ピクシブ百科事典

ウォーキング・デッド

うぉーきんぐでっど

『ウォーキング・デッド』(The Walking Dead)は、アメリカ合衆国のポスト・アポカリプスホラーテレビドラマである。フランク・ダラボンが企画し、ロバート・カークマン、トニー・ムーア、チャーリー・アドラードによるグラフィックノベル・シリーズ『ザ・ウォーキング・デッド(英語版)』を原作としている。
目次[非表示]

あらすじ

『ウォーキング・デッド』は、ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてアンデッドの集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。

第1シーズンは主にアトランタ都市圏を舞台とするが、第2シーズンから第4シーズンは、ウォーカーから逃れてジョージア州北部地方に舞台を移す。ウォーカーはあらゆる生き物をむさぼり食い、噛みつかれると人間は感染する。ウォーカーの群れ、事故、そして生存者による略奪など、敵意に満ちた世界で日々直面する試練にもめげず、グループが人間性を保とうと奮闘するジレンマが主に描かれる。

グループは、ゾンビが大発生する前はジョージア州の小さな町の保安官代理をしていたリック・グライムズが率いる。グループは、社会が崩壊した世界で、ウォーカーの恐怖、グループ内の力関係の変化、そして自らの生存だけを考える数少ない生き残りの人間たちに直面する。

主な登場人物


リック・グライムズアンドリュー・リンカーン主人公。ジョージア州在住の保安官代理。保安官代理であるため、銃器の扱いに長けている。
ローリ・グライムズサラ・ウェイン・キャリーズリックの妻。怪異発生の混乱時にシェーンに「リックは死亡した」と報告され絶望し、自分とカールを守ってくれたシェーンと共に過ごすうちに深い関係となる。
カール・グライムズ チャンドラー・リッグスリックとローリの息子。父親であるリックに憧れており、彼が死んだと聞かされた時は物凄く落ち込んでいた。その際、父親代わりであったシェーンのことは、リック復帰後も代わらず信頼を置いている。
ジュディス・グライムズ不明リックとローリの娘。帝王切開により生まれる。最初はダリルによって「じゃじゃ馬娘」と呼ばれていたが、後にカールが数ある候補から「ジュディス」と名付けた。
シェーン・ウォルシュ ジョン・バーンサルリックの元同僚の保安官代理で親友。グループ内ではリックと並んで銃器の扱いに長け、シューティング・インストラクターの資格を持つ事から他のメンバーへ銃の指導を行う他、戦闘では常に中心的な存在。
グレン スティーヴン・ユァン韓国系アメリカ人の青年。ウォーカー出現前はピザの配達人および窃盗犯だったため、アトランタの市街地についてはメンバーの中で一番詳しい。
メルル・ディクソン マイケル・ルーカーダリルの兄。極端な人種差別思想をもつ反社会的人格で、何度も服役している。
ダリル・ディクソンノーマン・リーダスメルルの弟で兄同様タフガイだが、短気で暴力的。お人好しで、仲間を気遣う一面もある。戦闘能力は高く、武器はクロスボウを愛用している。ファンや原作者に人気が高く、ゲーム版『The Walking Dead:Survival Instinct』では主人公を務めている
アンドレア ローリー・ホールデンエイミーの姉。弁護士。元々、妹のエイミーとは疎遠であり、関係性を修復するために二人で旅行に出かけていた際にウォーカー出現に遭遇した模様である。 
デール・ホーヴァス ジェフリー・デマングループ最年長の老人。グループ内の良きアドバイザー。どんな危機的な状況でも人間性を失わず、人の道を外れてしまいそうなメンバーを説得する。
Tドッグ アイアン・シングルトン巨漢で強面の黒人。外見にそぐわず好人物であり、異変が起きた際には近所の老人の家を全て見回り、避難に手を貸す。仲間の中では比較的目立たない存在だが、常に周囲に気を配り、いざという時に仲間を助ける頼れる存在。
キャロル メリッサ・マクブライドソフィアの母。敬虔なキリスト教徒。夫の暴力を受けていた過去を持つ気弱な女性。夫の死後、徐々にメンバーにも自己主張するようなる。最後までソフィアの捜索を諦めなかったダリルに対して、信頼を寄せ始める。
ソフィアマディソン・リンツキャロルの娘。序盤でウォーカーに襲われ林の中に逃げ込み、行方不明となる。
ハーシェル スコット・ウィルソンシーズン2から登場。アトランタから逃れてきたリックたちをかくまうことになる農場のオーナー。獣医師でもあり、その医学的な知識を元に仲間の怪我や病気の治療にあたる。温和な性格で仲間から頼られている。
ベスエミリー・キニーシーズン2から登場。ハーシェルの次女。マギーとは異母姉妹。以前とは違い、戦闘にも積極的に参加するようになる。また、年齢の近いカールとは互いに意識し合うようになる。率先してジュディスの面倒をみている。
ミショーン ダナイ・グリラシーズン2の最終話から登場。武器は日本刀。ウォーカーに追われ、森に逃げ込んだアンドレアを助けた謎の剣士。鎖に繋がれた両腕と顎の無いウォーカーを連れてウォーカー除けとしながら行動している
ガバナー(総督) デヴィッド・モリッシーシーズン3から登場。ウォーカーたちから隔離された“安全な土地”、ウッドベリーの絶対的統治者。名前はフィリップ。表面上は理知的で温和なリーダーを装っているが、その実、自身が作り上げたコミュニティを維持するためには、他集団を騙し討ちし皆殺して物資を奪うなどの非常に冷酷な手段も厭わない残酷な性格の持ち主である。




