ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

著:三枝零一、イラスト:純珪一によるライトノベル。

第7回電撃ゲーム小説大賞〈銀賞〉受賞作品。

既刊19巻。


2014年12月の第17巻(「IX 破滅の星〈上〉」)を最後に長らく刊行がなかったが、約8年経って2023年4月・5月と続けて最新エピソード「破滅の星」の中巻と下巻が刊行された。最終巻となるXも同年秋に刊行が予定されており、2001年のI(無印)から数えて実に22年越しの完結を迎えようとしている。


通称は「ウィザブレ」または「WB」。タイトルには「・(中黒)」があるのでタグには注意。

作者の筆が遅く、巻と巻の間が非常に空くので、イラストレーターの画力向上によりイラストが前巻と比べて大きく変化している。



ストーリー

情報制御理論の発達によるI-ブレインの開発によって、《魔法》を扱える能力者《魔法士》が出現した世界。

だが、ある時、大気制御衛星の暴走事故によって世界が永遠の冬に閉ざされてしまう。閉ざされた世界で大戦が繰り広げられ、アフリカ大陸消滅の末に世界に残ったのは《マザーシステム》を採用したドーム型の積層都市《シティ》が七つと僅かばかりのプラントに寄り添った集落だけとなった。

そんな世界で《魔法士》達が世界と向き合い、それぞれの守りたいものの違いによって時にはぶつかり合い、語り合い、行き着く果ては……。


主な登場人物

天樹錬

フィア

黒沢祐一

ヴァーミリオン・CD・ヘイズ

李芳美/ファンメイ

雷小龍/シャオロン

飛露蝶/ルーティ

デュアルNo.33

セレスティ・E・クライン/セラ

クレアヴォイアンスNo.7/クレア

エドワード・ザイン

サクラ

アリス・リステル

ソフィー・ガーランド


既刊一覧

巻号副題表紙裏表紙刊行年月日備考
I(※)(なし)錬、フィア紅蓮2001年2月10日便宜上Iとされるが、当初読み切りとして刊行されたためこの巻のみ巻号・副題がない。
II楽園の子供たちファンメイ、シャオロンファンメイへのプレゼント(指輪)2002年1月10日
III光使いの詩ディー、セラD32002年10月10日
IV<上>世界樹の街錬、フィア、エド世界樹の種2003年12月10日
IV<下>(同上)ヘイズ、ファンメイ、リチャード(同上)2004年1月10日
V<上>賢人の庭サクラサクラのナイフ2005年5月10日
V<下>(同上)イルロザリオ2005年9月10日
VI<上>再会の天地錬、サクラ墓石2006年12月10日
VI<中>(同上)ディー、セラ、クレアティーセット2007年4月10日
VI<下>(同上)真昼、月夜、ヘイズ、イルアニルのメガネ2007年10月10日
VII<上>天の回廊ファンメイ、エド小龍(翼の生えた猫形態)2008年10月10日
VII<中>(同上)祐一、ヘイズ、クレア写真と日記ディスク2009年2月10日
VII<下>(同上)アリスアリスとウィッテンの人形2009年6月10日
IVII<上>落日の都フィア、ファンメイ、セラ、サクラサクラへのプレゼント(箱)2010年5月10日
VIII<中>(同上)錬、ディー、エド、イルサクラへのプレゼント(箱入り指輪)2011年2月10日
VIII<下>(同上)サクラサクラへのプレゼント(指輪)2014年2月8日表紙にはサクラの背後にシルエットの人物が描かれており、おそらく真昼と思われる。
IX<上>破滅の星セラD3(生成中)2014年12月10日
IX<中>(同上)フィア紅蓮(半壊)2023年4月7日
IX<下>(同上)ファンメイ紅蓮改2023年5月10日

関連イラスト

二人の騎士蒼き光の御子落書きですworld end


関連タグ

電撃文庫

SF 近未来 ポストアポカリプス


外部リンク

電撃文庫公式ページ

作者Twitterアカウント

イラストレーターTwitterアカウント

イラストレーターPixivアカウント

関連記事

親記事

電撃文庫 でんげきぶんこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104308

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました