ピクシブ百科事典

相沢周市

あいざわしゅういち

少年ジャンプ作品「DEATHNOTE 」の登場人物

声 - 藤原啓治(アニメ版)/演 - 奥田達士(実写映画版)

〈プロフィール〉
1969年(アニメ版では1972年)5月11日生 血液型 B型 
身長183cm(頭髪含む・第一部のみ) 体重70kg 

警察庁の刑事で日本捜査本部のメンバー。
白スーツを愛用している。
既婚者で、家族に妻・恵利子と娘・由美と、もう1人の子供がいる。

捜査本部の中では考察力は高く、
正義感とキラ逮捕への執念は強い。

容疑者への監視カメラや監禁等の
常識から外れた捜査を行うLとは度々反発する。

〈第一部〉
年齢・34–35歳)
特徴的なアフロヘアーをしている。
捜査本部内での偽名は相原。

警察庁内の他の刑事達ががキラを恐れ、次々と辞めてしまう中でも、
捜査本部に残り、竜崎ことLとの捜査に参加する。

警察での交友関係は広く、鑑識に顔がきく、
警察庁高官の北村次長の携帯番号を知っている等、
それを生かして捜査本部に貢献する。

また刑事同士でも交友があり、伊出とは同期で親友、
宇生田とも親交があり、彼が死んだ時には動揺し、後述の警察を辞めなければ捜査は続けられない状況でも仇が取れない事を悔やんでいた。

ヨツバ事件ではキラ寄りの政治家達の圧力により、
警察の捜査が事実上打ち切りになり(世間に向ける為の形だけの捜査本部は置いてある)、
捜査を続けるなら警察を辞めなければならない事態になり、家庭の生計を立てる為に迷ったが、
Lが失業した捜査員に一生困らないだけの経済的支援を行うことを隠して
総一郎・松田・模木の3人と同様に辞職してまで捜査に参加するのかどうか確かめていたことを知り、
憤然として捜査本部を離脱する。
(辞める前に「俺は竜崎が嫌いだ!竜崎のやり方、全てがな!!」とこれまでの不満をぶつけたが、
Lに「それが当然です。私は相沢さんみたいな人は好きですけどね。」と返され、思わぬ告白に躊躇しながらも、半ば意地のような形で離脱している。)

その後は形ばかりの警察庁下の捜査本部長に就任。
ただ日々を無為に過ごすだけと思われたが、伊出の誘いで警察庁内でのキラ逮捕を目指す集まりに参加。

Lがヨツバキラを特定した時は伊出と
共に救援に駆け付け、確保に協力する。

ヨツバ事件解決後は捜査本部に復帰。
回収したデスノートを鑑識に回し、
地球上にはない物質が出たとの報告を受ける。


〈第二部〉
年齢・40–42歳(特別編では44歳) 
五年前と同じく、日本捜査本部のメンバー。
長年のキラ捜査もあいまって、不精髭が特徴的となっており、当初は第一部から引き続きアフロヘアーだったが、変装のために短髪にする(アニメ版では散髪の際に、名残惜しむような顔をしている)。

捜査本部のメンバーの中で、第一部とは容姿が最も変わった人物。
また歳をとったせいか、以前よりも落ち着きが見られる等、内面にも変化が見られる。

二部では世論がキラ支持へと傾き、松田も共感の考えを見せる中でも、
「それはノートによる死の恐怖からだ。そんなものは本当の平和じゃない。」と自分の考えを貫いている。

マフィアによりデスノートが奪われ、取り返す為のアジトへの突入では、
メロの策略(アジトに仕掛けた爆弾での道連れ)で捜査本部全員が武装解除に追い込まれるが、
密かに拳銃[ニューナンブM60]を隠し持っており、それを用いて、夜神次長への救援に駆け付けている。

マフィア壊滅後はニアに触発され、独断でSPK・ニアと接触。捜査本部が持っている情報を渡す。
夜神月の行動の不可解さから、月=キラの疑念を懐くようになるが、やがてその疑念は確信へと変わっていく。


〈余談〉
何気にL、ニアと捜査側の主人公との絡みが多い。

また、アニメの第二部では家族と接するシーンがある。 

関連タグ

DEATHNOTE

pixivに投稿された作品 pixivで「相沢周市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3197

コメント