ウォーカー ※シーズン2,3ネタバレ注意



作中における生ける屍、いわゆるゾンビの呼称。なんらかのウイルスに感染した者の成れの果て。「ウォーカー」は正式な名称ではなく、主にリックたちのグループにおける呼称である。そのため、「ゾンビ」や「感染者」と呼ぶ人々も存在する。
どの個体も基本的には活動は遅いが、肉体の欠損が少ない個体は生者の早歩きから小走り程度の早さで活動できる。また、銃で何発も撃たれたり、下半身を失った状態でも活動を続ける。活動を止める有効な方法は、脳幹にダメージを与えることのみである。
ガラスを破る際に石を用いるシーンが存在するが、知能を有するわけではなく、あくまでも原始的かつ本能的な行動の一環である。CDCの研究者ジェンナーの説明によれば、脳幹のみが活動しており、前頭葉などの人間らしさを司る器官は停止しているとのこと。ジェンナーの研究した範囲では、生者は死後に最短で3分、最長で8時間経過するとウォーカーへの変貌を遂げる
聴覚や視覚は程度が不明ながら有していることが窺え、銃声やアラームのような大きな物音や音声に反応して進行方向を変えたり、生者の姿を見つめながら襲いかかる。食性については人肉だけでなく、シカやウシなどの動物の生肉も欲する。基本的に生者を襲うのは食欲によるものであり、ウォーカーにとっての食物とは感染していない生肉であることが示唆されている。それゆえに共食いは起こらず、餌となる生き物がいなくなると、ふらふらと歩きまわる程度の行動しか行わない。
感染者の見極めは主に嗅覚に頼っていることが窺え、リックとグレンはウォーカーの血と臓物を全身に塗りたくり動きを真似することで群れへ紛れ、図らずも臓物を浴びたミショーンはウォーカーの群れに素通りされたために習性に気付き、刑務所へ辿り着く。群れに囲まれた際、倒したウォーカーの下に隠れることでまだ視認されていないウォーカーをやり過ごしたり、壁に塗ったわずかだが新鮮な血に反応するウォーカーを誘導してナイフで倒す描写などがあるため、視覚よりも聴覚、聴覚よりも嗅覚(死臭との嗅ぎ分け)に頼る部分が大きいものと推測される。
顎を切除すると食欲を失い、長期間食物を摂取しないと飢餓により緩やかに衰弱していくことが作中で言及されている。そのため、殺傷の主な原因である腕と顎を切断することでほぼ無害化することが可能で、ミショーンは上記の特性と合わせることで「ウォーカー除け」として使用していた。
シーズン2終盤において、ごく普通の人物が刺殺されてから数分後にウォーカーとして蘇るため、ウォーカーに噛まれることによってウイルスに感染するわけではなく、生存者たちにもあらかじめウイルスが潜伏しており、噛まれていなくても死後に発症することが判明する。いつ感染したのか、空気感染なのか、全人類が感染しているのか、脳幹が無事な状態で死亡すると必ず発症するのかなどについては、シーズン3終了時点でも不明。

ゾンビオーディション


シーズン3へウォーカーとしての出演権を懸けたオーディションがロサンゼルスで開催され、日本人の神林あかねが優勝し、シーズン3で登場した。

※wikipediaから引用

ウォーキング・デッド_wikipedia記事最終更新 2014年1月12日 (日) 12:27

関連タグ

TWD The_Walking_Dead ゾンビ 海外ドラマ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーキング・デッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276153

コメント