ピクシブ百科事典

阿久津主税

あくつちから

日本の将棋棋士八段。「フォロー九段」と呼ばれる。
目次[非表示]

概要

阿久津主税は日本将棋棋士。1982年6月24日生まれ。滝誠一郎八段門下。兵庫県西宮市出身。棋士番号は233。出身は兵庫県だが、関東所属である。
竜王戦は2組、順位戦はB級1組10位(2020年より)。

棋歴

5~6歳ごろに父親より将棋を教わる。1994年、6級で奨励会に入会。1999年10月、四段昇段(プロ入り)。
2006年度、準タイトル戦である第25回朝日オープン将棋選手権戦挑戦者決定トーナメントで森内俊之名人、深浦康市八段らを破り決定戦進出。決定戦でも鈴木大介八段を破り、羽生善治朝日選手権者への挑戦権を獲得。羽生朝日との番勝負は1勝3敗で敗退。
2008年度、第2回朝日杯将棋オープン戦において、佐藤康光棋王を破るなどして決勝進出。決勝戦で久保利明八段に勝ち、全棋士参加棋戦初優勝を果たす。理事審議の「類まれなる成績」により七段昇段。
2009年度、第17期銀河戦決勝戦で深浦王位を破り棋戦優勝。
2013年度、第71期B級1組順位戦では9勝3敗2位の成績をおさめ、A級昇級と八段昇段を決めた。
2014年度、初参加となった第73期A級順位戦では不振にあえぎ、最終成績が0勝9敗となってしまい順位戦A級では史上4人目の皆勤全敗となった。
2017年度、第76期B級1組順位戦では、森内九段のフリークラス転出や三浦弘行九段の地位保全の関係で10名で行われた。結果最終成績が6勝4敗2位となり、4期ぶりのA級復帰を決めた。
2018年度、2期目となる第77期A級順位戦でも73期同様不振にあえぎ、8回戦時点で0勝8敗となり前回同様皆勤全敗となる可能性もあったが、最終局で佐藤康九段に勝利した結果最終成績1勝8敗での降級となった。

余談

2015年4月11日、電王戦FINALにおいて電王AWAKEと対局。しかし、阿久津は「あえて自陣に角を打たせる隙を作り(そこに角を打つと数手後に捕獲される)、ソフトに角を打たせるよう誘導する」というソフトの欠陥をついた指し手を行った。結果、序盤早々に元奨励会員の開発者が独自判断で投了し21手で阿久津の勝利となった。

棋風は居飛車党で、激しい攻め将棋。得意戦法は角換わり。羽生九段と同じ八王子将棋クラブの出身。

ルックスが話題になることがあり、山崎隆之八段・斎藤慎太郎八段が「西の王子」と呼ばれている事に因んで「東の王子」と呼ばれている。将棋ファンからは「あっくん」と呼ばれる事もある。

解説におけるフォローにも定評があり、ニコニコ生放送などでは一般の解説者であればコメントに困るような意気込みに対してもフォローを忘れない紳士である。よってネットでは「フォロー九段」と呼ばれることがある。

棋界きってのギャンブラーでもあり、麻雀競馬パチスロに目がない。


関連タグ

将棋 棋士 フォロー 王子

関連記事

親記事

棋士 きし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「阿久津主税」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント