ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール


概要

本作におけるヒロイン的な存在で、「キラ」を英雄視する美少女金髪ツーサイドアップにしている。
両親強盗に殺されと暮らしていた(映画版ではがいたが、前掲の強盗に殺される)が、「キラ」によりその強盗が殺されたことでキラに興味を抱く。
職業はティーンズ誌のモデル。芸能界にも進出しており、「ミサミサ」の愛称で人気を博し、タレント女優業もこなしている。その後なんとハリウッドデビューまでこぎつけた。
TVドラマ版では、アイドルユニット「イチゴBERRY」のメンバー(演者がFカップのためリュークからはボイン呼ばわりされている)で夜神月はファンの一人に過ぎなかった。

やがて月がキラだと知り、月が容姿端麗であったために一目惚れし、ますます好きになる。その思いはヤンデレに近いレベルの強い恋愛感情を月に抱いている。
明るく前向きな性格だが、幼稚で思慮の浅い部分が強く、また思い込みも激しい。品性もあまりよくないらしく、清美などへの乱暴な言葉遣いやワインのラッパ呑みなど、女性として少々問題のある言動が見受けられる。
一部の人物たちからは明け透けに『バカ』と断じられているが、自身の口車で火口にヨツバキラの自白を取ったり、月が動けない状況下において捜査本部のメンバーを相手にキラを演じたりと、意外な活躍をみせることもある。

ある出来事から死神レムと知り合い、「第二のキラ」として、彼女と行動を共にした。
レムから「死神の目」の契約をしているため、相手の名前と寿命を知ることができ、さらにレムの知り合いだった死神ジェラスのデスノートを所持している。そのため、月の裁きに便乗して勝手に「キラ」を名乗ってさくらTVにビデオメールを放送させ、それを逆探知したL一派に接近、わざと捜査させることで月がキラであると見抜いて(デスノートの所有者は「死神の目」で見ても寿命が見えない)自分が第二キラであることを明かす。
月も海砂が死神の目を有していることは自分にとってプラスであるため、愛情を偽装して月に利用され、月の最初の手駒となった。

公式美少女ではあり、実は頭の回転も速いが、月が好きだという感情を優先してしまうという意味では馬鹿と評されている。

ちなみに性格も容姿も子供っぽいのであまりそうは見えないが、実は月より年上である。

最後

最終回では未登場だったが、この時点(2010年1月28日)ではまだ生存しており、その後(2011年2月14日)に死亡した事が、公式解説本で明かされている。作者(大場つぐみ)によれば、「松田辺りが月が死んだ事をつい漏らしてしまい、それを苦に自殺したといったところ」と語っている。

アニメ版ではYB倉庫付近の建物の屋上の柵の外に立っているシーンで出番を終えており、その後の生死は不明。

実写映画版では、リュークの手によってノートに名前を書かれた月の死を目の当たりにし、深い悲しみに溺れながら逮捕されたが、Lによってノートが焼却されたことでキラとしての記憶を失い、解放された。その1年後、月の遺影を複数の蝋燭で囲み、月を偲ぶ様子が描かれている。この時、「何か大切なことを忘れている」と、キラとしての記憶の断片が残っているかのような言動を見せているものの、やはり思い出せずにいる様子を見せている。その後は女優業に復帰して何事も無かったように見えた。
しかし、『デスノート Light up the NEW world』において、「キラの復活」を目論む紫苑優輝の導きにより10年前のデスノートに関する記憶が復活。彼とともに6冊のデスノート争奪戦に関わり警察やLの後継者と戦う。そして「夜神月は生きている」という紫苑優輝の言葉を信じ再度死神の目の取引をするが、夜神月の写真を見るが名前が見えない=生存していないということを確認する。絶望した彼女は自らデスノートに「夜神月の腕に抱かれながら安らかに眠る」と書き込むが、夜神月は既に死んでこの世にいないため心臓麻痺により死亡。

Breeze



余談

ちなみに、彼女のイメージカラーはピンクである。(13巻のP116〜117参照)

関連イラスト

ミサミサ
みさみさ


デスノみたああああ
2011.2.14



関連タグ

DEATHNOTE 夜神月 L(DEATHNOTE) 松田桃太

関連記事

親記事

DEATHNOTE ですのーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「弥海砂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1183660

コメント