ピクシブ百科事典

ルイン〜神の遺産〜

るいんかみのいさん

PCエンジン用アクションロールプレイングゲーム(ARPG)。
目次[非表示]

時に 神と人の血を受けし者 石の力得て獣に立ち向かわん すなわち 勇者なり

概要

1993年11月19日にビクター音楽産業(ビクター・エンタテイメント株式会社)から発売されたアクションロールプレイングゲーム(ARPG)。

プレイヤーが操作できるのは主人公だけで、仲間はAIで移動や戦闘をする。


ストーリー

ジャンはデミサントに住む少年。屋根裏の掃除をしていたジャンとオルテナは世界地図を見つける。アルテナはそれを宝の地図だと断言して、ジャンを連れて宝探しに出かける。だがその帰りで、魔物に襲撃されたコーデリア城を目の当たりにする。城は壊滅状態で、オルテナの父である大神官ゼモーも瀕死の状態だった。ゼモーはジャンとオルテナに予言のことを話して『せめてデミサントの町の人々を守れ』と言い残して亡くなった。

やがて、ジャンは神と魔物の戦いに巻き込まれることになる…。


予言 第1節
神々の目覚め欲するも
ついにあらず獣ら王を得て
智を得世を被うが故なり
諸人神との約違えずも成らず
ついに神の世を終えんとす

予言 第2節
時に神と人の血を受けし者
石の力得て獣の王に立ち向かわん
すなわち勇者なり

予言 第3節
勇者神の雷似て獣を打ち払わん
神永の眠りに墜つも世の震わし
新の地を約すものなり




登場人物


ジャン
主人公。デミサントに住む少年。オルテナに引きずられる形で宝探しの冒険に出かけて、やがて世界を巡る戦いに巻き込まれていく。魔法はろくに使えないが、それは父譲りの体質のせいで神の血を引く証拠だった。

オルテナ
大神官ゼモーの娘。ジャンの幼なじみ。むちむちした筋肉質のスレンダーな少女。勝気な性格で思い込みも激しい。古びた地図を宝の地図と勘違いして、ジャンを冒険に誘った。ジャンに密かに想いを寄せている。シャロルがジャンに好意を抱いているのに気づいていて、シャロルが同行しようとする場面でことあるごとに反対していた。

シュバルツ
旅の剣士。精悍な青年。魔物に襲撃されたデミサントに駆けつけて、魔物と戦って生き残ったところを、帰ってきたジャンと出会った。ジャンを守ってくれるようにスーリアに頼まれていて、ジャンやオルテナと旅立つ。民衆からは勇者と呼ばれていて、本人はそのことに困惑している。

シャロル
コーデリア王家の王女。おっとりしていて淑やかな性格。助けてくれたジャンを『ジャン様』と呼んで慕う。宝物庫に贈り物を用意させるなど、気前がよいお姫様。

ガリクソン
シャロル姫の騎士。老齢だが逞しく、今なお現役で戦っている。シャロルからは『じいや』と呼ばれている。シャロルのお願いには弱い。

スーリア
ジャンの母親。ジャンの父親やペンダントについて話す。

ゼモー
大神官。オルテナの父親。コーデリア城に魔物が襲来したときに死亡。

ガゼル
魔将軍。

カル
ジャンのペンダントをくすねた少年。母親を助けたいがために、盗んだものをお金に換えていた。

ドクラン
ゴリアテ随一の名船長。


関連タグ

レトロゲーム マイナーゲーム

関連記事

親記事

PCエンジン ぴーしーえんじん

兄弟記事

コメント