2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ガウウウゥ…待ちくたびれちまったぜ英雄様よぉ、途中で雑魚にやられちまったんじゃねえかと思ってヒヤヒヤしたぜ。こんだけ焦らしてくれたんだ…あっという間に参りました、とかはナシだぜ?」

CV柿原徹也

概要

異名:凍月軍狼(いてつくぐんろう)

アインヘルヤル八闘士の一人で、型レプリロイド。モデルは北欧神話に登場する怪物フェンリル。正にラグナロク作戦の実行者に相応しいモデルだと言えよう。

妖精戦争が起きていた頃に生まれた軍用レプリロイドであり、サイバーエルフと中途半端な状態で融合している為、身体能力が強化されているものの起動直後に暴走してしまう。そして暴走状態が修正されないまま封印されており、恐らくはドクターバイルによって目覚めさせられた事で八闘士のメンバーに加わる。機動性能の高さが自慢だが、実はこの融合の不完全さが原因で電子頭脳が自分のスピードに追い付いていないらしい。
尚、自身に施されたコールドスリープ技術が応用されているノービル・マンドラゴプープラ・コカペトリには潜在的に苦手意識がある模様。また、コカペトリの事を「おっさん」呼ばわりしている。
作中では、未完成のサイバーエルフが保管されているコールドスリープ施設にて、次々とプアエルフと呼ばれる失敗作達を解放する任務に就いている。

氷属性持ちで、戦闘では狼特有の俊敏な動きに加えて巨大な斬撃を飛ばしたり、氷で作り出した分身で攻撃してくる。天候システムにおける変化は床で、相手が有利な天候では床が凍り付いて滑るようになり、こちらの制御が効きにくくなる。また、縦に長い斬撃を下と上の二連続で放つEX技を使ってくるようになる(これを反映したEXスキルが「光幻刃」である)。
スピーディに攻撃範囲の広い技でザクザク斬り込んでくる様は「ロックマンシリーズの氷属性ボスは弱い」というジンクスを見事にブチ破っており、本作の八大ボス中でも屈指の強敵と名高い。Google先生にも「フェンリー・ルナエッジ」と入力すると、検索予測候補に「強い」の二文字が並ぶ程で、「氷属性だから弱いんだろコイツ」と高を括った初見プレイヤーを大勢ティウンせしめたアツいである。氷だけど。
「スピードタイプのイケメンキャラ」と書くと強いのも納得である。
そういや大昔にも「氷属性の狼」がいたのに向こうは弱かったっけな……。
なお、初見殺しではあるがタネが割れても純粋に素早く範囲の広い攻撃は対処が難しい。さらに中央にいると見てからの回避がほぼ不可能なほど発生が速いダッシュ斬りとジャンプによる二択を迫ってきたり、前述の通り天候次第では床が凍ってゼロの制御が難しくなるため、慣れた後でもなかなか手強いボスである。

ロックマンゼクスでは、ゼロ4のカセットを連動させる事で追加ボスとして登場する。
モデルFXやモデルOXのO.I.Sで容易に炎属性攻撃を放てる点や氷床でも滑らないモデルLXが登場している為、やや難易度は下がっている。

余談

名前の由来はフェンリルorヘンリー(欧州の男性名)+ルナ(月の女神)+エッジ(刃)。
異名の由来は『凍てつく群狼』の捩りであろう。"月"が採用されたのは狼が月と結びつけられるから、"軍狼"が採用されたのは軍用レプリロイドだった過去を反映したからだろうか(フェンリルにも軍神テュールとの因縁がある)。

生まれは妖精戦争の頃なので他の7ボスとは違って厳密には『ミュートスレプリロイド』ではないと思われる。
マグマード・ドラグーンスパイラル・ペガシオンブレイズ・ヒートニックスといった単なる幻獣型レプリロイドに区分するのが適切といったところであろうか。

演ずる柿原氏はこれ以前に『リマスタートラック ロックマンゼロ・テロス』収録のボイスドラマにて賢将ハルピュイアの側近を演じた。

関連タグ

ロックマンゼロロックマンゼロ4
アインヘルヤル八闘士
ロックマン
暁シドウ:流星のロックマン3の登場人物。同声優が担当。

「やるじゃねぇか…ッッ!!」

関連記事

親記事

アインヘルヤル八闘士 あいんへるやるはちとうし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フェンリー・ルナエッジ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フェンリー・ルナエッジ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30673

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました