ピクシブ百科事典

松田桃太

まつだとうた

松田桃太とは、『DEATHNOTE』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:内藤玲

プロフィール

生年月日1978年(アニメ版では1981年12月14日
血液型B型
好きな物流行物
嫌いな物地道な努力


概要

第一部

24–25歳 身長174cm 体重59kg
日本捜査本部の刑事。
刑事であるがとても頼りなく、警察には「コネ」で入ったとさりげなく失言するなど基本的に惚けた性格をしているが、正義感は強い。夜神総一郎の事を慕っている。本編開始前に、総一郎に連れられて夜神家に来たことがあるらしく、その時に月に出会っている。月も、おぼろげながら、その事を覚えていた。

多少ミーハーなところがあり、海砂のマネージャー兼監視役を嬉々として務めた。後先考えずにその場の勢いで行動する場合が多々ある。総一郎を慕っているためか、その息子の月にも好意的であり、Lよりも月のほうを信頼していると思われる言動が目立つ。ヨツバ編では命がけの活躍をする。

捜査本部内での偽名は松井太郎で、偽名は以前タレントとして活躍していてその芸名を使用しているという設定になっている(映画版では高田を確保する作戦で松尾陽介という偽名で現れている)。松井太郎としての本名は山下太一郎。

第二部

30–32歳(特別編では34歳)
日本捜査本部のメンバー。

第二部では夜神総一郎の死によって感傷的になる一面もあったが、現在は本来の彼らしく楽観的に他のメンバーと共に捜査を続けている。決して悪に屈さない、非常に強い正義感の持ち主の夜神総一郎に憧れ、尊敬している。そして総一郎の息子の月も、優れた頭脳の持ち主として尊敬する。月の妹である粧裕に対して女性として好意を持っている。

ミーハーな面は相変わらずでミサや高田清美に対して興味を持つ。キラを捕まえるという意思を持ちつつも、他の捜査本部メンバーと違い、キラの思想に多少共感しているような台詞を語ることがある。本編ではあまり強調されていないが、時折り見せる射撃の腕前はかなりのもの(実写映画版でも『the Last name』で披露する)。更には物語のクライマックスでは月に関して重要な意味合いをなしてくる(実際月が腕時計に仕込んだデスノートを使用した時、器用にペンを銃撃し叩き落とすほど)。

関連タグ

松田 DEATHNOTE デスノート

関連記事

親記事

DEATHNOTE ですのーと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「松田桃太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135009

コメント