ピクシブ百科事典

洗脳されたケン

せんのうされたけん

洗脳されたケン(Violent Ken)とは、『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』に登場した、ケンが洗脳されて理性を失った姿。
目次[非表示]

「リ、リュウ・・・ 俺、俺は・・・ うう、うぁぁぁああっ!!」

概要

SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』に登場するキャラクター。
ケンとは別のキャラとして、中ボス兼隠しキャラクターとして登場。

ケンベガのサイコパワーにより洗脳・強化され、理性を失った姿。
カラーリングが全体的に暗く、炎が紫色になっている。

「神武滅殺」の最後に放つ「昇龍拳」にKOFシリーズのオロチ一族が見せるような髑髏の浮かぶ気を放っていることから、オロチの力を持っているようにも見えるが、同作に登場するオロチ一族であるゲーニッツは洗脳ケンに対し特別な反応はしていないため、オロチとは無関係のようである。
一方でシャドルー四天王のバルログはサイコパワーに言及しており、ベガによりサイコパワーを注入されているのがわかる。エンディングでは洗脳から解放された模様。

他の作品での洗脳されたケン

ケンが洗脳される話の初出は神崎将臣の漫画『ストリートファイターII -RYU』。この作品ではシャドルー製の麻薬「DOLL」により洗脳され、バイソンに代わりシャドルー四天王の一員となっている。

劇場版アニメ『ストリートファイターII MOVIE』にも登場。リュウに置いていかれることへの焦りをベガにつけ込まれ、サイコパワーによって洗脳されてしまう。しかし洗脳が不完全だったため、リュウとの戦闘中、自身がリュウに巻いた鉢巻を見たことで自我を取り戻している。

『ストリートファイターZERO3』では、リュウでプレイしたときにステージ9の相手としてベガに洗脳された状態のケンと戦うことになる。ただし、性能や勝利メッセージ等は普通のケンと変わりなく、ベガとの戦闘前の掛け合いメッセージで洗脳されたことが判明する。

namco×CAPCOM』で犯罪超人ドッペル(『キャプテンコマンドー』の敵キャラ。変身能力を持つ)が変身したケンが現れた時は、春麗「まさか・・・『また』操られているの!?」と真っ先に洗脳の可能性を疑っていた。

2015年発売の『プロジェクトクロスゾーン2』にも登場。やはりベガのサイコパワーによって洗脳されている。〈第2弾PVにてリュウに対して技をかけているのが確認できる〉。

2017年発売予定の『ウルトラストリートファイターII』では『殺意の波動に目覚めたリュウ』と共に登場する模様。双方共にスト2シリーズには初の登場となる。

余談

必ずしもケンばかりが洗脳されているわけではなく、リュウもベガによって洗脳されるケースもある。TVアニメ『ストリートファイターIIV』ではリュウがベガによりサイバーチップを埋め込まれて洗脳されており、『ストリートファイターZERO3』のサガットもしくは春日野さくらのステージ9の会話イベントではサイコパワーによってリュウが洗脳されているシーンもある。

関連タグ

ストリートファイター ケン・マスターズ 洗脳

pixivに投稿された作品 pixivで「洗脳されたケン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5677

コメント