ピクシブ百科事典

ロビンソン・クルーソー

ろびんそんくるーそー

ダニエル・デフォー作の小説。

1719年に『The Life and Strange Surprizing Adventures of Robinson Crusoe, of York, Mariner:Who lived Eight and Twenty Years, all alone in an un‐inhabited Island on the Coast of America, near the Mouth of the Great River of Oroonoque;Having been cast on Shore by Shipwreck, wherein all the Men perished but himself. With An Account how he was at last as strangely deliver’d by Pyrates』というタイトルで出版された。この英題を日本語訳すると『自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に海賊船に助けられたヨーク出身の船乗りロビンソン・クルーソーの生涯と不思議で驚きに満ちた冒険についての記述』となり、世界一長い小説のタイトルでもある。あまりにも長過ぎたため、現第2版からはhe Life and Strange Surprising Adventures of Robinson Crusoe(訳:ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険)に改題されている。

初版タイトルから分かる通り、船乗りのロビンソン・クルーソーが航海中、自身以外全員の乗組員が死亡する難破に巻き込まれ、たまたま流れ着いたアメリカのオルーノク川の河口付近にある無人島で26年間を一人で過ごすこととなる。無人島暮らしも26年目になった時、たまたま近くを通りがかった海賊船にロビンソンは助けられた。という内容である。

読書感想文の題材がどうしても決まらない時は初版タイトルとその邦訳を使ってみるのも一考。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロビンソン・クルーソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34

コメント