ピクシブ百科事典

太極

たいきょく

中国の思想における万物の根源であり、ここから陰陽の二元が生ずるとする。もともとは「易経」に登場する言葉。
目次[非表示]

概要

易経における、万物の根源起源原点
元は八卦の生成を説明するために用いられた用語であるとされ、太極が両儀に分かれ、更に両儀が四象に、四象が八卦に分かれたという(詳細は「八卦」の項目を参照)。
後に、「無極」から生じるとされたり、無極と同一視(無極にして太極)されたりもした。

太極を表す記号「」は、太極図または陰陽魚という。
太極以外のさまざまな状態も記号化されており、太極の起点であるという「無極」は、その、何というか、白い(だけ)である。
太極自体もまた、ただの円で表現される事がある。

関連イラスト

対照的な2つの人物などを、太極図の形にあしらったイラストが多い。

追日填海
太極



関連タグ

陰陽 八卦 易経 
太極図 太極旗 太極拳
元気 太一 混沌  ビッグバン 光あれ
属性 エレメント

関連外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「太極」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77032

コメント