ピクシブ百科事典

すっぴん

すっぴん

「すっぴん」とは、化粧をしていない(ノーメイク)の状態の事。
目次[非表示]

概要

主に化粧をしていない(ノーメイク)の女性に対して使われる言葉であり、漢字で書くと「素っぴん
ちなみに近年は男性メイクしていたりするが、男性に対しては余り使われない。

転じて、ゲームなどでは何の能力も持っていない状態、という意味合いで使われる。

星のカービィ

何のコピー能力も持っていない状態。
第1作目ではコピー自体が存在しておらず、登場は次回作からとなる。
表記は"NORMAL"や「カービィ」など様々。
なお、SDX(と同リメイクのUSDX)ではこの状態のみヘルパーをコピー能力アイテムにするすっぴんビームが使える。

ファイナルファンタジー

5作目から登場するジョブ
以後、ジョブシステムの存在する作品に登場することがある。

FF5

クリスタルの欠片を入手するまでに就くジョブ。
装備の制限がない、アビリティが2個セットできるという能力があるが、
基本となる能力値が低く、実用に耐えうるとは言い難い。
但し、それは序盤の話であり、他のジョブをマスターすることで、そのジョブの能力と特性が引き継がれ、
最終的にあらゆるジョブの長所のみを活用できるようになる。
すっぴんのジョブマスターとは「他のジョブを全てマスターすること」にある。その為、全てのジョブをマスターの証であるジョブの姿の頭上に付く星マークがすっぴんにも付く。
DFFでのバッツの何でも装備できるという性能もこれが元となっている。

FF3DS

リメイクの際に追加された。
5と同様、他のジョブを手に入れるまで使うことになる。
装備できる武器が序盤で打ち止め(防具はそれなりにできる)
魔法が使えるが最下級のみ
能力値は最低クラス、
と非常に頼りなく、5と違って最強になるということもない。
ジョブチェンジが出来るようになり次第、さっさと職を変えた方が良いだろう。
なお、オリジナルの初期ジョブであるたまねぎ剣士は通信機能を利用して開放される隠しジョブとなっている。
高レベルまで能力値が低いのはそのままだが、隠しらしくゲームバランスをぶち壊す性能にされている。

光の4戦士

一人でもいれば全滅しても宝石が減らないという特徴がある。
が、能力値は残念なことになっており、全滅する予定がない限りは使用しないほうが良い。

ブレイブリーデフォルトブレイブリーセカンド

FFの流れを組んだ作品ゆえか存在する。パーティの初期ジョブはこれ。
アビリティを覚える事ができるのでこれまでのすっぴんよりは利用価値はあるのだが、やはりジョブとして使い続けるのは各自の好み。外観だけすっぴんにできる「すっぴんの服」というものがある。
コマンドアビリティにすっぴん技があり「ものまね」がある為、最終的には「ものまね師」に近いジョブになる。アビリティ「大器晩成」を覚えるとジョブをマスターした数だけパラメータに補正がかかり、能力がアップする。ちなみにアビリティである為、他のジョブと組み合わせるとその分対応したパラメータに補正される。実質的には5のものに近いといえる。


その他

ゲームの「何の能力も持っていない状態」から更に転じて、
職業に付いていない(無職)という意味にもされるようになった。

NHKラジオ第一の番組に、同名の番組がある

pixivに投稿された作品 pixivで「すっぴん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518345

コメント