ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

3分間待ってやる

さんぷんかんまってやる

アニメ映画『天空の城ラピュタ』のクライマックスで、ムスカが口にした台詞。
目次 [非表示]

概要

スタジオジブリのアニメ映画『天空の城ラピュタ』のクライマックスで、ムスカに囚われたシータの元に駆けつけ「シータと2人きりで話がしたい」と要求したパズーに対し、ムスカが言った言葉。


実際に時間を計ってみると3分間どころか1分も待っていない(約50秒ほど)。

そのためかしばしばネタにされる。


途中の描写を省略しただけで劇中では3分間経過していたのか、そもそも最初から3分も与える気がなかったのかは定かではない(まぁムスカの人間性を考えれば後者の可能性が大だが。ムスカとしては後述のように弾込めの時間が欲しいために猶予を与えただけである)。

しかしいずれにせよ、パズーとシータが「自分達の命と引き換えにしてでもラピュタを葬らなくては」という悲壮な覚悟を決めるには十分な時間であった。


一部では「40秒で支度しな」と言われて本当に支度を終えたパズーに3分間も猶予を与えてしまったことがムスカの敗因ではないかとも言われている。



真相

ムスカはこの発言の後、エンフィールド・リボルバーのリロードを行っている。これについて、2001年に発売された絵コンテ集に注釈がある。


「このスキに装弾していますが 実はもう弾丸がなかったのです


そう、パズーが来た時点でムスカは弾を撃ち尽くしていたため、猶予を与えたように見せてリロードする時間を稼ぐのがこの発言の目的だったのである。


ただし、実際にこのシーンまでに撃たれた弾丸は5発であり、リボルバーの装弾数は6発。

「1発無駄やないかい」「いや安全性のために1発はカラなんだよ」などとちょっとした議論を巻き起こすことに(1発分撃つシーンを劇中で省略していた可能性があるが真相不明)。


関連タグ

天空の城ラピュタ ムスカ

カップラーメン・・・3分間待つの代名詞

関連記事

親記事

ムスカ むすか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 582738

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました