ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ソフィーのアトリエ

そふぃーのあとりえ

『ソフィーのアトリエ』とは、コーエーテクモゲームス(ガスト)から発売されているゲーム「アトリエシリーズ」の一作。
目次 [非表示]

ゲーム概要

正式名称は「ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~」

プラットフォームはPS4/PS3/PS Vita。

当初は2015年9月25日発売予定であったが11月19日に延期、同日発売。

ガストがコーエーテクモゲームスに吸収合併されてから初めてリリースされるアトリエシリーズAナンバーである。


今作ではこれまでのアトリエシリーズと同様に、錬金術を用いる以外に

主人公ソフィーのパートナー、プラフタに錬金術で作成した材料を組み込む『ドールメイク』と呼ばれる新システムが追加されている。

また、今までの作品では行動・採集をすることにより日付が変わるシステムであったが、今作には時間の流れが存在し現実同様に朝や夜がある。


本作には、前々作であるエスカ&ロジーのアトリエから主人公の一人であるロジーとこれまでのアトリエシリーズでお馴染みのパメラがゲスト出演している。



物語(公式サイトより引用)

まばらに茂る木々のざわめき

朝日とともに鳥たちは歌い、光が街路の草花を照らす


そんな温かな雰囲気を持つ町のはずれ

木漏れ日が陰陽の絨毯を敷く1本の小道の先にひとりの少女が住んでいました


明るいけど、どこか抜けている、どこにでもいる普通の女の子

でも、たったひとつだけ、町の人たちが持たない特別な力がありました


いくつかの材料を合わせて、

まったく異なるものを作り出す不思議な力『錬金術』――


けれど、肝心の調合は失敗続き

錬金術について記した本も、習うべき師もいない少女の限界でした


そんなある日、少女は自らの意思で動き、言葉を発する不思議な本と出会います

錬金術の“知”そのものだと語る本と小さな錬金術士の出会いは

静かに、でも確実な、新たなる一歩となるのでした



登場人物

パーティーメンバー

 本作の主人公。祖母のような錬金術士を目指す少女。


 アトリエの本棚に仕舞われていた喋る謎の本。彼女の記憶を取り戻すのが本作の目的。


 ソフィーの親友の少女。文武両道なタイプ。


 ソフィーの親友の少年。ぽっちゃりしており運動は苦手。


 隣国アダレットからやってきた教会の騎士。丁寧で穏やかないい人。


 量販店を開く少女。ソフィーとはまた違う錬金術を使う。


 旅の仕立師。明るく元気で自信家の、嵐のような性格の女性。


 街の時計職人。時計よりも銃をいじる。素直じゃない人。


 元傭兵の人形師。各地を旅しながら人形劇を演じている男性。


サブ

  • マルグリット・ベールマー Margrit Behlmer (CV:重松花鳥)

 街で八百屋を営むオスカーの母親。姉御肌で誰にでも明るく接し、息子には厳しいながらも溺愛している。


 街で昼はカフェを夜は酒場を営む男性。


 カフェでウェイトレスをしている女性。ファンが多い。


 街で祖父から継いだ本屋を営む女性。本の虫。


 教会の修道女で年齢は不明。


 街で加治屋を営む青年。


 アトミナと共に錬金術を調べている少年。


 メクレットと共に錬金術を調べている少女。


  • ナザルス Nasars (CV:大川通)

 人の目を忍んで何かを研究している、ある苦しみを抱えていて、ソフィーに依頼をする。彼の苦しみとは一体…?


関連タグ

ガスト アトリエシリーズ

フィリスのアトリエ リディー&スールのアトリエ


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

アトリエシリーズ あとりえしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16571990

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました