ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ご注文はうさぎですか?」に登場するコーヒー主体の喫茶店で、同作の主な舞台。

主人公・ココアのアルバイト先兼ホームステイ先であり、マスター志望の跡取り・チノの他、リゼもアルバイトとして働いている。

店内は木材が目立つ昔風の喫茶店で、あまり広くない。設立者であるチノ祖父の言によれば「隠れ家的なお店」を目指していたとのこと。
マスコット的にアンゴラウサギティッピー(♀)が飼われており、チノが(おじいさんのような声の)腹話術(とされている)で喋ったりする。

夜間にはバーとしても営業しており、現マスターである香風タカヒロがバーテンダーとなり、青山ブルーマウンテンもこの時間にときどき働いている。
その為、カウンターの中にはコーヒーだけでなくおも多数置いてあり、途中からバータイム用の吹き矢も置くようになった。

サービスとしてチノが行う「コーヒーを飲み終えた後のカップ占い」もあり、(先代の祖父ほどでは無いが)よく当たると評判。
しかし喫茶店としては凡庸であまり流行ってはおらず、お客がいない事や青山さんしかいない事も割とある。

事実、開店後しばらくの経営は思わしくなかった様で、タカヒロが父の反対を受け流して導入した夜のジャズバーが人気を博し、以降はそちらの方が収入の大半を占めるようになった模様。
雑誌に記事が載った時も夜のバータイムの記事の方が大きくて、ティッピーが何だか凄い顔をしていた。
タカヒロの友人であるリゼの父と彼の部下は、時々お節介を焼いて売り上げに協力しようとするが、基本的に断られ店の手伝いに留まっている。

建物は香風家の邸宅も兼ねており、一家+ココアの居住区画は裏手と2・3階。
奥には仲間内でパン作りできるような広い厨房が存在し、チノによると「おじいちゃんが(ピザを焼くために)調子に乗って買った」大きなオーブンもあるが、ココアがパンを焼きはじめるまで使われていなかったもよう。

制服

制服は、昼間の喫茶店用とバータイム用が別々にある。

ラビットハウス
ご注文はうさぎですか?
しゅうごうっ!*´ㅅ`)"
ご注文はうさぎですか?


喫茶店用は元々チノのお母さんが作成したもので、完成品は「水色:チノ、紫:リゼ、ピンク:ココア」の3着があった。

水色はマヤが、紫はマヤとユラ、ピンクはメグが着たことがある。
もう2着(緑と黄色)は作りかけのままだったが、単行本6巻においてココアが完成させ、

千夜ちゃん
シャロちゃんバースデー記念


アニメ1期のオープニング通り、緑を千夜が、黄色をシャロが着ている。

さらに、リゼが新しく追加で、

ラビットハウス制服のマヤメグ


スカイブルー(マヤ用)とサーモンピンク(メグ用)を作成した(なお初めて手伝ったとき、マヤはブラック、メグはホワイトの制服が欲しいと言っていたがこれは実現していない)。

ココアのピンクの物のみ、ココアの実家にてレプリカが1着作られて帰郷したココアへのサプライズで使われている(普段はモカ

ベーカリークィーン
モカさん


モカが都会に出てからはココア母が着ている)。
よって単行本9巻時点では、ラビットハウスの喫茶店冬制服はラビットハウスの7着とベーカリー保登のレプリカ1着の計8着が存在している

……実は喫茶店用の制服は冬服しかなかったため、お客さん達にやんわりと「暑くないの?」と言われ続けていた。

ラビットハウス
チノ、ココア、リゼ


その後、ココアが来て2年目にやっと夏制服が誕生した。単行本9巻時点では3着存在する。

※なお、夏制服を作る際。チノ用の水色とリゼ用の紫の布は、生地屋で見つかったが、ココア用のピンクの生地が見つからなかった。しかしラビットハウスの倉庫内にて、チノの母親が残していた生地をココアが発見。それを用いて完成する。
しかしその布地の裏は、変なウサギが描かれたもの。ココアは完成した夏制服を裏返し、ウサギ柄を表にして着用、青山さんに見せていた(5巻1話)。

バータイム用の制服は、

父
センシティブな作品


タカヒロと、

[リクエストから]青山さん(ごちうさ)
青山ブルーマウンテン
青山ブルーマウンテン
バーテンダー青山


青山さん。
その他に、リゼの父、真手凛などが着ているが、

天々座理世


マヤに制服を貸したリゼが着た事もある。回想ではマスターも着ている。

簡単な過去の歴史

  1. チノの祖父(マスター)が開店。そのために借金もしている。
  2. 学生時代に青山さんがよく訪れて、小説「うさぎになったバリスタ」の構想を練る。
  3. 甘兎庵とコラボした「コーヒーあんみつ」を出していたが、やめてしまう。
  4. 祖父がティッピーを連れて出た公園で幼い女の子に愚痴を聞かれて、「おじいちゃんのごちゅうもん」がかなうようにおまじないをしてもらう。
  5. 青山さんが来なくなった頃、タカヒロが仕事を手伝うようになる。「うさぎになったバリスタ」によると、バータイムにジャズをやるようになり、つぶれかかっていた店の経営が軌道に乗ったという。チノのお母さんも歌を担当して、派手な衣装でショータイムもしていた写真が残っている。バンドのメンバーだったリゼの父もこの頃から手伝っている。
  6. チノのお母さんが亡くなる。
  7. ココアが来る前年に祖父が亡くなる。前後してティッピー(♀)も死亡した模様。
  8. その後にリゼがアルバイトに入る。

