ピクシブ百科事典

黄昏(アトリエ)

たそがれしりーず

ガストのゲーム『アトリエシリーズ』の用語・シリーズ区分。「黄昏シリーズ」とも。
目次[非表示]

概要

「黄昏」と呼ばれる原因不明の現象によって地力や水といった資源が枯渇し、緩やかに終焉を迎えようとする過酷な世界観を共有する作品群の通称。
過去に同様の現象にみまわれ錬金術を駆使して現状打破を試みたものの終焉を迎えた古代文明の遺産が各作品の重要な要素となっている。
世界観設定はシビアなものの、その世界に生きる人々はアトリエシリーズらしい呑気で前向きな者が多く、各作品内で描かれる物語自体は従来のアトリエシリーズ同様に悲壮感を強調する様な物にはなっていない。

キャラクターデザインは共通して左氏。

作品一覧


用語

錬金術

素材となるアイテムを混ぜ合わせ、全く異なるアイテムをつくる技術。
黄昏世界における錬金術は「新式錬金術」「古式錬金術」のふたつに分けられる。
「新式錬金術」は学問的に理論や公式を用いて体系化されたもので、学べば誰にでも扱えるもの。
「古式錬金術」は感覚的なもので、才能がないと使えない。
錬金術を使った結果として何ができるかという部分に関しては、古式も新式も明確な差はない。
また「魔法」も錬金術の一種として認識されているが、錬金術が学問として発展した技術であるのに対し、魔法はそれよりも少し原始的な力の使い方をし、両者は違うものといえる。

中央

黄昏世界における文明の中心地。新式錬金術の研究がなされている。
アーシャのアトリエの舞台「フィルツベルク」は中央のはるか東、
エスカ&ロジーのアトリエの舞台「コルセイト」は中央のはるか西、
シャリーのアトリエの舞台「ステラード」はフィルツベルクのはるか南に位置している。

スラグ

かつて錬金術によって生み出された非生物の使役可能な存在。
本来は人間を襲わないが、主人公達が探索で訪れるような特定の場所では,その場を防衛するために襲ってくることもある。

ホムンクルス

大きな耳と尻尾を持ち二足歩行する、身長100cmほどの生き物。
人の言葉を片言ながらも話すことができる。
コルセイトやステラードでは、アイテムを補充することで、報酬としてきらきらを得ている。

オートマタ

古代の錬金術で造られた機械人形
長い時代にわたって造られており、とくに錬金術の最盛期に最も高度な技術で作られたものは人間と同じように思考し行動する。

シリーズを通して登場するキャラクター

3作すべてに登場するキャラクター

いずれか2作に登場するキャラクター

関連イラスト

アーシャとエスカ
アトリエ


黄昏の錬金術師
黄昏のアトリエ



関連タグ

ガスト(メーカー) アトリエシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「黄昏(アトリエ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 473

コメント