ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『終わりの国のトワ』とは、マンガハックで連載中のSFファンタジー漫画。作者は土田完。

文明が滅びた後、女が消え、文字が機能を失いつつある世界で、女となり兄の子を産む使命を背負った少年の冒険を描く。

2018年10月12日に徳間書店・エコーズより単行本第1巻が発売された。6話以降はnoteで連載。


登場人物

トワ

女がいないはずの世界で母から産まれたと言い、司書にしか読めないはずの文字を読むことのできる少年。女となり兄の子を産むための術を探し、旅をしている。

セン

センの国の王。美しいものが好きで、「女」のように着飾ることから「虚飾の王」と呼ばれている。文字を読むことはできないが、図書をこよなく愛している。

ヒル=アンドン

センの国の図書・六角塔に暮らす司書。この世界で文字を読むことのできる数少ない人物のひとり。知識欲の塊。

ヒトトキ

センの国の門番。トワに一目惚れして追いかけ回している。

シュウシ

センの国の城付。センの昔からの忠臣。生真面目な性格で、ヒルとはあまり仲が良くない。

トオ

センの父親で、センの国の先王。図書を軽んじる傾向にあり、センとは不仲。

金砂

トワがセンの国へ至るまで旅路を共にしてきた背黒狼。

ソラ

トワの兄。トワがいずれ子を産むべき相手。


別名・表記ゆれ

終わトワ

外部リンク

マンガハックStore特設ページ
note マンガハック公式アカウント



関連タグ

徳間書店

この記事のカテゴリ

作品名 マンガ

pixivに投稿された作品 pixivで「終わりの国のトワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1754

コメント