簡単な現在の歴史

  1. ストーリー冒頭、高校入学前の春に、ココアが下宿に来て、学校の方針でアルバイトに入る。
  2. 新たなメニューとしてココアの焼いたパンが加わる(下記参照)。パン祭りもするようになる。
  3. (フルール・ド・ラパン開店)
  4. マヤとメグが初めて手伝いをする(マヤ=紫、メグ=ピンク)。
  5. 青山さんが一時的に働き、以後は常連客として復帰、時々ヘルプにも入るようになる。
  6. モカさんが訪問する。
  7. 凛さんが青山さんを探しに来るようになる。バータイムに吹き矢コーナーができる。
  8. マヤが中学の職業体験をする(マヤ=水色)。
  9. 夏制服ができる。
  10. 凛さんでも飲める新メニューができる。
  11. 新しい4色の冬制服ができる。千夜、シャロ、凛さんが初めてヘルプをする。
  12. 卒業旅行に行ったココアたちの代わりに、ユラがヘルプに入る。
  13. (ブライトバニー木組みの街支店開店)


メニュー

Drink Menu

商品価格
オリジナルブレンド¥400
アメリカンブレンド¥400
アイスコーヒー¥400
ヒルスコーヒー¥450
ダッチコーヒー¥400
Arrange Coffee
商品価格
カフェ・オーレ¥400
カフェ・ラテ¥400
ウインナーコーヒー¥450
カフェ・カプチーノ¥500
モカチーノ¥500
Straight Coffee
商品価格
ブルーマウンテン¥500
グアテマラ・アンティグア¥450
キリマンジャロ¥500
ブラジル・サンスト¥450
モカ・マタリ¥500
コロンビア・スプレモ¥450
マンデリン・カロシ¥500
Other Menu
商品価格
紅茶(ストレート、レモン、ミルク)¥400
Food Menu
商品価格
サンドイッチ¥700
ナポリタン¥650
パンケーキ¥600
ケーキ¥500

※その他、上記以外にも「ハワイコナ」「ベネズエラ」「イタリアンロースト」「ドミニカ」「ミルクココア」などのメニューが存在しているようである。

本編の10年前には。甘兎庵とのコラボメニューである「コーヒーあんみつ」が作られていた。
また、原作四巻四羽(アニメ二期五羽)では、「ココア特製厚切りトースト」がメニューに加わり、こっそり来店したモカが注文している(ただしモカ本人は「もちもちが足りない!」と言っていたが)。

雑誌掲載

劇中にて、「walker」という情報誌に、甘兎庵、フルールとともに掲載された。
その際には見開きページで、昼は喫茶店、夜はバータイムを経営している事が記されていたが、同時にリゼ、ココア、チノの3人が並んで「ラビットハウスの看板三姉妹」と紹介されていた(記事内では「この三姉妹、全然似てないなあ」と記載)。
なお、同雑誌には、ラビットハウス、甘兎庵、フルール以外の、この町の喫茶店・飲食店が掲載・紹介されていた。
詳細はwalkerを参照。

また、「walker」とは別の雑誌「KIGUMI WALKING」という雑誌にも、クリスマスシーズンに発売された号にて宣伝記事が掲載された(6巻10話)。
記事に掲載されていたのは、「祖父から受け継いだ天国のコーヒー」。
クリームで作られたバラが浮かんだコーヒーで、小さなティッピーが添えられている(コーヒーシュガーか?)。
曰く「クリームの形がかわいらしいスペシャルコーヒー」「本当に美味しい!コーヒー飲めない私もこれは大好きです」。
取材したのは、青山ブルーマウンテンの担当編集・真手凛。タカヒロ曰く「かなり大々的に宣伝してくれた」みたいで、ラビットハウスに行列ができていた。見慣れない光景に、チノは思わず「ありえない」と自虐的な言葉を口にしてしまっていた。

関連イラスト

クリスマス うぇるかむかもーん
シャロ千夜



関連タグ

ご注文はうさぎですか? ご注文はうさぎですか?? うさぎになったバリスタ
香風智乃 香風タカヒロ ティッピー 香風咲
保登心愛 天々座理世 青山ブルーマウンテン
甘兎庵 フルール・ド・ラパン
喫茶店 バー

関連記事

親記事

木組みの街 ごちうさのぶたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラビットハウス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラビットハウス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 704080

コメント