界の七不思議」の1つに数えられている。
阿久津八段は朝日杯優勝の経験がある強豪棋士である。しかし、A級初参加となった第73期A級順位戦では0勝9敗と史上4人目の全敗でB級1組へ降級となった。その後第76期B級1組順位戦で2位の成績でA級へカムバックするのだが、A級2期目の第78期A級順位戦でも8連敗を喫し、A級17連敗の珍記録を叩き出した。しかし、9回戦で佐藤康光九段に勝利。A級18戦目にして初勝利を挙げた。
山崎八段はNHK杯2回優勝を含めた棋戦優勝8回・王座挑戦者経験のある強豪棋士である。しかし、順位戦においてはB級1組に連続13期在籍しており、複数回もA級昇級のチャンスを逃していた。しかし、第79期B級1組順位戦で9勝3敗2位の成績となり、順位戦参加23期目にして初のA級昇級となった。これは初昇級までに要した期間としては屋敷九段の22期を抜いて史上最長のものとなる(年齢換算では木村義徳九段が44歳で初のA級昇級を果たしている)。

第80期(2021年度~2022年度)名人戦・順位戦

名人/挑戦者第1局第2局第3局第4局第5局第6局第7局結果
名人在位者
挑戦者




※は降級点、降級点累計2個で降級

※は降級点、降級点累計2個で降級

※は降級点、降級点累計3個で降級(ただし1個目の降級点は消去不可能)

  • フリークラス棋士
※桐山九段・藤倉五段は竜王戦限定棋士である。
種別氏名フリクラ入り在籍可能年数
宣言森内俊之九段2017年4月1日~17
宣言小林健二九段2018年4月1日~1
宣言脇謙二九段2019年4月1日~5
編入桐山清澄九段2020年4月1日~竜王戦限定
宣言福崎文吾九段2021年4月1日~1
宣言浦野真彦八段2017年4月1日~8
宣言神崎健二八段2018年4月1日~8
編入西川慶二八段2018年4月1日~1
宣言泉正樹八段2019年4月1日~5
宣言神谷広志八段2020年4月1日~6
宣言有森浩三七段2007年4月1日~4
宣言木下浩一七段2009年4月1日~3
宣言所司和晴七段2010年4月1日~5
編入川上猛七段2011年4月1日~2
宣言小林宏七段2011年4月1日~6
宣言室岡克彦七段2012年4月1日~8
編入伊奈祐介七段2014年4月1日~3
宣言勝又清和七段2015年4月1日~10
編入石川陽生七段2015年4月1日~2
編入小倉久史七段2016年4月1日~4
宣言藤原直哉七段2017年4月1日~5
編入岡崎洋七段2018年4月1日~7
編入中座真七段2021年4月1日~10
編入村田智弘七段2021年4月1日~10
宣言山本真也六段2010年4月1日~6
宣言松本佳介六段2013年4月1日~8
編入上野裕和六段2013年4月1日~4
編入増田裕司六段2015年4月1日~4
編入大平武洋六段2021年4月1日~10
編入渡辺正和五段2019年4月1日~8
編入島本亮五段2020年4月1日~9
編入藤倉勇樹五段2020年4月1日~竜王戦限定
編入折田翔吾四段2020年4月1日~9
編入古賀悠聖四段2021年4月1日~10

関連タグ

将棋 名人 将棋タイトルホルダー一覧 
渡辺明・・・第78期名人位

関連サイト

名人戦・順位戦|日本将棋連盟
順位戦-Wikipedia
名人戦棋譜速報|将棋・名人戦順位戦棋譜速報サイト

関連記事

親記事

将棋 しょうぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「順位戦(将棋)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 544

コメント