ピクシブ百科事典

木村一基

きむらかずき

日本の将棋棋士九段。第60期(2019年度)王位。 ※画像中央の人物
目次[非表示]

概要

木村一基とは、日本の将棋棋士。「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つ(他には「将棋の強いおじさん」「おじおじ」といった愛称も持つ)。1973年6月23日生まれ。千葉県四街道市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号222。竜王戦は1組、順位戦はB級1組1位(2020年度より)。

経歴

1985年12月、12歳で奨励会に入会。三段リーグで苦戦し、1997年、23歳のときにプロデビュー。このようにどちらかというと遅咲きの棋士である。しかし、プロ入り後の活躍は目覚ましく、様々な棋戦で活躍。特に2001年の「勝率8割越えと60勝以上を同時達成」という記録は、歴代でも木村と羽生善治九段(1988年度)、藤井聡太七段(2017年度)しか成し遂げていない。2002年、新人王戦で棋戦初優勝。2006年度の第65期B級1組順位戦で9勝3敗の成績でA級昇級と八段昇段を決める。2010年度の第4回朝日杯将棋オープン戦で羽生名人を破り、全棋士参加棋戦初優勝。

一方、タイトル戦には2005年の竜王戦を初め6度挑戦したが、いずれも敗れていた。特に2009年の王位戦(対深浦康市王位)では、当初3連勝してタイトル獲得に王手をかけたものの、そこからまさかの4連敗を喫し、初タイトルを逃してしまった。タイトル獲得無しでのタイトル戦登場6回は森下卓九段と並んで史上最多タイ、タイトル戦番勝負10勝はタイトル獲得のない棋士の中では史上最多だった。また、「勝てば初タイトル」となる対局での8連敗も史上最多だった。
2010年度の第69期A級順位戦では3勝6敗で降級となるも、2018年度の第77期B級1組順位戦で8勝4敗の成績で9期ぶりにA級に復帰。

2019年、第60期王位戦では挑戦者決定戦で羽生九段を破り7度目挑戦を決める。名人を含む三冠を保持していた豊島将之王位を4勝3敗のフルセットで破り、悲願の初タイトルを獲得。
46歳3ヵ月での初タイトルは、有吉道夫九段の37歳6ヵ月を上回る最年長初タイトルである。
プロ入りから22年、「勝てばタイトル」の対局は実に9度目。座右の銘「百折不撓」を体現した瞬間であった。しかし、復帰を決めた第78期A級順位戦では4勝5敗と善戦するも、惜しくも降級となった(この時4勝5敗が6人もおり、A級に復帰したばかりの木村は最下位の10位だったため)。他にA級順位戦で4勝を挙げたが降級した棋士は、深浦康市九段・渡辺明三冠のみである。

2020年度の第3回AbemaTVトーナメント(非公式戦)では「チーム木村」のリーダーとして参戦する。


余談

居飛車党の棋士であり、相手の攻め駒を攻め返す強靭な受けを得意とし、不利な状況でも粘り強く諦めない棋風である。解説者としても定評があり、懇切丁寧で解りやすくボケ・毒舌・ぼやき・自嘲を交えたサービス精神旺盛な解説は将棋ファンから広く支持されている。ニコニコ動画では解説名人の称号を(タグで)与えられている。

関連タグ

将棋 棋士 王位戦 おじさん 将棋タイトルホルダー一覧
行方尚史 野月浩貴 ・・・第3回AbemaTVトーナメント「チーム木村」メンバー

関連リンク

木村一基|棋士データベース|日本将棋連盟

関連記事

親記事

棋士 きし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「木村一基」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3657

コメント