ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

人名はフルネームでのタグ登録を推奨。


曖昧さ回避編集

もしかして編集


その他の意味編集

  1. イラストなどにおけるキラキラとした光沢をもった加工・技法などの俗称。パール塗装やラメ塗装といったメタリックな光沢をもった塗装やホログラム加工などを指す。「キラカード」など。
  2. 雲母の別名。絵画では粉末(キラ粉)を上記のパール塗装に用いる事がある。キララとも。


人名系編集

  1. ロシア巻、英米圏の女性名。
  2. ロシア語圏の人の名前キル(Кир)の女性形で、愛人、ディレクターを意味する。
  3. ヤダモン』に登場する敵キャラ。本稿参照。
  4. 機動戦士ガンダムSEED』の主人公⇒キラ・ヤマト
  5. DEATHNOTE』に出てくる新世界の神の通称。
  6. アルカナハート』の登場人物。⇒大道寺きら
  7. ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』の登場人物。⇒剣王キラ
  8. ドラゴンクエストⅧ』に登場するメイド⇒キラ(DQ8)
  9. 双恋』と『フタコイオルタナティブ』のヒロイン。⇒桜月キラ
  10. 斑鳩』に登場する武将仏鉄塊鶚を操る鬼羅
  11. 恋とプロデューサー』の登場人物。⇒周棋洛

ヤダモン』に登場するキラ編集

声優は皆口裕子


嘗てはヤダモンの母に当たる魔女の森の女王と共に聖なる魔女のベリアルの元で、魔法を学んでいたが、魔法を覚える度に次第に破壊の限りを尽くす闇の魔女になってしまった。

ベリアルと女王は二度と災いを起こさないように、最初はベリアルが海底火山の溶岩でキラの体を溶かして、続いて女王は心だけになったキラを何もない無の異空間に封じ込める。

ところがその異空間で卵となって、数年後に異空間からガラパゴスに脱出して、ジャンの祖父のウィリアムに発見されて、クリーチャーアイランドの研究所に保管される。

終盤ではヤダモンに発見されて、彼女を唆して復活を目論み(それが元でヤダモンはタイモンに辛く当たるようになってしまう)、遂にはヤダモンの姿で復活を果たす。

栗色の髪の毛。魔法を使う時、スズメガ系の形になる。

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7424112

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました