ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:石見舞菜香(「フユキャラソン」で判明)

概要

2019年のまんがタイムきららMAX4月号(単行本8巻)にて初登場したキャラクター。
ホテルのシャワーが壊れたためココア達とスパリゾートに訪れたチノが出会った、チノと同年代の少女で、大人達とチェスに興じ打ち負かしていた。
一緒にいたココアがけしかける形でチノとも対戦、この対局でチノは初めてチェスで同年代相手に敗北を喫することになる。

数日後(同年7月号)、単独行動中に迷子になったチノを駅で目撃、その後ティッピーぬいぐるみを落としてしまったチノに猫の顔を借りて声をかける形で再会した。1時間ほど一緒に探すも見つからずにその場で別れ、この時にチノと名前を教え合うことになる(ぬいぐるみはココアに会いに来ていたココア父が拾っていた)。

旅行最終日の夜(単行本9巻)には、皆とはぐれたココアと再会。この時に進学のために地元を離れること、友達の猫たちとしばらく会えなくなることへの寂しさを零すが、「外の世界に踏み出す一歩が凄いんだよ」というココアの言葉に勇気づけられる。

季節が巡り、チノがココアたちの高校に入学した最初の日に、チノと同じ高校のクラスメイトとしてまさかの再会を果たす。
チノとはすぐに友人になったが、なんと彼女の居候先はチノたちの街に進出してきた都会の大手コーヒーチェーン店「ブライトバニー」であることが発覚。チノとは友人でもあり、ライバルでもあるという関係となった。

名前の由来はハーブの一種であるナツシロギクの英名「フィーバーフュー」からと思われる。
また、うさぎとの関わりが強い本作の中では、唯一との関連性が目立つ点も異色さを引き出している。

性格

大人しくて引っ込み思案。だが雑誌で見た木組みの街の暖かさに憧れて、地元を離れ遠くの街に進学するという思い切った行動力を見せることも。
ココアは彼女と初めて話した後、彼女のことを「昔のチノちゃんみたいな雰囲気」と評していた。

「一対一じゃない対話はちょっと怖い」と本人が言うように、集団での会話が苦手のようだが、初登場時には大人ともチェスで対戦できていた様子を見るに、一対一であればある程度のコミュニケーションは取れる模様。

余談

2021年のごちうさ公式サイトでのエイプリルフール企画探索ゲーム「Seven Rabbits Sins」のエンディングに登場。そこで彼女が木組みの街に行く前日に見た夢だったと判明する。

関連タグ

ご注文はうさぎですか? フユ 
香風智乃 保登心愛

関連記事

親記事

ご注文はうさぎですか? ごちゅうもんはうさぎですか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風衣葉冬優」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1321398

コメント