ピクシブ百科事典

相沢周市

あいざわしゅういち

少年ジャンプ作品「DEATHNOTE 」の登場人物

声 - 藤原啓治/演 - 奥田達士


1969年(アニメ版では1972年)5月11日生 血液型 B型

第一部
34–35歳) 身長183cm 体重70kg
日本捜査本部の刑事。
夜神総一郎が一時警察を辞めたとき、形ばかりではあったものの警察庁下の捜査本部長に就いた。Lである竜崎のやり方に多少の不満と猜疑を抱いている。ヨツバ事件ではキラ寄りの政治家達の圧力による警察の捜査打ち切りが原因で家庭の生計を立てるためだったが、Lが失業した捜査員に一生困らないだけの経済的支援を行うことを隠して総一郎・松田・模木の3人と同様に辞職してまで捜査に参加するのかどうか確かめていたことを知り、憤然として捜査本部を離脱する。その後も正義感とキラ逮捕への執念は強く、独自にキラを追い、事件解決後は捜査本部に復帰。特徴的なアフロヘアーをしている。捜査本部内での偽名は相原。
家族に妻・恵利子と娘・由美と、もう1人の子供がいる。


第二部
40–42歳(特別編では44歳)
日本捜査本部のメンバー。
長年のキラ捜査もあいまって、不精髭が特徴的となっており、当初は第一部から引き続きアフロヘアーだったが、変装のために短髪にする(アニメ版では散髪の際に、名残惜しむような顔をしている)。捜査本部のメンバーの中で、第一部とは容姿が最も変わった人物。ニアに触発され、独断でSPK・ニアと接触。夜神月の行動の不可解さから、月=キラの疑念を懐くようになるが、やがてその疑念は確信へと変わっていく。アニメでは、家族と接するシーンがある。

関連タグ

DEATHNOTE

pixivに投稿された作品 pixivで「相沢周市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2965

コメント