ピクシブ百科事典

エレメント

えれめんと

「元素」を示す言葉。特に古典元素的なものを示すことが多いとされる他、各種意味が存在する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 要素元素素子を示す英語Element」のカタカナ表現。他にも様々な意味で用いられ、固有名詞として利用した事例も多く存在。
  2. 四大元素、および創作における類似のもの。本稿で記述
  3. ファスナーの歯の部分。
  4. アンテナの導体部分。
  5. ホンダ自動車。→ホンダ・エレメント
  6. スケートボードブランド


概要

占術などにおいては主に四大元素)を意味し、創作においては主にそれに類似したいわゆる属性を成すものを意味している。
創作の場合は、五行などの東洋の古典元素や、なども取り入れられた、創作の世界毎に独自の設定が設けられている事が多い。

これらの考えは紀元前から存在しており、概念的には古い歴史を持っている。

複数ある属性はおのおのが独立しており、他のものがその役割を果たすことはまずない。
また、となるものが存在したり、互いにを描くように強いもの(相性的に優勢)とされることがあり、特にゲームにおいては重要な役割を担っている事が多い。

大雑把に言うと、「暑さには強いが寒さには弱い」「グーには負けるがパーには勝つ」といったものを再現させる要素であり、戦闘に彩りを持たせる事ができる。
特定の属性に弱い場合は、その属性が弱点であると表現され、特定の属性に強い場合は、その属性に対して耐性があると表現される。
多くの場合、属性はこういった弱点・耐性という形で影響を及ぼすが、それが全く存在せず、別の形で重要な要素となってる事もある。

それぞれに固有のシンボルイメージカラーが設けられている事も多く、「カラフルなもの」の例でもしばしば取り上げられやすい。
属性によって、イメージカラーや効果範囲、追加効果などに異なった傾向があり、個性が設けられている事も定番。
作品によって固有の呼び方がされてる事もあり、五行では「行」、『ポケットモンスター』では「タイプ」がこれに相当する。

使う魔法にのみ付与されているとは限らず、キャラクター自身が身体に帯びているとされる事もあり、後者の場合、攻防共に属性の影響を強く受けやすい傾向にある。
前者の場合、必ずしも属性どおりの耐性や能力指向を本人が持っているとは限らず、他の属性も平均的には扱えるというキャラクターも多い。言わばイメージカラーならぬ「イメージエレメント」という感じで用いられる事もしばしば。

ひと昔前の冒険系シナリオなどでは、「魔物に支配された属性別のダンジョンをクリアしていく」「属性別の精霊の力のこもったアイテムを集めて魔法を覚えていく」という展開が定番だったりする。
特にゲームの場合はこれらのプロセスを踏むことで、相性やそれぞれの属性への対処法を覚えてもらう事もできる。

一覧

記事が存在するもののみを記載。
※より細かい分類は、リンク先の子記事を参照。

四大元素系+α


派生


陰陽


五行


その他


別名・類義等

属性…近年同義化され始めた、キャラの特徴としてのまとめが存在。

Element エレメンツ/Elements エレメンタル
元素 原子 素粒子 要素 素子 部品 アルケー マナ タイプ

関連タグ

太極 太極図 陰陽 四神 五行 五大/五輪 八卦 九星 十干 十二支 干支
四大/四大元素 セフィロト/セフィロトの樹 タロット トランプ 錬金術 魔法陣 精霊
六曜 七曜 九曜 惑星 太陽系 天体 太陽と月 日月星 惑星記号
黄道十二星座 星座 星座記号
図形 数学 多角形 五芒星 六芒星 立体 多面体 次元 素数 文字 記号
 象徴 元型 季節  方角 じゃんけん 風林火山 風林火陰山雷
哲学 心理学 占術 宗教 古典 神話 魔法 ファンタジー
エレメントマン エレメントハンター エレメント6 エレメントドール エレメントスーツ

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エレメント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エレメント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75497

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました